漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 地域 」 一覧

第165夜 かつてこの国が経験した、凄絶な季節に…『夏のあらし!

「それでも/夏の間だけでも/生きて再びこの世界に居られることを感謝したいわ/だから精一杯/楽しく生きるわ/命短し/恋せよ乙女/紅き唇/褪せぬ間に…ってね/生きてるあなたは/恋をしなよ!」


夏のあらし! 1 (ガンガンWINGコミックス)

『夏のあらし!』小林尽 作、スクウェア・エニックス『月刊ガンガンウイング』→『月刊ガンガンJOKER』掲載(2006年8月~2010年10月)

 八坂一(やさか・はじめ)は、チビで眼鏡ながら科学への愛と男気に溢れた中学1年生。実家がある広島の呉から、夏休みを利用して横浜の祖父の家に遊びに来た。炎天下を歩き疲れ、涼みに入った喫茶店「箱船(はこぶね)」で、古風な雰囲気とたおやかな黒髪をもった年上のウェイトレス、嵐山小夜子(あらしやま・さよこ)に一目惚れする。
 ふとしたトラブルで2人が触れ合った瞬間、電流のような衝撃が走り、「通じた」と叫んだあらしは一の手を引き外へと飛び出す。裏山を駆け抜けると、そこには60年前、大東亜戦争真っただ中の横浜が広がっていた。驚く一。あらしは、60年前の横浜大空襲で命を落とし、以来、毎年の夏だけを過ごしている幽霊で、特定の人物と「通じ」、手を繋ぐことで過去へと「飛ぶ」能力があるのだ。
 厄介ごとを嫌う「箱舟」のマスター(実は稀代の女詐欺師)はあらしをクビにしようとする。あらしを「箱船」に置いてもらうためマスターと勝負し敗れた一は、居合わせた中1の上賀茂潤(かみがも・じゅん)共々、「箱舟」のウェイターとして働くことに。その一方で、あらしが過去へ飛び、当時の人々を戦禍から救うのを手伝う決心をするのだった。
 そして、ほどなく波乱は訪れる。あらしと同じ女学校の生徒として空襲に遭い、幽霊となって現世に留まっているカヤ・バーグマン、伏見やよゐ(ふしみ・――)、山崎加奈子(やまざき・かなこ)。彼女らの登場により、過去と現在は交錯の度合いを強めていく。
 彼女たちがいちばん綺麗だったとき、全ての人を襲った酷烈さは、友情も恋心も家族への想いも、全ての希望を赤黒く塗りつぶした。
 その時と同じ夏の暑さを感じながらも、一も潤も、まだそのことを実感してはいなかった――。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

第164夜 10代は背伸びし、20代は首をすくめる…『たまりば

「なんでハルオもまたアイス買ってんの?/さっき食べたじゃん」「オトナは1日にアイス2本食べてもいいんだよ」「いいなぁ〜/オトナ……」「そうでもねーよ」 『たまりば』しおやてるこ 作、エンターブレイン『Fellows!』掲載(2008年10月~2012年2月)  「……

thumbnail

第159夜 ともあれ、二人、生きていくのだ…『娚(おとこ)の一生

「……私は……昔…」「もうええわ/君の過去のなんのは/つまらん/幸せの話をすると君は下を向くんや/過去には戻れへんのに/どうして目の前のぼくを見いひんのや?」 『娚の一生』西炯子 作、小学館『月刊フラワーズ』→『フラワーズ増刊 凛花』(スピンオフ)掲載(2008年7……

thumbnail

第157夜 芸術も友情も、無条件だからいい…『ぼくらのフンカ祭

「なあ…/オレ多分、一生忘れねーわ。/この光景。/ありがとな桜島。/オレをさそってくれて。」 『ぼくらのフンカ祭』真造圭伍 作、小学館『週刊ビッグコミックスピリッツ』掲載(2012年3月~同7月)  地元の東金松(かねまつ)高校に入学した富山剛士(とやま・たけし)……

thumbnail

第153夜 全ては、街の中で過ぎていく…『今日も渋谷のはじっこで

「わたしはちょっと東京に染まりすぎたのかな/戻れないんだよ/わたしはもう/きっと/地元の習慣は合わない/……/いいね/きみにはまだ/帰れるところがある/夏休みが終われば帰れるんでしょ/わたしには/終わりなんてないけど」 『今日も渋谷のはじっこで』平尾アウリ 作、祥伝……

thumbnail

【一会】『乙嫁語り 6』……戦う男と幕を引く婆

 もう発売から1週間が経ってしまったけど、読んだので。  以下、ストーリー説明(ネタバレのため反転)。  だんだんと成長していくカルルクは、妻のアミルがいつまでも子ども扱いするのが気に入らない。アミルはカルルクを心配するからこそ、新しい服にもお守りの刺繍を施……

thumbnail

第140夜 ただ走れ! 働く人と自分のために…『ダンダリン一〇一

 2014/01/15  100夜100漫, ,

「ん…そろそろ逮捕の執行に向かうぞ!!」「!!」「警察では被疑者逮捕の手柄は手錠をかけた者のものだそうだ/ここは段田さんに譲ろう」「本当ですか!?」「え!?/段田はこれでも女ですで!?/万一被疑者から凶悪な抵抗を受けたら…」「凶悪な抵抗を受けたらなんなんですか?/私は…/監督官で……

thumbnail

第138夜 2人の日々は、あのスイングとともに…『坂道のアポロン

「んふっ/相棒?/いやですよこんなの」「最高じゃないか/一緒にバカやれる友達なんて/大事にしろよ/恋愛と違って/友情ってのは一生もんだからな」 『坂道のアポロン』小玉ユキ 作、小学館『flowers』掲載(2007年9月~2012年7月)  船乗りである父の仕事の……

thumbnail

第136夜 エイリアンたちと、黒く楽しく異文化交流…『レベルE

「現在 地球には数百種類の異星人が飛来している/気づいていないのは地球人だけなのだ/彼らの目的は様々で 国家レベルの策略から個人レベルの研究・犯罪まで多岐にわたる/なかには/何のために地球に来たか忘れてしまった奴も いるだろう」 『レベルE』富樫義博 作、集英社『週……

thumbnail

第121夜 舞台で融け合う笑いと真剣のエチュード…『犬神もっこす

「…1か0かなんですね/でも/その間にも割り切れない多くの感情が広がっているって思いませんか/1と0の間に広がる/感情の豊穣の/海……」 『犬神もっこす』西餅 作、講談社『モーニング』掲載(2011年10月~2013年2月)  幼い頃から喜怒哀楽の感情が表に出ず、……

広告

広告