恐怖 | 漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 恐怖 」 一覧



【一会】『双亡亭壊すべし 2』……〈双亡亭〉突入。そこで待つのは絶望か

双亡亭壊すべし 2 (少年サンデーコミックス)

 東京都内に建つ謎の建築物〈双亡亭〉をめぐり、絵本作家志望の青年、〈双亡亭〉に立ち入ってしまった少年、その姉で退魔の力を有する〈刀巫覡(かたなふげき)〉の少女、そして、時の彼方から還ってきた少年、といった人物たちによって紡がれる“おばけ屋敷”ホラー漫画『双亡亭壊すべし』。もう先々月の話になってしまいましたが、2巻が10月下旬に発刊になりました。遅ればせながら、語ってみたいと思います。

 〈双亡亭〉の隣のアパートで暮らす、美大を出たばかりの青年・凧葉務(たこは・つとむ)。〈双亡亭〉敷地内の別宅に引っ越してきた少年・立木緑朗(たちき・ろくろう)と知り合った彼は、緑朗に軽い気持ちで〈双亡亭〉内を探検してはと勧めます。しかし、それが2人を〈双亡亭〉の呪縛に囚われることに繋がったのでした。
 ほぼ時を同じくして、〈双亡亭〉に因縁のある首相の斯波(しば)、防衛相の桐生による〈双亡亭〉破壊プロジェクトが発動します。弟の緑朗を案じて九州から駆けつけた刀巫覡の柘植紅(つげ・くれない)はこれに呼応、〈双亡亭〉破壊の特別工作班に参加することに。
 一方、〈双亡亭〉内での経験により心身に変調をきたした緑朗と、双亡亭が爆撃された夜、45年前の飛行機事故から当時の姿のまま生還し、超常的な力を有する凧葉青一(たこは・せいいち)の2人もまた、〈双亡亭〉破壊への執念が一致。政府の作戦とは別に〈双亡亭〉破壊のために現地を目指すのでした。

(さらに…)



広告

広告
thumbnail

【一会】『双亡亭壊すべし 1』……何を憎み、何ゆえ破壊を願うのか

 『うしおととら』(100夜100漫第64夜)『からくりサーカス』(第27夜)『月光条例』(一画一会第26巻以降)など、藤田和日郎先生の作品には多く言及してきましたが、先月、新たな連載作品の1巻が刊行されました。ひと月ばかり遅くなりましたが、読んで思ったことを述べようと思……

thumbnail

第188夜 独りで穏やかに生きていける、つもりだった…『ヒミズ

「ねぇ・・・・何かないの? ・・・・有名になりたいとか/お金持ちになりたいとか・・・・若者らしいフレッシュなヤツは」「ないね」「オレはモグラのようにひっそりと暮らすんだ・・・・・・・・」 『ヒミズ』古谷実 作、講談社『ヤングマガジン』掲載(2001年1月~2002年……

thumbnail

【一会】『ゾンビ取りガール 2』……あれ? 「成功」してるし恰好いい…?

 1巻もよかったのですが、2巻でぴたりと軸が決まった気がするので書き留めます。  ゾンビが出る世の中、全国区では知らない人の方が多そうな東京都下(田無とか小平あたり?)を舞台に展開する、ゾンビ的事象に対処する零細企業「ゾンビバスターズ」の物語も2巻目。1巻が出たのが昨年……

thumbnail

第172夜 不気味で偉大な、その図形から逃げられない…『うずまき

「最近オレ、この町がいやでしょうがないんだ。/この町にいたらどうにかなっちまうぜ。」「どうして?」「どうしてって…君は何も感じないのか?/オレは昼間、この町を離れているからよけいに感じる…/この町の駅のホームに降りたつたびにめまいを覚える…/この町はオレを幻惑しようとしている…!……

thumbnail

第147夜 ぐちゃぐちゃな、自意識と外界の間で…『空が灰色だから

「物心も付いてない頃/家族で出かけた遠い町 太陽光を浴び黄金色に燃えていた麦畑に今度は私が連れていくから/火が鎮まるまでお話しよう/その後は一緒に流れ星を探そう/古旅館の頼りない窓を優しく開けてせーので見上げた夜空には/星なんてひとつもなくて」 『空が灰色だから』阿……

thumbnail

第114夜 決して相容れず、けれどもかけがえのないもの達…『蟲師

「蟲……?」「ああ/陰より生まれ/陰と陽の境にたむろするモノ共のことだ/それが見える者は少ないが/この世界の隅々にまで/それはいる」 『蟲師』漆原友紀 作、講談社『アフタヌーンシーズン増刊』→『月刊アフタヌーン』掲載(1999年1月(読切)~2008年8月)  蟲……

thumbnail

第18夜 泥濘に蒔かれた種が見出す“よすが”のかたち…『漂流教室

「お母さん……ぼくの一生のうちで、二度と忘れることのできないあの一瞬を思う時、どうしても、それまでのちょっとしたできごとの数々が強い意味をもって浮かびあがってくるのです。」 『漂流教室』楳図かずお 作、小学館『週刊少年サンデー』掲載(1972年5月~1974年6月)……



広告

広告