黒い | 漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 黒い 」 一覧



【一会】『白暮のクロニクル 10』……イヴの決着

白暮のクロニクル 10 (ビッグコミックス)

 厚生労働省の夜間衛生管理課(通称「やえいかん」)の新人・伏木あかり(ふせぎ・――)と、その夜衛管が管轄する不死人種“オキナガ”の少年(に見えて中身は88歳の“ご老人”)雪村魁(ゆきむら・かい)。このバディを中心に、12年ごとに女性を惨殺するシリアルキラー「羊殺し」の追跡を描くファンタジック社会派ミステリ『白暮のクロニクル』も10巻が刊行となりました。まぁ、刊行は1月末(2月?)の話なのですが、ようやく概要と感想を書き留めようと思います。

 あかりの行方が分からなくなり、不穏な空気が流れていた前巻ラスト。今巻の物語はその少し前、クリスマス・イヴ直前の夜から始まります。
 先輩職員の気遣いで早めに職場を後にしたあかりが向かったのは新宿。先日からオキナガ登録をめぐって彼女に接近している、あやしげなオキナガ桔梗凪人(ききょう・なぎと)と会って、登録を促そうと考えたのでしょう。
 桔梗の云うところの2人の「デート」は、映画(これは…『シ○・ゴ○ラ』?)に喫茶店という王道コース。王道というか昭和コースって感じかもしれませんが。550歳だという古いオキナガである桔梗の、現代へのキャッチアップはその辺りで止まっているのかもしれません。
 喫茶店で、あかりは桔梗に「長命者登録申請書」を書かせようとします。話の流れから、桔梗の過去がちらり。まだオキナガにナリアガる前の彼には、お姉さんが居たようです。
 書類完成のためには現住所を確認しなければ、ということで、あかりは桔梗とともに彼の現在の住処へと向かいます。前巻から読んでいれば嫌な予感がぷんぷんなのですが。
 果たして、ここで桔梗の正体が明かされます。ここではぼやかしておきますが(果たしてぼやかしになっているのか疑問ですが)、彼はまさしく「最重要参考人」と云っていいでしょう。

 場面は変わり、あかり失踪の報せが魁に届くことに。ほぼ同時に、大胆にも「羊殺し」は魁と直接通話し、挑発してきます。
 「羊殺し」があかりを手にかけるのは24日の夜。それまでに、「羊殺し」があかりを監禁し潜伏している場所を見つけなければなりません。
 あかりの上司で魁の血の親でもある竹之内が駆けつけ、あかりを探しに動き出します。頼りとするのは、オキナガ収容施設である光明苑からやって来た目・鼻・耳の効くオキナガ達。日中は動けませんが、夜の捜索なら頼もしい人たちです。

 オキナガ達による地道な聞き込みに加え、殺人研究ライターの谷名橋のアイディアでGPSを駆使したりもしますが、やはり「羊殺し」は一筋縄ではいきません。巧妙な仕掛けによって、なかなか尻尾を掴ませてはくれないようです。
 日の出まぎわとなって、オキナガ達による捜索はいったん打ち切り。状況は好転せず、魁は苛立っていますが、オキナガの皆さんは携帯電話の便利さに感心したり、久々の施設外での活動にはしゃいでいる様子。ピリピリした時、こういう暢気さは却っていいのかもしれません。
 裏をかかれっぱなしな状況をみて、オキナガ達の間に内通者がいるのでは、と疑う魁。いずれにせよ、「羊殺し」の“提案”により、魁は単身であかり達の居場所を探すことになります。竹之内は警察に働きかけていたみたいですが、“国家の威信”なるもののために彼らは動かない模様。事態の成り行きは魁1人にかかってきます。

 紆余曲折を経て、あかり達の居場所に目星を付けた魁。幾らか手間取りながらではありますが、目指すべき処へと近づいていきます。しかし、またも大胆な「羊殺し」の策に虚を突かれ、魁は行動不能に。
 あかりを監禁中の「羊殺し」は本性も顕わに、あかりと対話します。世間話をするような口ぶりで、嬉々として殺しを語る様は不気味この上ありません。生まれついての快楽殺戮者にして不死。これは、かなり最悪な存在ではないでしょうか。
 反社会的な嗜好の原因となるのは先天的な因子か生育環境か、という議論があります。自分としてはどちらかであるとも簡単に云えそうもないと思いますし、実際に結論は出ていないのではないでしょうか。
 「羊殺し」の性質も、自身では生まれ付きのもののように語っていますが、その性質を容認していた家族も「羊殺し」の成立に無関係ではないように思います。ひとつ確かなのは、自分をオキナガにすることで生かし、その本性を知るや殺そうとした「血の親」に対する、「羊殺し」の恨みは根深いということです。

 刻限は迫ります。魁と因縁の深い赤羽署の刑事・唐澤も加わって捜索は続けられます。オキナガは昼間は屋内に閉じこもらざるを得ないので、唐澤さんの加勢は有り難い限り。
 魁とあかりを組ませた竹之内は、少し後悔を口にします。オキナガが子孫を残せるかは作中明らかになっていなかったと思いますが、少なくとも血分けしてオキナガにした者との間には親子のような関係性が生まれるようで。日ごろ魁に対しては割とクールに接していた彼の、その態度は照れ隠しのようなものだったのかもしれません。
 一方「羊殺し」は、一連の殺しはこれが最後と語ります。彼の恨みは、自分と同じように血分けされたのに、自分とは大違いの境遇を生きてきた魁にも向いていました。その魁を苦しませることができ、「羊殺し」の最初の被害者である棗の孫でもあるあかりは、最後の「イケニエ」に相応しい、というわけです。

 唐澤は地道に魁の足取りを辿り、魁の根城である按察使文庫ではクリスマスの準備が続き、静かにイヴの夜は暮れていきます。
 ようやく8巻の冒頭と話が繋がって、魁が暗がりで目を覚ましたのとほぼ同時刻、「羊殺し」の虚を突いたあかりの攻撃がクリーンヒットします。まぁ体格差を考えれば、普通に格闘したら178cmのあかりに分がありますよね。
 ついに合流を果たした魁とあかりですが、諸事情によってすぐに逃げ出すわけにもいかず。どちらかと云うと、失血が甚だしい魁の方がマズそうです。場所をつきとめた唐澤たちも駆けつけてきますが、あかりの攻撃から立ち直った「羊殺し」が彼らの到着を待ってくれるはずもありません。

 スティーブン・キングの『シャイニング』ばりに2人に迫る「羊殺し」を、魁が退け決着を付けられたのは、あかりの供血のおかげでした。この漫画において供血は、血を吸う者に力を与えると同時に、吸われる側は快感を伴うようです。以前あかりの上司の久保園さんが魁について云った「吸血童貞」という言葉からしても、男女の交わりに近いことなのかもしれません。
 魁も竹之内も、「羊殺し」に対しては私的に制裁を加えたいところですが、現在の日本は法治国家。竹之内の云う通り、その罪は裁判で明らかにしなければなりません。

 と、事件は解決に向かうものの、やりきれない思いを抱える魁と、それに寄り添うあかりのコマで今巻は幕。次巻がラストになるでしょうか。
 あるいは、まだどんでん返しがあるのかもしれませんが、それは次巻のお楽しみということで。とりあえず事件を総括しつつ、7月頃刊行と思われる11巻を楽しみにしています。



広告

広告
thumbnail

【一会】『双亡亭壊すべし 3』……人は、辛い過去の奴隷ではない

 東京都豊島区にある“おばけ屋敷”、双亡亭が引き起こす奇怪な凶事と、そこに巻き込まれ、これを破壊せんとする人間たちのドラマ『双亡亭壊すべし』の3巻が、1月に刊行されました。ついに双亡亭内に侵入した駆け出し絵描きの青年・凧葉務(たこは・つとむ)と魔を払う〈刀巫覡(かたなふげ……

thumbnail

【一会】『進撃の巨人 21』……命の選択、“壁の外”の来歴

 やはり前巻の予告通りの発刊時期となった『進撃の巨人』21巻。遅くなりましたが、読んで思ったことなど書いていきたいと思います。  決着が近づくウォールマリア奪還戦。前巻において、どうにか敵主力の多くを打倒した人類側ですが、支払った代償もまた大きなものでした。大多数の……

thumbnail

【一会】『双亡亭壊すべし 2』……〈双亡亭〉突入。そこで待つのは絶望か

 東京都内に建つ謎の建築物〈双亡亭〉をめぐり、絵本作家志望の青年、〈双亡亭〉に立ち入ってしまった少年、その姉で退魔の力を有する〈刀巫覡(かたなふげき)〉の少女、そして、時の彼方から還ってきた少年、といった人物たちによって紡がれる“おばけ屋敷”ホラー漫画『双亡亭壊すべし』。……

thumbnail

【一会】『白暮のクロニクル 9』……ついに辿り着いた、これが真相――か?

 不老不死に近い吸血鬼っぽい種族“オキナガ(息長)”が存在する世界。見た目は少年ながら88歳の“オキナガ”雪村魁(ゆきむら・かい)と、彼らを管理する厚生労働省夜間衛生管理課(通称やえいかん)の新人・伏木あかり(ふせぎ・――)が、12年に1度、未年ごとに若い女性を殺す「羊殺……

thumbnail

【一会】『いぬやしき 7』……殺戮のさなか、再びの邂逅

 エイリアンと思しき存在が引き起こしたアクシデントにより、人智を超えたスペックのアンドロイドとなってしまった初老の犬屋敷壱郎(いぬやしき・いちろう)と、高校生の獅子神皓(ししがみ・ひろ)。彼らの活躍あるいは暴走を描いた『いぬやしき』の、前巻の予告からして嫌な予感しかしない……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 22』……世界を覆う、そのものの名は絶望

 つい先日21巻について書いた『七つの大罪』ですが、早くも一昨日に22巻が刊行となりました(自分が読むのが遅かっただけですが)。珍しく早めに読みましたので、レビュー&思ったことを書きたいと思います。  その前に、恒例の限定版付録ですが、今回はミニキャラが描かれたペットボ……

thumbnail

【一会】『双亡亭壊すべし 1』……何を憎み、何ゆえ破壊を願うのか

 『うしおととら』(100夜100漫第64夜)『からくりサーカス』(第27夜)『月光条例』(一画一会第26巻以降)など、藤田和日郎先生の作品には多く言及してきましたが、先月、新たな連載作品の1巻が刊行されました。ひと月ばかり遅くなりましたが、読んで思ったことを述べようと思……

thumbnail

【一会】『ベルセルク 38』……“白”と“光”は、似ているようで違う

 現在連載中の漫画では、最高峰のダークファンタジーに数えられる『ベルセルク』の3年ぶりとなる新刊が、先月発刊されました。いくぶん中途半端ではありますが、今巻から言及したいと思います。  長大にして未だ道半ばの物語を要約するのは困難ですが、黒い剣士ガッツと、白銀の騎士グリ……

thumbnail

【一会】『いぬやしき 6』……地上で、宇宙で、迫る破滅の時

 エイリアンと思しき存在による事故に巻き込まれたため、超ハイスペックなアンドロイドとなってしまった初老の会社員・犬屋敷壱郎(いぬやしき・いちろう)と高校生の獅子神皓(ししがみ・ひろ)。銃をものともしない戦闘能力と、難病すら完治させる治療能力を有する彼らそれぞれの、“生きて……



広告

広告