地域 | 漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫-5ページ

漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 地域 」 一覧



第159夜 ともあれ、二人、生きていくのだ…『娚(おとこ)の一生

「……私は……昔…」「もうええわ/君の過去のなんのは/つまらん/幸せの話をすると君は下を向くんや/過去には戻れへんのに/どうして目の前のぼくを見いひんのや?」


娚の一生 1 (フラワーコミックスアルファ)

『娚の一生』西炯子 作、小学館『月刊フラワーズ』→『フラワーズ増刊 凛花』(スピンオフ)掲載(2008年7月~2012年6月)

 東京の大手電機メーカー、四つ葉電機で原子力事業部プロジェクト管理課の課長を勤める堂薗つぐみ(どうぞの・−−)は、30代も半ばを迎えた独りもの。初めて取得した長期休暇を田舎の角島(かどしま)県鶴水市にある祖母の家で過ごしていたが、入院していた祖母、下屋敷十和(しもやしき・とわ)は間もなく他界。葬儀が営まれることとなる。
 その翌日、葬儀を終えて弛緩したつぐみの目の前に、見知らぬ壮年の男性が現れた。下屋敷の家の離れに居付き、我が家のように振る舞う男に困惑するつぐみ。
 50代前半、関西弁を話し、東京の女子大の教授として哲学を教えていたと自己紹介する彼の名は海江田醇(かいえだ・じゅん)。エッセイ執筆や講演もこなす著名人にして、かつて大学で教鞭を取っていた祖母の元教え子だという。
 祖母から離れの鍵をもらっていたと語る彼と、祖母の間には一体何があったのか。肝心なところを語らず、しばらく友人の代打で角島大学で教えるという海江田と、つぐみの行き掛かり上の同居生活が始まるのだった。
 休暇は終わるも、つぐみは仕事を在宅勤務に切り替え、温泉の湧く鶴水に地熱発電のプロジェクトをぶち上げつつ、そのまま祖母の家で暮らすことにする。そんなつぐみに群がる田舎の男たち、置き去りにされた親戚の子ども、海江田の秘書で学長の御令嬢、西園寺真保(さいおんじ・まほ)も登場し、田舎の事情と仕事と、揺れる女心の日々は続く。

(さらに…)



広告

広告
thumbnail

第157夜 芸術も友情も、無条件だからいい…『ぼくらのフンカ祭

「なあ…/オレ多分、一生忘れねーわ。/この光景。/ありがとな桜島。/オレをさそってくれて。」 『ぼくらのフンカ祭』真造圭伍 作、小学館『週刊ビッグコミックスピリッツ』掲載(2012年3月~同7月)  地元の東金松(かねまつ)高校に入学した富山剛士(とやま・たけし)……

thumbnail

第153夜 全ては、街の中で過ぎていく…『今日も渋谷のはじっこで

「わたしはちょっと東京に染まりすぎたのかな/戻れないんだよ/わたしはもう/きっと/地元の習慣は合わない/……/いいね/きみにはまだ/帰れるところがある/夏休みが終われば帰れるんでしょ/わたしには/終わりなんてないけど」 『今日も渋谷のはじっこで』平尾アウリ 作、祥伝……

thumbnail

【一会】『乙嫁語り 6』……戦う男と幕を引く婆

 もう発売から1週間が経ってしまったけど、読んだので。  以下、ストーリー説明(ネタバレのため反転)。  だんだんと成長していくカルルクは、妻のアミルがいつまでも子ども扱いするのが気に入らない。アミルはカルルクを心配するからこそ、新しい服にもお守りの刺繍を施……

thumbnail

第140夜 ただ走れ! 働く人と自分のために…『ダンダリン一〇一

 2014/01/15  100夜100漫, ,

「ん…そろそろ逮捕の執行に向かうぞ!!」「!!」「警察では被疑者逮捕の手柄は手錠をかけた者のものだそうだ/ここは段田さんに譲ろう」「本当ですか!?」「え!?/段田はこれでも女ですで!?/万一被疑者から凶悪な抵抗を受けたら…」「凶悪な抵抗を受けたらなんなんですか?/私は…/監督官で……

thumbnail

第138夜 2人の日々は、あのスイングとともに…『坂道のアポロン

「んふっ/相棒?/いやですよこんなの」「最高じゃないか/一緒にバカやれる友達なんて/大事にしろよ/恋愛と違って/友情ってのは一生もんだからな」 『坂道のアポロン』小玉ユキ 作、小学館『flowers』掲載(2007年9月~2012年7月)  船乗りである父の仕事の……

thumbnail

第136夜 エイリアンたちと、黒く楽しく異文化交流…『レベルE

「現在 地球には数百種類の異星人が飛来している/気づいていないのは地球人だけなのだ/彼らの目的は様々で 国家レベルの策略から個人レベルの研究・犯罪まで多岐にわたる/なかには/何のために地球に来たか忘れてしまった奴も いるだろう」 『レベルE』富樫義博 作、集英社『週……

thumbnail

第121夜 舞台で融け合う笑いと真剣のエチュード…『犬神もっこす

「…1か0かなんですね/でも/その間にも割り切れない多くの感情が広がっているって思いませんか/1と0の間に広がる/感情の豊穣の/海……」 『犬神もっこす』西餅 作、講談社『モーニング』掲載(2011年10月~2013年2月)  幼い頃から喜怒哀楽の感情が表に出ず、……

thumbnail

第55夜 控え目な瞳が映す、国際都市の温もりと傷跡…『神戸在住

「――神戸より。」 『神戸在住』木村紺 作、講談社『月刊アフタヌーン』掲載(1998年9月~2006年3月)  辰木桂(たつき・かつら)は神戸の大学に通う美術科生。父の仕事の都合で東京から引っ越してきた、昔の洋楽と文庫本を愛する真面目で小柄な女の子だ。  大学の……



広告

広告