不思議 | 漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫-4ページ

漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 不思議 」 一覧



第127夜 奇想に重ねた、直球ど真ん中な成長ロマン…『美鳥の日々

「い…いや、違う!/何でオレの右手が女になってんだ!?/てゆーか、お前、何でオレのこと知ってんだよ!!!」「あ、あの…/それは…つまり、その…/私、ずっとずっと/か…片思いしてたんです。/セイジ君の事ッ!!」


美鳥の日々 (1) (少年サンデーコミックス)

『美鳥の日々』井上和郎 作、小学館『週刊少年サンデー』掲載(2002年9月~2003年7月)

 楽しい高校生活を送るため、大絶賛彼女募集中の高校2年生、沢村正治(さわむら・せいじ)。しかし、幸か不幸か喧嘩が強いため、「悪魔の右手」「狂犬サワムラ」というあだ名が一人歩きし、大半の女子には恐れられ、声をかけてくるのは舎弟の宮原オサム(みやはら・――)や不良ばかりという体たらくだった。
 このまま右手が恋人は嫌だ、と男泣きするセイジに、どこからか不思議な声が響き、ふと気がつくと彼の右手は女の子になっていた。
 驚きおののくセイジに、はにかみながらも告白する右手の少女。彼女の名は春日野美鳥(かすがの・みどり)。3年もセイジに片思いをしていたが、言い出せずにいた内気な女の子だった。
 常識的に考えてあり得ない状況に戸惑いながらも、それでも次第に適応していくセイジ。一方の美鳥は大好きなセイジと一緒にいられることに大満悦の様子。
 本当に右手が恋人になってしまったセイジだが、気の強いクラスメイトの綾瀬貴子(あやせ・たかこ)、セイジの姉で元暴走族ヘッドの凛(りん)、フィギュアオタクの高見沢修一(たかみざわ・しゅういち)、美鳥の同級生でセイジにあやしい興味を持つ真行寺耕太(しんぎょうじ・こうた)など、彼をめぐる濃い面々が状況を加速させる。ドタバタとトラブルが続く中、セイジと美鳥の奇妙な共同生活の行く末はいかに?

(さらに…)



広告

広告
thumbnail

第114夜 決して相容れず、けれどもかけがえのないもの達…『蟲師

「蟲……?」「ああ/陰より生まれ/陰と陽の境にたむろするモノ共のことだ/それが見える者は少ないが/この世界の隅々にまで/それはいる」 『蟲師』漆原友紀 作、講談社『アフタヌーンシーズン増刊』→『月刊アフタヌーン』掲載(1999年1月(読切)~2008年8月)  蟲……

thumbnail

第106夜 湯を介し、癒しで繋がる彼方と此方…『テルマエ・ロマエ

「浴場の中で心安らげるかどうかは/共に浸っている人間にかかる部分が大きい…/湯に対して全身全霊を捧げる平たい顔族は/一緒に風呂に入るのに最高の人種ではないか!?」 『テルマエ・ロマエ』ヤマザキマリ 作、エンターブレイン『月刊コミックビーム』掲載(2008年1月~20……

thumbnail

第102夜 脱力オチが、疲れた心にじわりと効く…『しょんぼり温泉

「また来てねー」 『しょんぼり温泉』小田扉 作、集英社『ジャンプスクエア』掲載(2009年11月~2012年1月)  諸堀(もろほり)温泉は、かつてはドラマのロケ地になったものの、特に目玉となる観光スポットもなく、ガイドマップは20年前に作られたきりという寂れた温……

thumbnail

第94夜 陰惨な謎に挑むのは1人?2人?…『人形草子あやつり左近

「人形遣いは人間遣い/腹話術は読心術/真似るのは声色だけでなく内なる声」 『人形草子あやつり左近』写楽麿 原作、小畑健 漫画、集英社『週刊少年ジャンプ増刊』→『週刊少年ジャンプ』掲載(1995年4月[読切掲載]~1996年4月)  引っ込み思案で気弱な性格の橘左近……

thumbnail

第91夜 鈍く終局する世界を見て歩くもの…『ヨコハマ買い出し紀行

「この数年で世の中も随分変わったわ/時代の黄昏が/こんなにゆったり来るものだったなんて/私は多分/この黄昏の世をずっと見ていくんだと思う/私には/時間はいくらでもあるからね」 『ヨコハマ買い出し紀行』芦奈野ひとし 作、講談社『月刊アフタヌーン』掲載(1994年4月[……

thumbnail

第79夜 貧乏とUFOと…『NieA_7ニア アンダーセブン)』

 2013/07/22  100夜100漫, , ,

「人はパンのみにて生くるにあらず?」「疑問形かよ!!/パン買えない人が言うな!!」 『NieA_7(ニア アンダーセブン)』安倍吉俊+g(ジェロニモ本郷)k(糞先生) 作、角川書店『月刊エースネクスト』掲載(1999年9月~2000年12月)  大学受験に失敗した……

thumbnail

第77夜 身近な道具が描く、愛しき日本の神々…『ぼおるぺん古事記

「玉のついた矛が国生みを助けたように/玉のついたペンがこの作品を導いてくれるはずだ」 『ぼおるぺん古事記』こうの史代 作、平凡社サイト『ウェブ平凡』掲載(2011年5月~2012年12月)  まだあめつちが分かれぬ時、幾柱かの神が現れては隠れた。やがて現れた二柱の……

thumbnail

第72夜 猫による夏宵の永遠軌道…『銀河鉄道の夜-最終形・初期形

「カムパネルラ また僕たち二人きりになったねえ/どこまでもどこまでも一緒に行こう」 『銀河鉄道の夜』宮沢賢治 原作、ますむらひろし 作、朝日ソノラマ(最終形1983年10月、初期形1985年8月)  学校へ通うジョバンニは、漁に出て消息が分からない父と、病気で臥せ……

thumbnail

第46夜 淡々と、ただならない日常は過ぎゆく…『あずまんが大王

「そんなんじゃありませんのだ」 『あずまんが大王』あずまきよひこ 作、メディアワークス(現アスキー・メディアワークス)『月刊コミック電撃大王』掲載(1998年12月~2002年3月)  恐らくは関東にある、どこかの共学高校。そこで繰り広げられる、とも、ちよ、よみ、……



広告

広告