漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 友情 」 一覧

【一会】『少女ファイト 13』……やりかたは、1つじゃない

ポストカードブック付き 少女ファイト(13)特装版 (プレミアムKC イブニング)

 裏表紙に配された「悪役を演じきれますか?」という警句も小気味よく、図らずも高校女子バレー界のヒール的役どころを引き受ける黒曜谷高校バレー部を中心に描かれるハイセンス&メンタルな女子高生バレー漫画『少女ファイト』。12巻の時の予想通りぴったり1年で、この5月末に最新刊の13巻が刊行となりました。
 今巻の特装版の付録はポストカードブック。表紙は黒曜谷が対戦している山吹矢高校チームより柴田このみ(しばた・――)と早乙女花子(さおとめ・はなこ)のコンビです。ちなみに通常版は、黒曜谷最強世代から村上環(むらかみ・たまき)。今巻後半では繭と一緒に楽しく(?)春高を観戦する様子が描かれています。また、毎度なにかしらのネタが仕込んである各話サブタイトルですが、今巻は新旧織り交ぜた映画のタイトルのパロディかと思います。

 中身に入りましょう。今巻では2つの試合とその間のエピソードが描かれていますが、ページ数的にメインは前巻から継続の黒曜谷VS山吹矢戦と云っていいかと思います。
 全員が元漫研、作中のバレー漫画『エドガワ排球団』へのファン心が高じて春高出場を果たしてしまったという異色の山吹矢高校ですが、彼女達に対するギャラリーの反応は結構辛辣だったり。バレー一筋に取り組んできた側からすると、「オタクチーム」呼ばわりしたくなる気持ちも解ります。
 しかし、彼女たちが実力でのし上がってきたことは紛れもない事実です。実際、チームの精神的支柱であるレフト・このみは、白雲山学園にいる姉・あかりに比肩する身体能力の持ち主ですし、同じくレフト・花子のスパイクは練を魅了してしまうほど。決して色物チームではなく強敵です。
 そんな山吹矢のプレーから、“なぜバレーをするのか”という根本的な問いにとらわれたルミは動揺しますが、これまでも何かと対話する機会が多かった志乃が力付けます。自分なりの答えを出した彼女の表情は、以前より晴れ晴れとしているような。

(さらに…)

広告

広告

広告

広告