漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 家族 」 一覧

【一会】『いぬやしき 9』……束の間の平穏、そして迫る大災厄

いぬやしき(9) (イブニングKC)

 普通の人間だった初老男性と男子高校生が、異星人が起こしたアクシデントによって高性能のアンドロイド化。それぞれ極に振れた2人を対比し、人智を超えた能力を誇る機械となった男子高校生・獅子神皓(ししがみ・ひろ)の暴走を食い止めようとする初老男性・犬屋敷壱郎(いぬやしき・いちろう)の活躍を描く“おとうさん英雄譚”が、本作『いぬやしき』です。
 今秋アニメ化も決定しているこの漫画の9巻が、8巻の予告通り5月に出ました。今更ですが、読んだ感想を書いておきたいと思います。
 ちなみに、今巻にはカラーコミック付きの特装版が存在します。2年ほど前に『マガジン』に掲載された出張読切に着彩したもののようですが、内容的にはダークヒーロー皓のサイドストーリーといったところかと。

 それはそうと、今巻の話に入りましょう。
 皓が飛行機を落とし、さらに皓と壱郎が闘ったことで東京の街には甚大な被害が出ました。当然、命を落とした人もたくさん居るのですが、壱郎はそうした死者や怪我人たちを次々に治療していき、即座にネットで共有されて文字通り「神」と呼ばれることに。
 そんな彼の脳裏に去来するのは、これまでの人生でした。58年生きてきた意味は今この時のためにあったと彼は独白して涙を流すのですが、人の命を大切と感じる彼の性格は、どのように培われてきたのでしょうか。そこも気になりますし、もっと気になるのは彼の涙でしょう。その悲しそうにも見える表情からは、もしかしたら言葉とは裏腹に、自分の今の境遇(≒アンドロイド化してしまったこと)を強引に「よかった」と思い込もうしているようにも、思われます。
 ともあれ、事態は沈静化されました。ネット上で壱郎は有名人になったようですが、彼の家族は、直に壱郎の活躍を見た麻理以外はまだ何も知らない様子です。そして一方、壱郎にやられた皓の方も、完全に斃れたわけではありませんでした。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

【一会】『月影ベイベ 9(完)』……一切は、楽の音と共に流れていきます

 毎年9月初頭に行われる富山市八尾の風習「おわら風の盆」までの季節を舞台に、高校生の佐伯光(さえき・ひかる)と峰岸蛍子(みねぎし・ほたるこ)を始めとした「おわら」に親しむ高校生たちと、それを見守る光の伯父にあたる佐伯円(――・まどか)を始めとした大人たちの群像も描いた……

thumbnail

【一会】『いぬやしき 8』……意識不在の決戦

 普通の人間だった初老男性と男子高校生が、異星人が起こしたアクシデントによって高性能のアンドロイド化。一方は人を救い、一方は人を殺すという両極に振れた彼らの対比と対決を描く『いぬやしき』の8巻が、1月に刊行されました。色々あって4か月も経ってしまいましたが、その概要と感想……

thumbnail

【一会】『アルテ 6』……まずは自分の場所で

 ルネサンス末期の16世紀。その古典文化復興の中心地となったイタリアの、男社会な絵画界に、ひとり飛び込んだ貴族の娘アルテを描く絵画修行漫画『アルテ』。1月に6巻が刊行となりました。読んで思ったことを書きたいと思います。  師匠レオのアトリエに住み込んで研鑽を積んでい……

thumbnail

【一会】『月影ベイベ 8』……母への想いと告白の舞

>  富山県富山市八尾に伝わる、越中おわら節に乗せて人々が舞う祭「おわら 風の盆」。その「おわら」をモチーフに、高校生の佐伯光(さえき・ひかる)と峰岸蛍子(みねぎし・ほたるこ)、光の伯父にあたる佐伯円(――・まどか)らの関係を描く『月影べイベ』。8巻が出たのも昨年の話に……

thumbnail

【一会】『Spotted Flower 2』……“攻略法”と、(ある意味)危険な後輩が夫に迫る

 二次元ヲタクな夫と、“一般人”で妊娠中の妻。名前こそ明らかにされていませんが、どこかで見たような(具体的には作者の代表作『げんしけん』[100夜100漫第3夜]の斑目さんと春日部さん方面)夫婦の、割と赤裸々な欲求と不満な日々を軽妙に描いた『Spotted Flower』……

thumbnail

【一会】『3月のライオン 12』……竜の奮迅、死神の親愛

 15歳でプロ棋士になり、どうにか無事に高校を卒業した桐山零(きりやま・れい)と棋士たちによる戦いの日常と、あかり・ひなた・モモの3姉妹を中心とした川本家の日々を織り交ぜて、人々の人生の悲喜を描く『3月のライオン』。ちょうど1年ぶりの9月末に新刊の刊行となりました。アニメ……

thumbnail

【一会】『いぬやしき 6』……地上で、宇宙で、迫る破滅の時

 エイリアンと思しき存在による事故に巻き込まれたため、超ハイスペックなアンドロイドとなってしまった初老の会社員・犬屋敷壱郎(いぬやしき・いちろう)と高校生の獅子神皓(ししがみ・ひろ)。銃をものともしない戦闘能力と、難病すら完治させる治療能力を有する彼らそれぞれの、“生きて……

thumbnail

【一会】『3月のライオン 11』……対峙の果てと残された者の虚脱

 17歳の少年プロ棋士、桐山零(きりやま・れい)の孤独な戦いと棋士の世界、そして、そんな零を家族のように受け入れる、あかり・ひなた・モモの3姉妹を中心とする川本家のドラマを描く『3月のライオン』。前巻から9か月ほどで新刊の刊行となりました。刊行からひと月ほど経ってしまいま……

thumbnail

【一会】『月影ベイベ 5』……“何てことのない”悲劇と、大人の素直さ

 北陸新幹線が開通し、「取材がだいぶ楽になりそう」との作者コメントが記された、富山県八尾を舞台とした伝統舞踊“おわら”の物語、その5巻が過日刊行となりました。  1巻以来語られてきた、佐伯光(さえき・ひかる)と峰岸蛍子(みねぎし・ほたるこ)、光の叔父である佐伯円(――・……

広告

広告