ファンタジー | 漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫-4ページ

漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 ファンタジー 」 一覧



第197夜 孤独の夜を越えて、愛しい風よ吹け…『神風怪盗ジャンヌ

私は強い/だからひとりで大丈夫/だけど 「……っ」 だけどね/ほんとうは―――… 「ずっと“勇気がほしかった”…/逃げ出さずに朝を待つ勇気…/自分の心と向き合う勇気…/誰かを信じて頼れる勇気が/ほしかった…」


神風怪盗ジャンヌ (1) (りぼんマスコットコミックス (1100))

『神風怪盗ジャンヌ』種村有菜 作、集英社『りぼん』掲載(1998年1月~2000年6月)

 容姿端麗にして成績優秀、新体操部でも活躍する高校生、日下部まろん(くさかべ・――)。彼女には秘密があった、夜ごと巷を騒がす絵画専門の怪盗ジャンヌとは、すなわち彼女の変身した姿なのだ。
 しかし、彼女の盗みは私欲ではない。準天使を名乗るフィン・フィッシュから、自分がかのジャンヌ・ダルクの生まれ変わりだと告げられた彼女が盗むのは、魔王によって絵画の中に潜まされた悪魔たち。遥か昔から世界を手に入れようとしてきた魔王が、神の命の源たる人間の「美しいと思う心」を蝕むために放ったそれら悪魔を“チェックメイト”して回収し、失われつつある神の力を取り戻すことが、彼女の使命なのだ。
 マンションの隣室に住む親友にして刑事の娘、東大寺都(とうだいじ・みやこ)に追われつつ使命をこなすジャンヌ=まろん。そんな彼女の前にある日、名古屋稚空(なごや・ちあき)と名乗る少年が現れる。「俺とつきあわない?」と軟派な態度をとる稚空に、まろんは困惑する。さらに、ジャンヌの前には黒天使アクセス・タイムと行動を共にする謎の怪盗シンドバッドが現れ“チェックメイト”勝負を挑んできて、彼女の日々は俄かに波乱含みに。
 徐々に稚空に惹かれ、「君に怪盗をやめさせたい」と云うシンドバッドと共闘することもありながら、まろんは他人を信じきれない。そこには彼女の哀しい生い立ちが影を落としていた。さらに、高校教師、紫界堂聖(しかいどう・ひじり)や悪魔騎士ノインの登場により、まろんとしてもジャンヌとしても彼女は動揺を深めていく。
 そして明かされる真実。打ちひしがれた彼女を、彼らはそれぞれの在り方で見守る。ある孤独と愛をめぐる戦いの、最終局面が近づいていた。

(さらに…)



広告

広告
thumbnail

第196夜 世界を憂う躁状態に、笑って唖然…『エクセル・サーガ

「出たな権力の手先!」「……いいけどよ」「ええと!/とりあえず名を名乗れっ」「個人情報は答えられないわ/市役所の方から来た者よ」「ほんに胡散臭いな/わしら」 『エクセル・サーガ』六道神士 作、少年画報社『ヤングキング アワーズ』掲載(1996年6月~2011年7月)……

thumbnail

【一会】『純潔のマリア exhibition』……魔女マリアをめぐる、彼女や彼のイイハナシ

 イギリスとフランスによる百年戦争を背景に、平和を願う魔女にして純潔の乙女マリアが、小生意気な使い魔たち、戦に迎合する魔女たち、兵士ジョセフ、天の御使い達と奮闘したり対立したりしつつ2013年夏に本編完結を迎えた『純潔のマリア』(100夜100漫第134夜)。その後に発表……

thumbnail

第192夜 その“ヘンなの”と過ごした日々を忘れない…『のらみみ

「やっぱりアレですか。/居候するならドジでメガネでひとりっ子の男の子ですか?」「そりゃあもちろん。/キャラならみんなが憧れる環境じゃないですかね。」「僕、ひとりっ子とドジっていうのはなんとなくわかるんですけど、/メガネの理由がわかんないんですよね。」「さあ…おいらにも説明はできな……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 12』……絶大なり、漆黒の力

 アニメの人気が盛り上がっていますが、漫画本編の物語も一つのクライマックスと思われる『七つの大罪』、前巻から2か月おいての刊行。ちなみに限定版には、全キャラ誕生日付き2015年日めくりカレンダーが付いています。  今巻は、バンとメリオダスによる“大罪”同士の闘いに始……

thumbnail

【一会】『進撃の巨人 15』……それは誰が為の“選択”か

 考えてみたら、作品そのものについて言及するのは初めてです、『進撃の巨人』。  人類を脅かす強大な巨人が闊歩する“壁”の外と、母を殺され全ての巨人を駆逐せんと怒りに燃えるエレン・イェーガー、その幼馴染で卓越した戦闘能力を有すミカサ・アッカーマン、同じく幼馴染で体力的には……

thumbnail

【一会】『魔法陣グルグル2 3』……最古にして最も有名な友達

 2巻から8か月を経ての刊行となった、メルヘンチックとオヤジチックの共存が相変わらずカオスな魅力の『グルグル2』。前作『魔方陣グルグル』の新装版も出揃ったので、『2』から入った読者も安心といったところでしょうか。  サビーナ王国での惨劇(笑)から人々を救うため、そして魔……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 11』……“ただの言葉”が力になる時

 今月5日からのテレビアニメの影響がやはりすごい『七つの大罪』。勢いづいたところで11巻の刊行となりました。今巻を思い切り圧縮すると、王都での“七つの大罪”VS聖騎士の闘いに一応の決着が……と思いきや、魔神の血によって、事態は更に混迷を極めていく――といったところでし……

thumbnail

【一会】『ギガントマキア』……全存在を巻き込んだリングのただ中で、咆える

 『ベルセルク』があまりにも有名な、というか、それ以外の作品はこのところ手がけておられなかった三浦健太郎氏ですが、数えてみれば今作が実に24年ぶりとのこと。武論尊氏の原作で書いた『ジャパン』以来ということになるんでしょうか。24年という年月を思えば、そりゃ自分(1……

thumbnail

第179夜 夜明けを呼ぶのは、異能ではなく決意…『黎明のアルカナ

「この力は奇跡なんかじゃないわ/だから私が/奇跡に変えてやるの」「私の命は/あなたのもの/ナカバ様の心のままに」「ありがとう/ロキ」 『黎明のアルカナ』藤間麗 作、小学館『Cheese!』掲載(2009年1月~2013年6月)  人と、半獣半人の種族、亜人が暮らす……



広告

広告