地域 | 漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫-5ページ

漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 地域 」 一覧



第157夜 芸術も友情も、無条件だからいい…『ぼくらのフンカ祭

「なあ…/オレ多分、一生忘れねーわ。/この光景。/ありがとな桜島。/オレをさそってくれて。」


ぼくらのフンカ祭 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)

『ぼくらのフンカ祭』真造圭伍 作、小学館『週刊ビッグコミックスピリッツ』掲載(2012年3月~同7月)

 地元の東金松(かねまつ)高校に入学した富山剛士(とやま・たけし)は、さっそくだらけた高校生活を謳歌していた。そんな時、金松町にある火山が突然噴火。もともと過疎の上に火山灰に埋もれた町の行く末が案じられたが、図太く温泉地として繁栄することになってしまった。
 剛士はそんな町の様子が面白くない。友人の桜島裕(さくらじま・ゆう)と学校をサボっては町をほっつき歩いたり、すっかり土産物屋に変貌してしまった家の手伝いをしたり。
 ある日、剛士の姉の翠(みどり)が通う大学まで届け物をした2人は、翠たちが大学の寮に居座って学祭の開催を画策していることを知る。火山灰を理由に、寮も学祭も取り止めようとする大学側に反抗し、学生達はどうにか学祭を盛り上げようとしていたのだ。
 学生達のリーダーは、初対面の裕にまでアイデアがないかと迫る。助け船のように剛士が云い出したのは、文化祭と噴火をかけた、町ぐるみのお祭り、“フンカ祭”だった。
 ゴロの良さのせいなのか、たちまち話は大きくなり、町全体が祭に沸くことになっていく。しかし、その軽薄さに2人の胸中は複雑に。そこに魅惑的なダンスで男を虜にする女子大生、高橋みゆきも現れ、2人は疎遠になっていく。
 近づく祭の日。彼らの思い描いた“真のフンカ祭”はどうなるのか−−。

(さらに…)



広告

広告
thumbnail

第153夜 全ては、街の中で過ぎていく…『今日も渋谷のはじっこで

「わたしはちょっと東京に染まりすぎたのかな/戻れないんだよ/わたしはもう/きっと/地元の習慣は合わない/……/いいね/きみにはまだ/帰れるところがある/夏休みが終われば帰れるんでしょ/わたしには/終わりなんてないけど」 『今日も渋谷のはじっこで』平尾アウリ 作、祥伝……

thumbnail

【一会】『乙嫁語り 6』……戦う男と幕を引く婆

 もう発売から1週間が経ってしまったけど、読んだので。  以下、ストーリー説明(ネタバレのため反転)。  だんだんと成長していくカルルクは、妻のアミルがいつまでも子ども扱いするのが気に入らない。アミルはカルルクを心配するからこそ、新しい服にもお守りの刺繍を施……

thumbnail

第140夜 ただ走れ! 働く人と自分のために…『ダンダリン一〇一

 2014/01/15  100夜100漫, ,

「ん…そろそろ逮捕の執行に向かうぞ!!」「!!」「警察では被疑者逮捕の手柄は手錠をかけた者のものだそうだ/ここは段田さんに譲ろう」「本当ですか!?」「え!?/段田はこれでも女ですで!?/万一被疑者から凶悪な抵抗を受けたら…」「凶悪な抵抗を受けたらなんなんですか?/私は…/監督官で……

thumbnail

第138夜 2人の日々は、あのスイングとともに…『坂道のアポロン

「んふっ/相棒?/いやですよこんなの」「最高じゃないか/一緒にバカやれる友達なんて/大事にしろよ/恋愛と違って/友情ってのは一生もんだからな」 『坂道のアポロン』小玉ユキ 作、小学館『flowers』掲載(2007年9月~2012年7月)  船乗りである父の仕事の……

thumbnail

第136夜 エイリアンたちと、黒く楽しく異文化交流…『レベルE

「現在 地球には数百種類の異星人が飛来している/気づいていないのは地球人だけなのだ/彼らの目的は様々で 国家レベルの策略から個人レベルの研究・犯罪まで多岐にわたる/なかには/何のために地球に来たか忘れてしまった奴も いるだろう」 『レベルE』富樫義博 作、集英社『週……

thumbnail

第121夜 舞台で融け合う笑いと真剣のエチュード…『犬神もっこす

「…1か0かなんですね/でも/その間にも割り切れない多くの感情が広がっているって思いませんか/1と0の間に広がる/感情の豊穣の/海……」 『犬神もっこす』西餅 作、講談社『モーニング』掲載(2011年10月~2013年2月)  幼い頃から喜怒哀楽の感情が表に出ず、……

thumbnail

第55夜 控え目な瞳が映す、国際都市の温もりと傷跡…『神戸在住

「――神戸より。」 『神戸在住』木村紺 作、講談社『月刊アフタヌーン』掲載(1998年9月~2006年3月)  辰木桂(たつき・かつら)は神戸の大学に通う美術科生。父の仕事の都合で東京から引っ越してきた、昔の洋楽と文庫本を愛する真面目で小柄な女の子だ。  大学の……



広告

広告