漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 マガジン系 」 一覧

【一会】『七つの大罪 9』……“英雄の戦い”の幕開けか?

七つの大罪(9) (少年マガジンコミックス)

 予想通り2か月で1巻ペースで刊行の『七つの大罪』。今巻は全編戦いのさなかです。
 囚われたエリザベスと、欠けた剣の柄に隠されていた祭器「常闇の棺」を取り戻すために王都に潜入(というか突撃)したメリオダス、バン、ゴウセル。時を同じくしてキャメロットの新王アーサー・ペンドラゴンの一団が王都の南門に出現したため、状況は「七つの大罪」、王都の聖騎士たち、アーサーの三つ巴の様相を呈してきます。

 が、今巻ではアーサーと聖騎士長ヘンドリクセンの戦いはさわりだけで、あとはほとんど「七つの大罪」VS聖騎士の戦いに費やされています。しかも団長とバンは今回あまり出番なしで、主役となるのはディアンヌとゴウセルの2人。
 これまでもヘルブラムなんかとは死闘を演じてきた「七つの大罪」ですが、今回は輪をかけて凄惨な戦いです。王都のど真ん中ということで、民衆は「七つの大罪」のことを国家の破滅をもくろむ極悪人の集まりと認識していますし、ドレファスやヘルブラムといった強敵の力は圧倒的でもあります。
 そんな戦いの中、ディアンヌのとった行動は誇り高い。今まで“団長大好き”というところが強調されていてあまり感じませんでしたが、この巨人族の女戦士の原動力はまさに大地のような慈しみなのでしょう。183ページの笑顔に熱いものが込み上げてきました。
 そしてとぼけた魅力のゴウセルも持ち味を発揮して活躍します。たまたま非番だったカイーデ(=“暁闇の咆哮(ドーン・ロアー)”のスレイダー)と街中で鉢合わせしての一戦も彼らしいアクションが楽しいですが、やはりドレファスとの戦いがハイライトでしょう。精神に働きかけるゴウセルの魔力が、図らずもドレファス…の意識の底にいる何物かを察知した様子。真相が気になります。
 そんな2人に加えて、今巻ではハウザーとギーラという意外な人たちの奮闘も。即席の連携技を駆使して己の正しいと思うことに命を懸ける2人の姿もまた、熱いです。
 「七つの大罪」に聖騎士、キャメロットと役者が出揃ってきたこともあって、これから群雄割拠の“英雄の戦い”となっていくんじゃないでしょうか。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

【一会】『せっかち伯爵と時間どろぼう 2』……ネタと時間移動の振幅

 最近、当ブログへやってくる方の検索ワードでとみに増えている『せっかち伯爵と時間どろぼう』の2巻が刊行となりました。  「※ギャグ漫画です。」という帯が逆に意味深に思えたりもしますが、2巻の内容としてはその通りかと思います。この漫画に限らず、1巻は物語の導入として、どう……

thumbnail

第175夜 水面に映る明朗快活…『ケンコー全裸系水泳部ウミショー

「ここで泳ぐ意味ないことないよ/レベルとか/そんなこと言っちゃダメだよ/ここではみーーんな/楽しいから泳いでるんだよ」 『ケンコー全裸系水泳部ウミショー』はっとりみつる 作、講談社『週刊少年マガジン』掲載(2005年7月~2008年4月)  “ウミショー”こと県立……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 8』……その者の名前、マーリン

 祝アニメ化、ということで徐々に出版社も力を入れ始めている気がする『七つの大罪』。単行本の刊行ペースは2か月に1巻のようですね。  今巻で、なんとなーく、メリオダスたちが罪を着せられている10年前の王国転覆疑惑事件の手がかりらしきものが示されてきました。メリオダスた……

thumbnail

第161夜 ネタの嵐がもたらす奇妙な詩情…『平成義民伝説 代表人

「魚権(ウォーケン)は自分に誓った/イガラシのために命をかけて「シャクレル」と/そして/イノキとイノチは/ちょっと似ている/と思った」 『平成義民伝説 代表人』木多康昭 作、講談社『週刊少年マガジン』掲載(2002年2月~同5月)  国民的男性アイドルユニットIG……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 7』……ひねくれ者の仲間思い

 書こう書こうと思っていながら遅くなってしまいましたが、最近の人気作でもあるし、ちょっと思った事を書こうと思います。  メリオダスの暴走と例の欠けた剣の喪失(黒目がちな無表情が恐ろしい!)、そんな彼を痛めつけた相手へのディアンヌの怒りと神器(ギデオン)の威力、聖騎士……

thumbnail

【一会】『せっかち伯爵と時間どろぼう 1』……変わらぬ安定感と、既にある不穏

 帯には「待望した!」と大書されている、『さよなら絶望先生』(100夜100漫第36夜)で知られた久米田康治先生の最新刊です。  先に作風の話をすると、「不労腐死」とか「9金以下の純度のものだけ買い取り」とか拷問とか臓物とか、言葉遊びから風刺的な内容でギャグを展開し、し……

thumbnail

第78夜 戦後復興期の日本が牌に映る…『哲也-雀聖と呼ばれた男-

「…そうさ/俺達は汚ねえ世界にいるんだ/だけど俺達 玄人は/ここでしか生きられねえのさ…/なァ…/房州さん…」 『哲也-雀聖と呼ばれた男-』さいふうめい 原案、星野泰視 作、講談社『週刊少年マガジン』掲載(1997年33号月~2004年12月)  太平洋戦争での日……

thumbnail

第68夜 古流VS剣道にみる“強さ”…『チャンバラ 一撃小僧隼十

「…なにをビビッちょるんかオレは…/戦を挑むんやったら怖いのは当たり前やろ…/それでも戦った男がそこにおる!!/…ふるえなんち…/噛み砕け!!/オレも“鷹津”やろうが!!!」 『チャンバラ 一撃小僧隼十』山田恵庸 作、講談社『週刊少年マガジン』掲載(2002年10月……

thumbnail

第36夜 踊りましょう、ご一緒に、最後まで…『さよなら絶望先生

「♪ね――こ――の毛皮着る――/貴婦人のつくるスウプウウ―/お――ば――あさんの/いなくなぁた/住宅――街――に肉――」 『さよなら絶望先生』久米田康治 作、講談社『週刊少年マガジン』掲載(2005年4月~2012年6月)  名前からして敗北感に溢れている高校教師……

広告

広告