漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 人生 」 一覧

第205夜 ディスプレイに躍る意地と愛と魂と…『大東京トイボックス

「…それは/直さずにすめばその方が効率がいいからに決まって…」「もうやめろ/効率? プロ? まるでガキだな」「…なんだと?」「そんなのは大人じゃねえ/ただの聞き分けのいい子供だ」


大東京トイボックス (1) (バーズコミックス)

『大東京トイボックス』うめ(小沢高広…企画・シナリオ・演出担当/妹尾朝子…作画・演出担当) 作、幻冬舎コミックス『コミックバーズ』掲載(2006年9月~2013年7月)
※先んじて『モーニング』(講談社)にて第一部に当たる『東京トイボックス』掲載(2005年11月~2006年5月)

 代表作『サムライ☆キッチン』の海外版完成と引き換えに、同シリーズの商標権を業界大手のソリダスワークスに譲渡した、秋葉原の零細ゲーム制作会社スタジオG3。かつてソリダスで名作『ソードクロニクル』を作った過去をもつ天川太陽(てんかわ・たいよう)は、出資会社から出向してきた、優秀ながらゲームは素人のOL月山星乃(つきやま・ほしの)に社長の座を譲り、企画チーフとして日銭稼ぎの仕事に当たっていた。
 『サム☆キチ2』製作のためソリダスに引き抜かれた谷崎七海(たにざき・ななみ)の分の人員補充を試みるが、太陽が手配を誤り、やってきたのはゲーム好きだが作るのは未経験の百田モモ(ももだ・もも)。温情で試用期間を与えられたモモは、どうにか食らいつきプランナーの道を歩み始める。
 そんなG3に、ゲーム販売会社MMGの社長、須田大作(すだ・だいさく)が持ちかけてきたのは、太陽の幼馴染にして今はソリダスAM2局局長に出世した仙水伊鶴(せんすい・いづる)が主導する、次世代ゲーム共同開発事業「SOAP(スープ)」への参加だった。
 共同制作することになったのは、池袋に本拠を置く、同人サークルから叩き上げの電算華組。社長の半田花子(はんだ・はなこ)が提出した『デスパレートハイスクール』にG3による大幅な方針転換が加えられ、すったもんだをしつつ開発は進められていく。
 しかし、βチェック、αチェック、ソリダスによる独自のソリダスチェックといった関門に引っ掛かかり、さらにスタッフたちのトラブルも続発し、『デスハイ』の開発進捗には常に暗雲が立ち込める。
 一方、自分の思惑を達するため、伊鶴は秘書の窪ノ内品子(くぼのうち・しなこ)や『サム☆キチ2』ディレクターとなった七波を使いつつ、社内の改革を進めようとする。そんな伊鶴に対し経営陣は、「首輪」としてソリダスユーロ品証部からやって来た卜部・ジークフリート・アデナウアー(うらべ・――・――)を用いる。が、知られざる過去と野望を抱いたアデナウアーの暗躍は、ソリダス、そして社会全体に影響を及ぼしていく。日本のコンテンツ産業に、静かに幕が下ろされようとしていた。
 納期、開発費、レーティング、クオリティ、そして携わるスタッフ達の、魂。全ての問題を解決し、『デスハイ』のマスターアップは成るか?

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

【一会】『3月のライオン 11』……対峙の果てと残された者の虚脱

 17歳の少年プロ棋士、桐山零(きりやま・れい)の孤独な戦いと棋士の世界、そして、そんな零を家族のように受け入れる、あかり・ひなた・モモの3姉妹を中心とする川本家のドラマを描く『3月のライオン』。前巻から9か月ほどで新刊の刊行となりました。刊行からひと月ほど経ってしまいま……

thumbnail

【一会】『月影ベイベ 6』……大人の強さ、大人の弱さ

 富山県八尾の伝統舞踊“おわら”を遠景に、“おわら”の踊り手である高校生の佐伯光(さえき・ひかる)と峰岸蛍子(みねぎし・ほたるこ)、光の伯父である佐伯円(――・まどか)の三角関係を中心とした人間模様を描く『月影べイベ』も、先月6巻の発刊となりました。実際の富山市八尾町での……

thumbnail

【一会】『孤独のグルメ 2』……18年ぶり。無邪気さと、変わらぬ自由さ

 個人で輸入雑貨を商う井之頭五郎(いのがしら・ごろう)が、主に都内の街で見知らぬ飲食店に入り、そこでの食事や湧き起こってくる想念を淡々と描き流す食事漫画『孤独のグルメ』(100夜100漫第63夜)。その第2巻が、実に18年の歳月を経て刊行されました。1996年までの連載で……

thumbnail

【一会】『月影ベイベ 5』……“何てことのない”悲劇と、大人の素直さ

 北陸新幹線が開通し、「取材がだいぶ楽になりそう」との作者コメントが記された、富山県八尾を舞台とした伝統舞踊“おわら”の物語、その5巻が過日刊行となりました。  1巻以来語られてきた、佐伯光(さえき・ひかる)と峰岸蛍子(みねぎし・ほたるこ)、光の叔父である佐伯円(――・……

thumbnail

第201夜 槌音が背を押す、それぞれの決意…『誰がために鋼は鳴る

「ケンちゃんさんの打つ音は/とてもキレイです/私 あの音を聞くと/がんばれるって思えるんです」「  そっか……」 『誰がために鋼は鳴る』天乃タカ 作、エンターブレイン『Fellows!』掲載(2009年2月~2010年6月)  神戸の北西、山裾に広がる三木市は打刃……

thumbnail

第198夜 笑いあって手を繋いで、それなのに零れる涙…『西荻夫婦

 2015/02/26  100夜100漫, ,

「明日が来なくても/まあ もう充分ってカンジかな―――」「えーッ/もう充分なの?」「うまく言えないけどね」「けっこうあっさりした境地へ/行っちゃうんですね/夫婦って」「なにわかったふうな」「恋愛じゃないからね」 『西荻夫婦』やまだないと 作、祥伝社『フィール・ヤング……

thumbnail

第193夜 拙くのぼる、大人の階段…『やさしい子供のつくりかた

「ずっとずっと/さきのことだけど。/どっからが大人なのか/全然わかんないけど/「大人になったら」って思ってる/おれは/きっとまだ子供なんだろうな」 『やさしい子供のつくりかた』丘上あい 作、講談社『デザート』掲載(2002年6月~2005年10月)  小学6年生の……

thumbnail

【一会】『いぬやしき 2』……孤独と恍惚を抱え、戦う機能をイメージする

 刊行からはや1か月弱ということで、かなり出遅れた感がしますが、一くさり語ります。  会社でも家庭でも肩身の狭い、歳よりもかなり老けて見られる犬屋敷壱郎(いぬやしき・いちろう)58歳が、ふとしたアクシデントによって、自分の記憶や意識を保ったまま強力な武装を持ったアンドロ……

thumbnail

第189夜 霊との日々、それが“少年”を了えさせる…『花田少年史

「いいからちんちんしまえよ/いい大人が・・・・!/おばけだからってナニしてもいいと思ったら大間違いだぞ!」「へへへ―――/おいちゃんは裸がいち~~ばん好きなの!」 『花田少年史』一色まこと 作、講談社『ミスターマガジン』掲載(1993年9月~1995年8月)、のち『……

広告

広告