漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 オカルト 」 一覧

第172夜 不気味で偉大な、その図形から逃げられない…『うずまき

「最近オレ、この町がいやでしょうがないんだ。/この町にいたらどうにかなっちまうぜ。」「どうして?」「どうしてって…君は何も感じないのか?/オレは昼間、この町を離れているからよけいに感じる…/この町の駅のホームに降りたつたびにめまいを覚える…/この町はオレを幻惑しようとしている…!!」「…私は何も感じないけど…」


うずまき (ビッグコミックススペシャル)

『うずまき』伊藤潤二 作、小学館『週刊ビッグコミックスピリッツ』掲載(1998年1月~1999年8月)

 海沿いの町、黒渦(くろうず)町で、陶芸家の父、母と弟の4人家族で暮らす女子高生・五島桐絵(ごしま・きりえ)。ある日、彼女は中学時代からのボーイフレンド斎藤秀一(さいとう・しゅういち)から、「一緒にこの町を脱出しないか?」と切り出される。
 このところ自らの父が異常だと云い、「この町はうずまきに汚染され始めている」と怯える秀一の言葉に不穏なものを感じながらも、本気にはしない桐絵。しかし秀一の恐れは次第に現実のものとなり、町は“うずまき”に侵されていく。
 捻れ、とぐろを巻く万象、捩れ、絡み合い、あるいは蝸牛と化す人間。人々の心の奥底に澱んだ感情をも飲み込み、台風が、バネが、ありとあらゆるうずまきが町を襲う。
 すべてが“うずまき”と化した中で、桐絵と秀一が渦の中心で見たものは何だったのか――。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

第165夜 かつてこの国が経験した、凄絶な季節に…『夏のあらし!

「それでも/夏の間だけでも/生きて再びこの世界に居られることを感謝したいわ/だから精一杯/楽しく生きるわ/命短し/恋せよ乙女/紅き唇/褪せぬ間に…ってね/生きてるあなたは/恋をしなよ!」 『夏のあらし!』小林尽 作、スクウェア・エニックス『月刊ガンガンウイング』→『……

thumbnail

第160夜 少女の帰還を導くのは、凄惨な楽園の幻視…『クーの世界

「今日もまた/クーの世界で目覚めるんだろうなあ/どうせ夢がつづくなら/ずっとクーの村で暮らしたいなあ/家捜しの旅なんて無駄だよって/夢の中の私に言ってあげられたら……」 『クーの世界』小田ひで次 作、講談社『月刊アフタヌーン』掲載(1999年11月~2000年11月……

thumbnail

【一会】『せっかち伯爵と時間どろぼう 1』……変わらぬ安定感と、既にある不穏

 帯には「待望した!」と大書されている、『さよなら絶望先生』(100夜100漫第36夜)で知られた久米田康治先生の最新刊です。  先に作風の話をすると、「不労腐死」とか「9金以下の純度のものだけ買い取り」とか拷問とか臓物とか、言葉遊びから風刺的な内容でギャグを展開し、し……

thumbnail

第150夜 京言葉が語るボケとツッコミ、小さな絆…『京洛れぎおん

「奴らと戦う力を持っていても小学生だよ/本気の力をモロに受ければ壊れてしまう/体もまだ未熟なのに/使命だから行くんだ/えらい子なんだよね」「別のイミで俺がえらいんですけど!?」 『京洛れぎおん』浅野りん 作、マッグガーデン『コミックブレイドBROWNIE』→『月刊コ……

thumbnail

【一会】『白暮のクロニクル 1』……お役所と人ならぬ者と眉毛

 ゆうきまさみ氏が漫画家になる前、地方公務員として働いていた(らしい)ことは、『機動警察パトレイバー』(100夜100漫第45夜)でも書いたし、そう認識されているファンの方も多いと思います。この漫画の主人公は「地方」ではありませんが、厚生労働省で働く公務員であることには違……

thumbnail

第134夜 願いよ、せめて彼女の前で真実となれ…『純潔のマリア

「何で邪魔すんのよ!/あたし悪いコトしてないじゃん/お前達は卑怯だ!/地上では皆あちこちで救いを求めているぞ/なのに祈っても祈ってもお前達は全然人を救わない/だからあたしがやっただけだろ」 『純潔のマリア』石川雅之 作、講談社『good!アフタヌーン』掲載(2008……

thumbnail

第124夜 ○コ塗れでも潰えない、上流階級の心意気…『有閑倶楽部

「10億だ!!/いいか最低10億とらなきゃ家に帰るぞ/そんなはした金/ばかばかしくってつきあってられるか!!」 『有閑倶楽部』一条ゆかり 作、集英社『りぼんオリジナル』→『りぼん』→『マーガレット』→『コーラス』掲載(1981年4月~2007年10月)  幼年部か……

thumbnail

第122夜 血まみれの少女が焦がれた明日は…『キリエ 吸血聖女

「神様…どうして私なんかを生かされたのですか…/私なんかを…/私は/あの子達の為に泣いてあげる事もできないのに…」 『キリエ 吸血聖女』杉村麦太 作、秋田書店『週刊少年チャンピオン』掲載(2000年8月~2002年8月)  1870年、アメリカ西部。そこでは狂血病……

thumbnail

第117夜 地に澱む神代の穢れに抗うは、筋肉質な純情か…『天顕祭

「木島/戻って来いよ/たった1年だけどよ/お前のいねェ足場はさみしいもンだ」 『天顕祭』白井弓子 作、同人誌発表(2006年2月~2007年8月)→サンクチュアリ出版より単行本  かつて、この国は「汚い戦争」を経験し、フカシとよばれる毒物に汚染された。そこかしこが……

広告

広告