ジャンプ系 | 漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 ジャンプ系 」 一覧



第204夜 惑い彷徨ってこそ、救う世も在れ…『水使いのリンドウ

「わからないよアッシュ…/いままでも何も知らずに間違いだらけだったんだ……/自分が正しい自信は何もない…」


水使いのリンドウ 1 (ジャンプコミックス)

『水使いのリンドウ』一色登希彦 作、集英社『ジャンプSQ.19』掲載(2010年8月~2012年6月)

 竜と皇族(おうぞく)の間に交わされる百年契約で成り立つ“日の東の國”(ヒノサキノクニ)。幕府直属で最強の水術士、“水使い”の通り名を持つ少年リンドウは、竜との「契約の改め」を直前にひかえた皇女であり幼馴染みでもあるエナの護衛任務を命じられる。都ミズシロの皇領区に赴いたリンドウだったが、そこでエナともども謎の勢力の襲撃を受ける。しかも騒動の末に現れた大竜は、新たな契約を行わないと語り、使い代として小竜ウィルを残して消えてしまうのだった。
 契約を交わし直すため、竜の住む“竜の地”を目指してリンドウとエナは旅立つ。國の行く末を憂いながらも策謀を巡らせあう統幕勢力と幕府方、膨大な力を産出する“炉”の燃料にするため、この國の竜を欲する異国、そして自分たちの土地を捨てては生きられない民衆。旅の途上でまみえる物事が、世界を知らぬ2人に現実を突きつけていく。
 幕府で将来を嘱望されながら野に下って機巧や竜を研究しているクジュウや、汽動重騎リンブルフ號を駆る舘の國(だちのくに)の少年アッシュ、そして、異国からこの國を護ると云う若き幕府将軍マナ・ミズビキ公。対立する幾つかの正義は混迷を招きながらも、國の趨勢は世界の覇権を握る亜の國(アのくに)との戦に傾いていく。
 竜との百年契約とは何を意味するのか。そしてミズビキの真の目的は何か。それらが明らかになり、この國と世界の姿を知った時、リンドウは一つの決断を下すのだった――。

(さらに…)



広告

広告
thumbnail

第190夜 海を渡った会津者たちの夢の果て…『White Tiger〜白虎隊西部開拓譚〜

「黄金を夢見た者も/故国で行き場をなくした者も/覚悟して海を渡りここに行きついた/ここで生きていくほかないのだ/異国で生きるとはそういう事だ」 『White Tiger〜白虎隊西部開拓譚〜』夏目義徳 作、集英社『グランドジャンプ』→「GRAND JUMP WEB」掲……

thumbnail

第177夜 磁気仕掛けな少女の憧憬と、少年たちの惑い…『電影少女

「ちょっ/ちょっと/キミはなに者なのかちゃんと説明してよ!」「ん/「ビデオガール」だってば/キミをなぐさめるために出てきたの/ビデオの中でもそう言ったろ」「そーいうことじゃなくてさ」「いいじゃね――か/どういう事だって/こまかいんだよおまえ!」 『電影少女』桂正和 ……

thumbnail

第141夜 今は昔、天の月より下りし皇女、王道を示す…『月華美刃

「国のため?/考えてるか/んなモン!!/私はそんな難しい事はよく分からん!!/だが/私は知ってる/母様が命をかけて守ろうとしてきた物が何なのかを知ってる/それを奪われるのは/たまらなく腹が立つのだ!!/それだけだ!!/悪いか!!」 『月華美刃』遠藤達哉 作、集英社『……

thumbnail

第136夜 エイリアンたちと、黒く楽しく異文化交流…『レベルE

「現在 地球には数百種類の異星人が飛来している/気づいていないのは地球人だけなのだ/彼らの目的は様々で 国家レベルの策略から個人レベルの研究・犯罪まで多岐にわたる/なかには/何のために地球に来たか忘れてしまった奴も いるだろう」 『レベルE』富樫義博 作、集英社『週……

thumbnail

第113夜 命のため、“異端者”はメスを振るう…『アスクレピオス

「一般的に“外科医”と呼ばれる人達の仕事は/創傷治療や肢体切断術…解剖手などです/胸腔内や腹腔内の手術は/教会の認める医術の中には存在しません…/ぼくらはそれを1000年以上も続けてきました/だから/追われているんだと思います…」 『アスクレピオス』内水融 作、集英……

thumbnail

第109夜 筋肉&グロテスクに神魔の大戦は続く…『ゴッドサイダー

「そうじゃ しかし彼はめざめてしまった…/神の側の人間(ゴッドサイダー)と悪魔の側の人間(デビルサイダー)の間の子という自らの宿命と戦う為に!!」 『ゴッドサイダー』巻来功士 作、集英社『週刊少年ジャンプ』掲載(1987年5月~1988年11月)  かつて、天使長……

thumbnail

第107夜 その惨状だけは、忘れずに憶えていよう…『はだしのゲン

「ぼくは/おとうちゃんがいうた麦のように/なりたいと思っています」 『はだしのゲン』中沢啓治 作、集英社『週刊少年ジャンプ』→市民誌『市民』→日本共産党中央委員会『文化評論』→日本教職員組合機関紙『教育評論』掲載(1973年5月~1985年)  1945年、広島市……

thumbnail

第102夜 脱力オチが、疲れた心にじわりと効く…『しょんぼり温泉

「また来てねー」 『しょんぼり温泉』小田扉 作、集英社『ジャンプスクエア』掲載(2009年11月~2012年1月)  諸堀(もろほり)温泉は、かつてはドラマのロケ地になったものの、特に目玉となる観光スポットもなく、ガイドマップは20年前に作られたきりという寂れた温……

thumbnail

第98夜 モノの言葉を知るための魔法…『まじかる☆タルるートくん

「そうか/タルが魔法をかけなくても…/グローブにも魂があって/火にも心があって…/風や水や土………/みんな生きているって…/生きて…」 『まじかる☆タルるートくん』江川達也 作、集英社『週刊少年ジャンプ』掲載(1988年8月~1992年9月)  江戸城本丸(えどじ……



広告

広告