漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 恐怖 」 一覧

【一会】『白暮のクロニクル 10』……イヴの決着

白暮のクロニクル 10 (ビッグコミックス)

 厚生労働省の夜間衛生管理課(通称「やえいかん」)の新人・伏木あかり(ふせぎ・――)と、その夜衛管が管轄する不死人種“オキナガ”の少年(に見えて中身は88歳の“ご老人”)雪村魁(ゆきむら・かい)。このバディを中心に、12年ごとに女性を惨殺するシリアルキラー「羊殺し」の追跡を描くファンタジック社会派ミステリ『白暮のクロニクル』も10巻が刊行となりました。まぁ、刊行は1月末(2月?)の話なのですが、ようやく概要と感想を書き留めようと思います。

 あかりの行方が分からなくなり、不穏な空気が流れていた前巻ラスト。今巻の物語はその少し前、クリスマス・イヴ直前の夜から始まります。
 先輩職員の気遣いで早めに職場を後にしたあかりが向かったのは新宿。先日からオキナガ登録をめぐって彼女に接近している、あやしげなオキナガ桔梗凪人(ききょう・なぎと)と会って、登録を促そうと考えたのでしょう。
 桔梗の云うところの2人の「デート」は、映画(これは…『シ○・ゴ○ラ』?)に喫茶店という王道コース。王道というか昭和コースって感じかもしれませんが。550歳だという古いオキナガである桔梗の、現代へのキャッチアップはその辺りで止まっているのかもしれません。
 喫茶店で、あかりは桔梗に「長命者登録申請書」を書かせようとします。話の流れから、桔梗の過去がちらり。まだオキナガにナリアガる前の彼には、お姉さんが居たようです。
 書類完成のためには現住所を確認しなければ、ということで、あかりは桔梗とともに彼の現在の住処へと向かいます。前巻から読んでいれば嫌な予感がぷんぷんなのですが。
 果たして、ここで桔梗の正体が明かされます。ここではぼやかしておきますが(果たしてぼやかしになっているのか疑問ですが)、彼はまさしく「最重要参考人」と云っていいでしょう。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

【一会】『双亡亭壊すべし 3』……人は、辛い過去の奴隷ではない

 東京都豊島区にある“おばけ屋敷”、双亡亭が引き起こす奇怪な凶事と、そこに巻き込まれ、これを破壊せんとする人間たちのドラマ『双亡亭壊すべし』の3巻が、1月に刊行されました。ついに双亡亭内に侵入した駆け出し絵描きの青年・凧葉務(たこは・つとむ)と魔を払う〈刀巫覡(かたなふげ……

thumbnail

【一会】『双亡亭壊すべし 2』……〈双亡亭〉突入。そこで待つのは絶望か

 東京都内に建つ謎の建築物〈双亡亭〉をめぐり、絵本作家志望の青年、〈双亡亭〉に立ち入ってしまった少年、その姉で退魔の力を有する〈刀巫覡(かたなふげき)〉の少女、そして、時の彼方から還ってきた少年、といった人物たちによって紡がれる“おばけ屋敷”ホラー漫画『双亡亭壊すべし』。……

thumbnail

【一会】『双亡亭壊すべし 1』……何を憎み、何ゆえ破壊を願うのか

 『うしおととら』(100夜100漫第64夜)『からくりサーカス』(第27夜)『月光条例』(一画一会第26巻以降)など、藤田和日郎先生の作品には多く言及してきましたが、先月、新たな連載作品の1巻が刊行されました。ひと月ばかり遅くなりましたが、読んで思ったことを述べようと思……

thumbnail

第188夜 独りで穏やかに生きていける、つもりだった…『ヒミズ

「ねぇ・・・・何かないの? ・・・・有名になりたいとか/お金持ちになりたいとか・・・・若者らしいフレッシュなヤツは」「ないね」「オレはモグラのようにひっそりと暮らすんだ・・・・・・・・」 『ヒミズ』古谷実 作、講談社『ヤングマガジン』掲載(2001年1月~2002年……

thumbnail

【一会】『ゾンビ取りガール 2』……あれ? 「成功」してるし恰好いい…?

 1巻もよかったのですが、2巻でぴたりと軸が決まった気がするので書き留めます。  ゾンビが出る世の中、全国区では知らない人の方が多そうな東京都下(田無とか小平あたり?)を舞台に展開する、ゾンビ的事象に対処する零細企業「ゾンビバスターズ」の物語も2巻目。1巻が出たのが昨年……

thumbnail

第172夜 不気味で偉大な、その図形から逃げられない…『うずまき

「最近オレ、この町がいやでしょうがないんだ。/この町にいたらどうにかなっちまうぜ。」「どうして?」「どうしてって…君は何も感じないのか?/オレは昼間、この町を離れているからよけいに感じる…/この町の駅のホームに降りたつたびにめまいを覚える…/この町はオレを幻惑しようとしている…!……

thumbnail

第147夜 ぐちゃぐちゃな、自意識と外界の間で…『空が灰色だから

「物心も付いてない頃/家族で出かけた遠い町 太陽光を浴び黄金色に燃えていた麦畑に今度は私が連れていくから/火が鎮まるまでお話しよう/その後は一緒に流れ星を探そう/古旅館の頼りない窓を優しく開けてせーので見上げた夜空には/星なんてひとつもなくて」 『空が灰色だから』阿……

thumbnail

第114夜 決して相容れず、けれどもかけがえのないもの達…『蟲師

「蟲……?」「ああ/陰より生まれ/陰と陽の境にたむろするモノ共のことだ/それが見える者は少ないが/この世界の隅々にまで/それはいる」 『蟲師』漆原友紀 作、講談社『アフタヌーンシーズン増刊』→『月刊アフタヌーン』掲載(1999年1月(読切)~2008年8月)  蟲……

thumbnail

第18夜 泥濘に蒔かれた種が見出す“よすが”のかたち…『漂流教室

「お母さん……ぼくの一生のうちで、二度と忘れることのできないあの一瞬を思う時、どうしても、それまでのちょっとしたできごとの数々が強い意味をもって浮かびあがってくるのです。」 『漂流教室』楳図かずお 作、小学館『週刊少年サンデー』掲載(1972年5月~1974年6月)……

広告

広告