不思議 | 漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫-3ページ

漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 不思議 」 一覧



第163夜 菌と人間、遠いけれども楽しい学びの道…『もやしもん

「この学校はスゴいよ/いろんな人がいろんな意志で支えあってみんなで遊んでるんだね」


もやしもん(13)限定版 (講談社キャラクターズA)

『もやしもん』石川雅之 作、講談社『イブニング』→同『月刊モーニングtwo』掲載(2004年7月~2014年1月)

 この春、晴れて東京の某農業大学(これが正式名称)に入学した沢木惣右衛門直保(さわき・そうえもん・ただやす)は、味噌や醤油などの醸造食品の製造に用いられる種麹(たねこうじ)を扱う種麹屋の次男坊。彼は、普通は顕微鏡でなければ見ることのできない菌やウィルスを、デフォルメされた人の指ほどのキャラクターとして認識し、会話もできれば指で摘むこともできるという超能力を持っていた。
 一緒に入学した幼馴染で造り酒屋の息子、結城蛍(ゆうき・けい)とともに、直保はまず、祖父の旧友にして某農大教授の樹慶蔵(いつき・けいぞう)の研究室を訪ねることにする。2人を待っていたのは、菌類によるテラフォーミング(惑星環境改変)を提唱し、農を語り出すと止まらない、ちょっとヘンな樹教授だった。樹が新たに構える発酵蔵(はっこうぐら)を拠点に、直保と蛍、院生の長谷川遥(はせがわ・はるか)と、ただ1人の樹ゼミ生の3年生、武藤葵(むとう・あおい)、直保の能力でぼろ儲けを企んでは失敗する学部2年の美里薫(みさと・かおる)と川浜拓馬(かわはま・たくま) 、除菌大好きな1年の及川葉月(おいかわ・はづき)たちの、菌と「かもし」の日々が始まるのだった。
 キビヤックにホンオフェ、シュールストレミングなどオリンピック級の臭いを誇る食べ物。味噌に醤油、味醂に酢などの調味料。そして焼酎、ワイン、ビールに日本酒といったアルコール類。食べ物以外にもパンデミカルな感染症まで、時には世界を巡って菌たちによる多種多様な活躍ぶりに触れつつも、自由でお祭り好きな某農大の学風もあって常にお祭り騒ぎ、時には海外にまで飛び出して、少しばかりは将来を思ったりもしつつ、彼らの1年間は過ぎゆく――。

(さらに…)



広告

広告
thumbnail

第162夜 憎しみと受容と愛をもって全天を仰げ…『ほしにねがいを

「私達みんなひとつだったんです」「あ! もしかして……ビッグバンの前の事?」「今もひとつです/私達みんな違うけどひとつ−−/ここの宇宙もその他の宇宙も/草木も虫も/鳥も魚も海も土も/マグマも時間も/空間も暗黒も/私も輝くんも/有るのはみんなひとつ−−/ただ/それを言葉で分けている……

thumbnail

第161夜 ネタの嵐がもたらす奇妙な詩情…『平成義民伝説 代表人

「魚権(ウォーケン)は自分に誓った/イガラシのために命をかけて「シャクレル」と/そして/イノキとイノチは/ちょっと似ている/と思った」 『平成義民伝説 代表人』木多康昭 作、講談社『週刊少年マガジン』掲載(2002年2月~同5月)  国民的男性アイドルユニットIG……

thumbnail

第160夜 少女の帰還を導くのは、凄惨な楽園の幻視…『クーの世界

「今日もまた/クーの世界で目覚めるんだろうなあ/どうせ夢がつづくなら/ずっとクーの村で暮らしたいなあ/家捜しの旅なんて無駄だよって/夢の中の私に言ってあげられたら……」 『クーの世界』小田ひで次 作、講談社『月刊アフタヌーン』掲載(1999年11月~2000年11月……

thumbnail

【一会】『夜とコンクリート』……自然と人工物を並べる美しさ

 標題作。不眠気味の建築士の、少し疲れてやがて眠れる一夜。  「夏休みの町」。暇暇な大学生たちと、丘の上の戦闘機とお爺さん。からの、反転。  「青いサイダー」。つんけんした母親に色々言われながらも、空想に遊ぶ僕少女。と、屋上のおじさん。  「発泡酒」。その時の“本当……

thumbnail

第147夜 ぐちゃぐちゃな、自意識と外界の間で…『空が灰色だから

「物心も付いてない頃/家族で出かけた遠い町 太陽光を浴び黄金色に燃えていた麦畑に今度は私が連れていくから/火が鎮まるまでお話しよう/その後は一緒に流れ星を探そう/古旅館の頼りない窓を優しく開けてせーので見上げた夜空には/星なんてひとつもなくて」 『空が灰色だから』阿……

thumbnail

第146夜 スパイスの香りに、みんなが集まる…『今日、カレー!

「やっぱりおなじがいいね」「ん?」「あのね/やっぱり/おなじものを おいしいって おもうって/なんか うれしいね」 『今日、カレー!』縞野やえ 作、マッグガーデン『月刊コミックブレイド』掲載(2011年9月~2012年2月)  美しい自然に囲まれ、採れる魚も野菜も……

thumbnail

第136夜 エイリアンたちと、黒く楽しく異文化交流…『レベルE

「現在 地球には数百種類の異星人が飛来している/気づいていないのは地球人だけなのだ/彼らの目的は様々で 国家レベルの策略から個人レベルの研究・犯罪まで多岐にわたる/なかには/何のために地球に来たか忘れてしまった奴も いるだろう」 『レベルE』富樫義博 作、集英社『週……

thumbnail

第127夜 奇想に重ねた、直球ど真ん中な成長ロマン…『美鳥の日々

「い…いや、違う!/何でオレの右手が女になってんだ!?/てゆーか、お前、何でオレのこと知ってんだよ!!!」「あ、あの…/それは…つまり、その…/私、ずっとずっと/か…片思いしてたんです。/セイジ君の事ッ!!」 『美鳥の日々』井上和郎 作、小学館『週刊少年サンデー』掲……

thumbnail

第114夜 決して相容れず、けれどもかけがえのないもの達…『蟲師

「蟲……?」「ああ/陰より生まれ/陰と陽の境にたむろするモノ共のことだ/それが見える者は少ないが/この世界の隅々にまで/それはいる」 『蟲師』漆原友紀 作、講談社『アフタヌーンシーズン増刊』→『月刊アフタヌーン』掲載(1999年1月(読切)~2008年8月)  蟲……



広告

広告