漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 友情 」 一覧

【一会】『ダンジョン飯 6』……諍いと死闘、そして更なる深層へ

ダンジョン飯 6巻 (ハルタコミックス)

 古き良きファンタジーRPG的な世界観のもと、地下迷宮で魔物を食べるという要素を中心に据えた冒険物語として始まり、次第にダンジョンという概念自体を再検討する意識が顕わとなってきた九井諒子氏の『ダンジョン飯』。少し間が空きましたが4月に刊行された6巻について書きたいと思います。

 ようやく救出したファリンと語り合う間もなく、再び彼女と離ればなれになったライオス一行。明らかに常軌を逸したファリンの様子は、マルシルの用いた古代魔術のためか、あるいはダンジョンそのものの経緯によるものか。その辺りはまだ判然としませんが、このままではファリンの再救出は覚束ないとライオスは判断しました。ようやく見つけた上り階段の手前で鋭気を養っていた一行に、かつての仲間シュロー・野心家カブルーの連合パーティーが行き会ったところから、今巻は始まります。

 以前からライオスのやり方に懐疑的だったカブルーですが、直接ライオスと話して少し静観することに決めた様子。シュローも別にライオス達とケンカ別れしたつもりでもないようで、再会は比較的和やかな雰囲気です。
 ファリンへの好意から、シュローは食べるものも食べずに進んできたらしく。そんな彼を気遣ったライオスの一言で、大所帯での食事の準備が進められます。その間ライオスは、これまでの経緯をシュロー・カブルーに聞かれるままに答えることに。炎龍(レッドドラゴン)を倒し、ファリンを蘇生させたまではよかったものの、その後“狂乱の魔術師”に襲われ、ファリンはさらにダンジョンの深部に連れ去られてしまいました。魔物食の話も交えつつライオスは語りますが、ファリンの蘇生にマルシルが古代魔術を用いたことは、軽々には口にできません。カブルーには外してもらって、旧知のシュローにだけ明かすことにしたようです。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

【一会】『少女ファイト 13』……やりかたは、1つじゃない

 裏表紙に配された「悪役を演じきれますか?」という警句も小気味よく、図らずも高校女子バレー界のヒール的役どころを引き受ける黒曜谷高校バレー部を中心に描かれるハイセンス&メンタルな女子高生バレー漫画『少女ファイト』。12巻の時の予想通りぴったり1年で、この5月末に最新刊……

広告

広告