漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 変 」 一覧

第160夜 少女の帰還を導くのは、凄惨な楽園の幻視…『クーの世界

「今日もまた/クーの世界で目覚めるんだろうなあ/どうせ夢がつづくなら/ずっとクーの村で暮らしたいなあ/家捜しの旅なんて無駄だよって/夢の中の私に言ってあげられたら……」


クーの世界

『クーの世界』小田ひで次 作、講談社『月刊アフタヌーン』掲載(1999年11月~2000年11月)

 まもなく中学生になる少女、林麗寧(はやし・れねい)は2歳の時に父を亡くし、最愛の兄も亡くしてまだ半年あまり。鬱屈とした気持ちを抱えて過ごしていた。そのためか、浮世離れした幼馴染の雨森亮太(あまもり・りょうた)に対しても、ついぶっきらぼうな態度になってしまう。
 そして、いよいよ入学式を明日にひかえた夜、麗寧は、異様な夢をみる。そこは、見たこともない不思議な生き物ばかりの牧歌的な世界。そして、死んだ兄に瓜二つのクーと、亮太にそっくりのキョムが暮らす世界だった。
 しかも、その翌夜も、その夢の“続き”をみたことに驚く麗寧。この「つづき夢」の中で、自分の家を捜すべく、麗寧はクーとキョムとで旅に出ることになる。
 不思議な道連れを加えながら旅は続き、麗寧はこれが夢なのか否か判然としなくなっていく。クーの世界とは何なのか。兄と幼馴染にそっくりな2人の意味は? 謎を孕みながら、中学へ通う世界とクーの世界は絡まりあい、生と死、過去と現在、自らの光と影が麗寧に去来する−−。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

【一会】『魔法陣グルグル2 2』……魔王とグルグルと、大人になるということ

 例によって少し経ってしまいましたが、これは書かねばなりますまい。  一度は世界を救っちゃった(100夜100漫第28夜)勇者ニケとグルグル使いククリの、二度目のへっぽこ冒険道中も2巻目。前作から登場し、前巻終盤でまさかのパーティー入りを果たしたキタの街の兄妹ザザとミグ……

thumbnail

第154夜 状況の千変万化に踊らず信念を貫け…『絶園のテンペスト

「愛花が殺されたのは不合理だ/魔法も不合理だ/なら二つをぶつければ辻褄が合う/愛花を殺したやつを/この手で殺してやれる」 『絶園のテンペスト』城平京 原作、左有秀 構成、彩崎廉 作画、スクウェア・エニックス『月刊少年ガンガン』掲載(2009年7月~2013年3月) ……

thumbnail

第147夜 ぐちゃぐちゃな、自意識と外界の間で…『空が灰色だから

「物心も付いてない頃/家族で出かけた遠い町 太陽光を浴び黄金色に燃えていた麦畑に今度は私が連れていくから/火が鎮まるまでお話しよう/その後は一緒に流れ星を探そう/古旅館の頼りない窓を優しく開けてせーので見上げた夜空には/星なんてひとつもなくて」 『空が灰色だから』阿……

thumbnail

第136夜 エイリアンたちと、黒く楽しく異文化交流…『レベルE

「現在 地球には数百種類の異星人が飛来している/気づいていないのは地球人だけなのだ/彼らの目的は様々で 国家レベルの策略から個人レベルの研究・犯罪まで多岐にわたる/なかには/何のために地球に来たか忘れてしまった奴も いるだろう」 『レベルE』富樫義博 作、集英社『週……

thumbnail

第132夜 謎と人を愛す、食いしん坊ふたり…『魔人探偵脳噛ネウロ

「…………ねぇネウロ」「何だ」「難しいね/人間って」「フハハハハ/何を突然我が輩のようなセリフを」 『魔人探偵脳噛ネウロ』松井優征 作、集英社『週刊少年ジャンプ』掲載(2005年2月~2009年4月)  女子高生、桂木弥子(かつらぎ・やこ)の日常は突如壊された。父……

thumbnail

第121夜 舞台で融け合う笑いと真剣のエチュード…『犬神もっこす

「…1か0かなんですね/でも/その間にも割り切れない多くの感情が広がっているって思いませんか/1と0の間に広がる/感情の豊穣の/海……」 『犬神もっこす』西餅 作、講談社『モーニング』掲載(2011年10月~2013年2月)  幼い頃から喜怒哀楽の感情が表に出ず、……

thumbnail

第116夜 喜怒哀楽を一緒くたに、画稿に叩きつけろ…『燃えよペン

 2013/10/17  100夜100漫, ,

「一、命がけで描け/一、限界を超えて描け/一、夢を見て描け/一、自信をもって描け/一、思い切って描け/一、食うのを忘れて描け/一、よく寝てから描け/一、明日も描け/一、最後まで描け/一、失敗したら新しいのを描け」 『燃えよペン』島本和彦 作、竹書房『月刊シンバッド』……

thumbnail

第106夜 湯を介し、癒しで繋がる彼方と此方…『テルマエ・ロマエ

「浴場の中で心安らげるかどうかは/共に浸っている人間にかかる部分が大きい…/湯に対して全身全霊を捧げる平たい顔族は/一緒に風呂に入るのに最高の人種ではないか!?」 『テルマエ・ロマエ』ヤマザキマリ 作、エンターブレイン『月刊コミックビーム』掲載(2008年1月~20……

thumbnail

第104夜 ただ白球を追うだけで笑えた日々…『高校球児ザワさん

「おい守口ィ!! 何でアイツは練習後なのにビミョーにイイ匂いすんだよ、ああ゛!?」「いっ…いでででで。知らねッスよ自分は……!」 『高校球児ザワさん』三島衛里子 作、小学館『ビッグコミックスピリッツ増刊号Casual』→『ビッグコミックスピリッツ』掲載(2008年5……

広告

広告