漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 恋愛 」 一覧

【一会】『白暮のクロニクル 6』……異質達はすれ違い、物語は加速する

白暮のクロニクル(6) (ビッグコミックス)

 いわゆる吸血鬼的存在“オキナガ”と、それを管理する厚生労働省夜間衛生管理課(通称やえいかん)という構図を遠景に、夜衛管の新人・伏木あかり(ふせぎ・――)と、88歳の少年“オキナガ”雪村魁(ゆきむら・かい)のコンビがオキナガ絡みの事件を追っていく『白暮のクロニクル』。もう先々月になってしまいましたが6巻が刊行されました(8月末刊行)ので、触れておきたいと思います。
 本作のメインストーリーであり、主人公2人との因縁もある12年ごとの殺人鬼「羊殺し」の真相に段々と近づいているようにも思えますが、今巻ではどうでしょうか。殺人事件の発生から真相までが描かれ、これまでと同様1巻完結のエピソードに見えて、実はかなり大きく事態が動いたように思います。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

【一会】『月影ベイベ 6』……大人の強さ、大人の弱さ

 富山県八尾の伝統舞踊“おわら”を遠景に、“おわら”の踊り手である高校生の佐伯光(さえき・ひかる)と峰岸蛍子(みねぎし・ほたるこ)、光の伯父である佐伯円(――・まどか)の三角関係を中心とした人間模様を描く『月影べイベ』も、先月6巻の発刊となりました。実際の富山市八尾町での……

thumbnail

【一会】『東のくるめと隣のめぐる 2』……“隣”の意味を、もう一度

 8日のサイン会にて入手した、『東のくるめと隣のめぐる』第2巻。予想外の刊行の早さは嬉しい誤算でした。  ※サイン会については以下に記しています。  【探訪】『東のくるめと隣のめぐる』2巻発売記念サイン会…ついでに聖地探しも  東京都で唯一「平成の名水百選」に選……

thumbnail

第203夜 密やかに、たおやかに。純日本な戀の形…『藍より青し

「で でも あおいは かおるさまの側にいたい/ずっとずっと 側にいたい/…側にいたら/…ダメ?」「そんなのムリに決まってるよ/ずーっと側にいることなんて」「じゃあ あおいは かおるさまのこと ぜったいにわすれない/毎日毎日あおいの中で かおるさまのこと ずっと思ってる/だからあお……

thumbnail

【一会】『まるせい 3(完)』……それぞれの道、そしてStand by Meの結末は

 成年漫画(いわゆるエロ漫画)にかける作者の分身、花比野Q一朗(はなびの・キューいちろう)こと日比野龍一朗(ひびの・りゅういちろう)の、仕事関係の女性と深い仲になっても彼女はできない哀感と、一方で漫画執筆にかける熱い姿を描いたこの漫画。自分としては何となく、エロ漫画編集者……

thumbnail

【一会】『月影ベイベ 5』……“何てことのない”悲劇と、大人の素直さ

 北陸新幹線が開通し、「取材がだいぶ楽になりそう」との作者コメントが記された、富山県八尾を舞台とした伝統舞踊“おわら”の物語、その5巻が過日刊行となりました。  1巻以来語られてきた、佐伯光(さえき・ひかる)と峰岸蛍子(みねぎし・ほたるこ)、光の叔父である佐伯円(――・……

thumbnail

第201夜 槌音が背を押す、それぞれの決意…『誰がために鋼は鳴る

「ケンちゃんさんの打つ音は/とてもキレイです/私 あの音を聞くと/がんばれるって思えるんです」「  そっか……」 『誰がために鋼は鳴る』天乃タカ 作、エンターブレイン『Fellows!』掲載(2009年2月~2010年6月)  神戸の北西、山裾に広がる三木市は打刃……

thumbnail

第199夜 決意も、後悔も、伝えなくちゃいけない…『花もて語れ

「朗読にとって大事なのは聴き手の人数じゃない。/たとえ聴き手がたったひとりでも、それは読み手にとって大切な大切なお客さんだ。/舞台は、別に本物の舞台でなくたって構わない。/聴き手は友達だっていい。家族だっていい。/本当に聴いてほしかったら、舞台は他人に用意してもらうものじゃなく、……

thumbnail

【一会】『東のくるめと隣のめぐる 1』……装いではなく素の君で

 通っている高校で隣の席の“どクール才媛”塚原めぐる(つかはら・――)がちょっと気になってる永耕助(えい・こうすけ)。この先もずっと想いは秘めて、ただの“隣の席の人”だと思っていたけれど、家の引っ越しで彼女の隣家に住むことになって――という、ある意味ラブコメのテンプレ的な……

thumbnail

第197夜 孤独の夜を越えて、愛しい風よ吹け…『神風怪盗ジャンヌ

私は強い/だからひとりで大丈夫/だけど 「……っ」 だけどね/ほんとうは―――… 「ずっと“勇気がほしかった”…/逃げ出さずに朝を待つ勇気…/自分の心と向き合う勇気…/誰かを信じて頼れる勇気が/ほしかった…」 『神風怪盗ジャンヌ』種村有菜 作、集英社『りぼん』掲載(……

広告

広告