ミステリ | 漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 ミステリ 」 一覧



【一会】『白暮のクロニクル 9』……ついに辿り着いた、これが真相――か?

白暮のクロニクル 9 (ビッグコミックス)

 不老不死に近い吸血鬼っぽい種族“オキナガ(息長)”が存在する世界。見た目は少年ながら88歳の“オキナガ”雪村魁(ゆきむら・かい)と、彼らを管理する厚生労働省夜間衛生管理課(通称やえいかん)の新人・伏木あかり(ふせぎ・――)が、12年に1度、未年ごとに若い女性を殺す「羊殺し」を追う、社会派オカルティック推理『白暮のクロニクル』。8月末の話ではありますが新刊の9巻が出ました。遅れ馳せながら、概要と感想を記しましょう。

 前巻では特に色々ありましたので、先にその辺を整理してみます。
 「羊殺し」を追う過程で明らかになった、昭和18年12月24日に大女優・伊集幸絵(いじゅう・さちえ)が殺された事件。そして、その現場に居合わせた、あかりの上司にして“オキナガ”でもある竹之内唯一(たけのうち・ただひと)への疑惑が持ち上がったのでした。
 大騒ぎの末、彼の追憶が語られるとともに容疑は晴れましたが、手がかりを求めて訪れたオキナガ収容施設・長野光明苑で、伊集幸絵殺しの新たな容疑者が浮上しました。その最中、あかりと魁に接近してきたのは、魁に対して自らを「君の兄」だと説明し、あかりを「大きな羊」と評する不思議な少年。多分オキナガであろうこの少年の素性と、「羊殺し」に繋がるかもしれない伊集幸絵殺しの犯人の追及――事態は、この2点について進んでいきそうな気配です。

(さらに…)



広告

広告
thumbnail

【一会】『白暮のクロニクル 8』……1600歳超えの純情

 不老不死に近い吸血鬼っぽい種族“オキナガ(息長)”が存在する世界。見た目は少年ながら88歳の“オキナガ”雪村魁(ゆきむら・かい)と、彼らを管理する厚生労働省夜間衛生管理課(通称やえいかん)の新人・伏木あかり(ふせぎ・――)が、12年に1度、未年ごとに若い女性を殺す「羊殺……

thumbnail

【一会】『白暮のクロニクル 7』……迫る未年の終わり、まだ視えない真相

 非常な長命と不死性を有する“オキナガ”と、それを管理する厚生労働省夜間衛生管理課(通称やえいかん)が存在する世界。夜衛管の新人・伏木あかり(ふせぎ・――)と、88歳にして外見は少年な“オキナガ”雪村魁(ゆきむら・かい)の2人が、未年ごとに若い女性を殺害する連続殺人者“羊……

thumbnail

【一会】『白暮のクロニクル 6』……異質達はすれ違い、物語は加速する

 いわゆる吸血鬼的存在“オキナガ”と、それを管理する厚生労働省夜間衛生管理課(通称やえいかん)という構図を遠景に、夜衛管の新人・伏木あかり(ふせぎ・――)と、88歳の少年“オキナガ”雪村魁(ゆきむら・かい)のコンビがオキナガ絡みの事件を追っていく『白暮のクロニクル』。もう……

thumbnail

第154夜 状況の千変万化に踊らず信念を貫け…『絶園のテンペスト

「愛花が殺されたのは不合理だ/魔法も不合理だ/なら二つをぶつければ辻褄が合う/愛花を殺したやつを/この手で殺してやれる」 『絶園のテンペスト』城平京 原作、左有秀 構成、彩崎廉 作画、スクウェア・エニックス『月刊少年ガンガン』掲載(2009年7月~2013年3月) ……

thumbnail

第132夜 謎と人を愛す、食いしん坊ふたり…『魔人探偵脳噛ネウロ

「…………ねぇネウロ」「何だ」「難しいね/人間って」「フハハハハ/何を突然我が輩のようなセリフを」 『魔人探偵脳噛ネウロ』松井優征 作、集英社『週刊少年ジャンプ』掲載(2005年2月~2009年4月)  女子高生、桂木弥子(かつらぎ・やこ)の日常は突如壊された。父……

thumbnail

第94夜 陰惨な謎に挑むのは1人?2人?…『人形草子あやつり左近

「人形遣いは人間遣い/腹話術は読心術/真似るのは声色だけでなく内なる声」 『人形草子あやつり左近』写楽麿 原作、小畑健 漫画、集英社『週刊少年ジャンプ増刊』→『週刊少年ジャンプ』掲載(1995年4月[読切掲載]~1996年4月)  引っ込み思案で気弱な性格の橘左近……



広告

広告