漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 歴史 」 一覧

第96夜 戦国系変態ギャグに仄見える純情…『こいつら100%伝説

「きみのいってることは/バカバカしさの中にも/きらりと光るものがあるが/やっぱり大バカモノと呼ばせていただきたいっ」


こいつら100%伝説 2 (りぼんマスコットコミックス (577))

『こいつら100%伝説』岡田あーみん 作、集英社『りぼん』掲載(1989年4月~1992年8月)

 時は戦国、世は地獄。忍術の達人である先生は、その腕を見込まれてさる国のお姫様をお守りすることとなる。色めき立ったのは、弟子である修行中忍者の3人。気障でオーバーアクション、自意識過剰気味の危脳丸(あぶのうまる)。クールで無表情、何を仕出かすか分からない危険人物、極丸(きわまる)。気の優しい常識人、でもどこかおかしい時もある満丸(まんまる)。
 お姫様を護るため、行く先々で密かに活躍する3人…のはずなのだが、欲望に正直な上に張り切りすぎるあまり、いつも少女漫画とは思えないカオスな結末を迎えてしまう。いつのまにか未来からの刺客、ターミネーターも弟子入りし、4人揃って先生とお姫様を振り回しまくる。こいつらの日常は混迷を極めるのだった。。

『りぼん』でドリフ系?
 前作『お父さんは心配性』と同様、作者一流の“変態ギャグ”を全面に押し出した作品である。自分は本作の方を先に読んだのだが、よくぞ『りぼん』でこの高出力な作風が受け入れられたものだと、初読時には驚愕した。
 ギャグとはいえ、驚きのあまり心臓が飛び出たり、止血のために脾臓を取り出したりするスプラッタな(?)シーンもあるし、家が爆発したり雪山で発狂したり、あまつさえ作者も乱入と、恐ろしいまでの壊れっぷりだ。古い例えで恐縮だが、最後はたいがい『8時だョ!全員集合』のコントのように全員が酷い目に遭う「ダメだこりゃ」パターンか、激怒した先生が3人を追い掛け回す「志村、このやろ~!」パターンかで、いずれにせよ舞台全体が大騒ぎになることが多い(実際、『全員集合』を模したオチの回もあった)。3人の師匠である「先生」が、さながらいかりや長介の役どころと云えようか。

それでも少女漫画
 とはいえ、やはり『りぼん』なのだ。忍者の弟子3人(のちターミネーターを加えて4人)が奔走する(大抵は暴走になるが)切っ掛けとしてあるのは、やはりお姫様への恋情であり、意外と好いた好かれたというエピソードも多い。
 もしかしたら、作者が第一に描きたかったのは、こうした恋愛模様の物語なのかもしれない。いや、もしかしないでも、『おとうさんは心配症』から、後の 『ルナティック雑技団』に至るまで、面倒ごとの発端は常に恋愛だった。“変態ギャグ”を銘打たれても、その根っこの部分は、やはり少女漫画なのだ。この点、少女を描きながらも恋愛要素の希薄な『ちびまる子ちゃん』(本作の連載時期と重複している)と不思議な対照をなす。
 “好き過ぎて物狂おしくなってしまう”ということにおいて、登場人物たちの心情と、作者が“少女漫画というジャンル”に対して持っていたであろう心情とは相似形と云えないだろうか。その純情こそが、本作を単なるキワモノギャグ漫画以上のレベルに押し上げていると思えてならない。

広告

広告
thumbnail

第83夜 縁(えにし)の物語は出雲に始まり出雲に果つ…『八雲立つ

「“気”よ…!/大いなる気よ…!!/我に応えよ!/我に依り憑きてその力を貸せ!!」 『八雲立つ』樹なつみ 作、白泉社『LaLa』掲載(1992年5月~2002年7月)  東京の大学生、七地健生(ななち・たけお)は、先輩に押し付けられた劇団の舞台取材のアルバイトとし……

thumbnail

第80夜 目指せ最強…『陣内流柔術武闘伝 真島クンすっとばす!!

「世界最強の格闘家(オトコ)の夢はどうした――!?」 『陣内流柔術武闘伝 真島クンすっとばす!!』にわのまこと 作、集英社『週刊少年ジャンプ』掲載(1995年2月~1998年1月月)  戦国時代に発祥し、仙台藩御留流(せんだいはんおとめりゅう;門外不出はもちろん、……

thumbnail

第78夜 戦後復興期の日本が牌に映る…『哲也-雀聖と呼ばれた男-

「…そうさ/俺達は汚ねえ世界にいるんだ/だけど俺達 玄人は/ここでしか生きられねえのさ…/なァ…/房州さん…」 『哲也-雀聖と呼ばれた男-』さいふうめい 原案、星野泰視 作、講談社『週刊少年マガジン』掲載(1997年33号月~2004年12月)  太平洋戦争での日……

thumbnail

第77夜 身近な道具が描く、愛しき日本の神々…『ぼおるぺん古事記

「玉のついた矛が国生みを助けたように/玉のついたペンがこの作品を導いてくれるはずだ」 『ぼおるぺん古事記』こうの史代 作、平凡社サイト『ウェブ平凡』掲載(2011年5月~2012年12月)  まだあめつちが分かれぬ時、幾柱かの神が現れては隠れた。やがて現れた二柱の……

thumbnail

第60夜 いまは遠ざかりし、優雅と峻別の時代の恋情を想う…『エマ

 2013/07/03  100夜100漫, ,

「英国はひとつだが中にはふたつの国が在るのだよ/すなわち上流階級以上とそうでないもの/このふたつは言葉は通じれども別の国だ」 『エマ』森薫 作、エンターブレイン『月刊コミックビーム』掲載(2001年12月~2008年2月)  1890年代、英国。ヴィクトリア朝の終……

thumbnail

第59夜 真の自由を問いかける、古代の拳闘…『拳闘暗黒伝セスタス

「アップライトのベタ足/右拳は槍/左拳は盾/古代拳闘には体重(ウエイト)制も回戦(ラウンド)制も存在しない/採点(ポイント)制の判定など概念さえ無かった/時間無制限・完全(K・O)決着が唯一の掟(ルール)だ」 『拳闘暗黒伝セスタス』技来静也 作、白泉社『ヤングアニマ……

thumbnail

第56夜 ほの暗い情念のドラマを超えて暁は到来する…『朝霧の巫女

「柚子/朝霧の「約束」は覚えてるか?/俺はそれを果たすよ/それだけは確かだ/どんなことがあっても/それだけは必ず」 『朝霧の巫女』宇河弘樹 作、少年画報社『ヤングキングアワーズ』掲載(2000年1月~2007年8月)  広島県内陸部に位置する地方都市、三次(みよし……

thumbnail

第47夜 お笑いに彩られた、意外とマジな演義…『SWEET三国志

「天下とって♥」 『SWEET三国志』片山まさゆき 作、講談社『ヤングマガジン増刊海賊版』掲載(1992年~1995年)  ワンス・アポン・ア・タイム、イン・中国、漢の国。劉備玄徳(りゅうび・げんとく)は豪傑の関羽(かんう)、張飛(ちょうひ)と桃園にて義兄弟の契り……

thumbnail

第35夜 目を逸らさず、歩みを止めないということ…『るろうに剣心

「剣は凶器 剣術は殺人術/どんな綺麗事やお題目を口にしても/それが真実――けれども拙者はそんな真実よりも、薫殿の言う甘っちょろい戯れ言の方が好きでござるよ」 『るろうに剣心』和月伸宏 作、集英社『週刊少年ジャンプ』掲載(1994年4月~1999年9月)  明治初期……

広告

広告