漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 オカルト 」 一覧

【一会】『3×3EYES(サザンアイズ) 鬼籍の闇の契約者 1』……暗黒の“神”は何を望む

3×3EYES 鬼籍の闇の契約者(1) (ヤングマガジンコミックス)

 80年代の終わりからゼロ年代はじめに連載された伝奇活劇漫画『3×3EYES』(100夜100漫第100夜)。そのラストから12年後の出来事を描いた「幻獣の森の遭難者」が昨年完結しましたが、そのさらなる続篇「鬼籍の闇の契約者」の1巻が、去る6月に刊行されました。かなり遅くなって恐縮至極ですが、概要と思ったことなどを書こうと思います。

 今巻のスタートは、時間軸的には恐らく「幻獣の森」の直後から。身体を何かに侵襲された青年による、「木星を消滅させたら」という不吉なモノローグが語られつつ、物語は始まります。
 冒頭の舞台は南インド洋上に浮かぶ海上基地(というか一種のプラント?)「エディアカラ」。『3×3EYES』本編の最終章の舞台となったサンハーラ神殿の直上にあるこの施設で、八雲は新たな敵・スキウロスと相まみえます。
 インドの派手目なおじさん的外見(冒頭アイキャッチ画像の右上参照)に似合わずお姉言葉で話すスキウロス。彼(でいいのだろうか?)の野望を一言で説明すれば、それは人類と鬼眼王との同士討ちということになろうかと。鬼眼王と云えば、かつては八雲たちと激しく戦い、一応の決着を見た今は月の裏側に立つ龍皇城に住まう三只眼吽迦羅の覇王です。直に手を出すことは実力的に困難なので、人間をそそのかすという搦め手を使おうということでしょう。
 彼が「エディアカラ」に取り入ったのもその一手だと思われますが、どうもこの手は奏功しなかったようです。それは八雲の活躍というよりも、他の何かによるようで。その後の分析によれば、サンハーラは海水から電子を分離し、何かを生み出したとされています。ハーンは「暗黒物質ダークマター」と云っていますが、果たして実態は何なのでしょう。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

【一会】『双亡亭壊すべし 4』……彼方から来たらんとするもの

 東京都豊島区に建つ、謎めいて不吉な建築物〈双亡亭〉が引き起こす奇怪な出来事と、そこに巻き込まれ、これを破壊せんとする者たちを描いた『双亡亭壊すべし』。4巻が刊行されたのは4月のことです。既に先月下旬に5巻が出ていますが、追っかけで思ったことを書いておきましょう。  〈……

thumbnail

【一会】『双亡亭壊すべし 3』……人は、辛い過去の奴隷ではない

 東京都豊島区にある“おばけ屋敷”、双亡亭が引き起こす奇怪な凶事と、そこに巻き込まれ、これを破壊せんとする人間たちのドラマ『双亡亭壊すべし』の3巻が、1月に刊行されました。ついに双亡亭内に侵入した駆け出し絵描きの青年・凧葉務(たこは・つとむ)と魔を払う〈刀巫覡(かたなふげ……

thumbnail

【一会】『双亡亭壊すべし 2』……〈双亡亭〉突入。そこで待つのは絶望か

 東京都内に建つ謎の建築物〈双亡亭〉をめぐり、絵本作家志望の青年、〈双亡亭〉に立ち入ってしまった少年、その姉で退魔の力を有する〈刀巫覡(かたなふげき)〉の少女、そして、時の彼方から還ってきた少年、といった人物たちによって紡がれる“おばけ屋敷”ホラー漫画『双亡亭壊すべし』。……

thumbnail

【一会】『3×3EYESサザンアイズ幻獣の森の遭難者 4(完)』……失敗やあやまちは、イコール破滅じゃない

 作中・現実世界ともに12年の時を経て、かつての最終決戦に連なった新編「幻獣の森の遭難者」が発表されたアジアン伝奇バトルロマン『3×3EYES(サザンアイズ)』。その最終巻となる4巻が、先月発刊されました。  三つ目の聖なる存在、三只眼吽迦羅(さんじやんうんから)のパイ……

thumbnail

【一会】『白暮のクロニクル 9』……ついに辿り着いた、これが真相――か?

 不老不死に近い吸血鬼っぽい種族“オキナガ(息長)”が存在する世界。見た目は少年ながら88歳の“オキナガ”雪村魁(ゆきむら・かい)と、彼らを管理する厚生労働省夜間衛生管理課(通称やえいかん)の新人・伏木あかり(ふせぎ・――)が、12年に1度、未年ごとに若い女性を殺す「羊殺……

thumbnail

【一会】『双亡亭壊すべし 1』……何を憎み、何ゆえ破壊を願うのか

 『うしおととら』(100夜100漫第64夜)『からくりサーカス』(第27夜)『月光条例』(一画一会第26巻以降)など、藤田和日郎先生の作品には多く言及してきましたが、先月、新たな連載作品の1巻が刊行されました。ひと月ばかり遅くなりましたが、読んで思ったことを述べようと思……

thumbnail

【一会】『ベルセルク 38』……“白”と“光”は、似ているようで違う

 現在連載中の漫画では、最高峰のダークファンタジーに数えられる『ベルセルク』の3年ぶりとなる新刊が、先月発刊されました。いくぶん中途半端ではありますが、今巻から言及したいと思います。  長大にして未だ道半ばの物語を要約するのは困難ですが、黒い剣士ガッツと、白銀の騎士グリ……

thumbnail

【一会】『白暮のクロニクル 8』……1600歳超えの純情

 不老不死に近い吸血鬼っぽい種族“オキナガ(息長)”が存在する世界。見た目は少年ながら88歳の“オキナガ”雪村魁(ゆきむら・かい)と、彼らを管理する厚生労働省夜間衛生管理課(通称やえいかん)の新人・伏木あかり(ふせぎ・――)が、12年に1度、未年ごとに若い女性を殺す「羊殺……

thumbnail

【一会】『3×3EYESサザンアイズ幻獣の森の遭難者 3』……龍皇顕現。さらに思惑は絡み合う

 アジアン・オカルティックバトルを繰り広げつつ、バブル期からゼロ年代という日本の精神性の変容を背景に置いて描かれた伝奇ロマン『3×3EYES』(100夜100漫第100夜)。12年ぶりの発表となった正統的続編『3×3EYES 幻獣の森の遭難者』の3巻が先ごろ刊行となりまし……

広告

広告