漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 黒い 」 一覧

【一会】『七つの大罪 25』……3000年の過去で見るものは

七つの大罪(25) (講談社コミックス)

 伝説的騎士団〈七つの大罪〉と魔神王に従う〈十戒〉という2つのグループの戦いを中心に、物語の舞台ブリタニアをめぐって絡み合う各種族の思惑が描かれつつある『七つの大罪』。周回遅れ気味(既に次巻が出ています…)ですが、3月刊行の25巻について書きたいと思います。
 今巻の限定版は特製ウォールステッカー。思わず限定版を買いましたが、実際に貼ろうとするとちょっと躊躇われます。電灯やスマホ周りに貼ることを想定されたシールというのは、いいアイディアだと思いますが…。

 それはともかく本編の始まりは、〈嫉妬の罪(サーペント・シン)〉ディアンヌと〈怠惰の罪(グリズリー・シン)〉キングの裸の遭遇から。しばし楽しげな時間が流れますが、〈十戒〉のメンバーである「安息」のグロキシニアと「忍耐」のドロールが襲来。戦闘となります。
 先代妖精王と巨人の始祖という因縁浅からぬ相手に、2人も全力で抗しますが、桁違いの実力に早々と決着がつきます。しかし、〈十戒〉の2人が持ちかけたのは、まさかの提案でした。
 〈十戒〉となり、その瞳は漆黒に塗り潰されたものの、それは彼らなりに考えがあってのことのようです。それぞれの後裔であるディアンヌとキングに試練を与え、自分たちを超える力を持つようになって欲しい。彼らの本心はそういうことかと思えます。
 当然、試練には死の危険も伴うようですが、〈大罪〉の2人は一も二も無く承諾。グロキシニアが云うには「もう1人の友人から教わった」というドルイドの術により、2人の意識は過去へと向かいます。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

【一会】『白暮のクロニクル 10』……イヴの決着

 厚生労働省の夜間衛生管理課(通称「やえいかん」)の新人・伏木あかり(ふせぎ・――)と、その夜衛管が管轄する不死人種“オキナガ”の少年(に見えて中身は88歳の“ご老人”)雪村魁(ゆきむら・かい)。このバディを中心に、12年ごとに女性を惨殺するシリアルキラー「羊殺し」の追跡……

thumbnail

【一会】『双亡亭壊すべし 3』……人は、辛い過去の奴隷ではない

 東京都豊島区にある“おばけ屋敷”、双亡亭が引き起こす奇怪な凶事と、そこに巻き込まれ、これを破壊せんとする人間たちのドラマ『双亡亭壊すべし』の3巻が、1月に刊行されました。ついに双亡亭内に侵入した駆け出し絵描きの青年・凧葉務(たこは・つとむ)と魔を払う〈刀巫覡(かたなふげ……

thumbnail

【一会】『進撃の巨人 21』……命の選択、“壁の外”の来歴

 やはり前巻の予告通りの発刊時期となった『進撃の巨人』21巻。遅くなりましたが、読んで思ったことなど書いていきたいと思います。  決着が近づくウォールマリア奪還戦。前巻において、どうにか敵主力の多くを打倒した人類側ですが、支払った代償もまた大きなものでした。大多数の……

thumbnail

【一会】『双亡亭壊すべし 2』……〈双亡亭〉突入。そこで待つのは絶望か

 東京都内に建つ謎の建築物〈双亡亭〉をめぐり、絵本作家志望の青年、〈双亡亭〉に立ち入ってしまった少年、その姉で退魔の力を有する〈刀巫覡(かたなふげき)〉の少女、そして、時の彼方から還ってきた少年、といった人物たちによって紡がれる“おばけ屋敷”ホラー漫画『双亡亭壊すべし』。……

thumbnail

【一会】『白暮のクロニクル 9』……ついに辿り着いた、これが真相――か?

 不老不死に近い吸血鬼っぽい種族“オキナガ(息長)”が存在する世界。見た目は少年ながら88歳の“オキナガ”雪村魁(ゆきむら・かい)と、彼らを管理する厚生労働省夜間衛生管理課(通称やえいかん)の新人・伏木あかり(ふせぎ・――)が、12年に1度、未年ごとに若い女性を殺す「羊殺……

thumbnail

【一会】『いぬやしき 7』……殺戮のさなか、再びの邂逅

 エイリアンと思しき存在が引き起こしたアクシデントにより、人智を超えたスペックのアンドロイドとなってしまった初老の犬屋敷壱郎(いぬやしき・いちろう)と、高校生の獅子神皓(ししがみ・ひろ)。彼らの活躍あるいは暴走を描いた『いぬやしき』の、前巻の予告からして嫌な予感しかしない……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 22』……世界を覆う、そのものの名は絶望

 つい先日21巻について書いた『七つの大罪』ですが、早くも一昨日に22巻が刊行となりました(自分が読むのが遅かっただけですが)。珍しく早めに読みましたので、レビュー&思ったことを書きたいと思います。  その前に、恒例の限定版付録ですが、今回はミニキャラが描かれたペットボ……

thumbnail

【一会】『双亡亭壊すべし 1』……何を憎み、何ゆえ破壊を願うのか

 『うしおととら』(100夜100漫第64夜)『からくりサーカス』(第27夜)『月光条例』(一画一会第26巻以降)など、藤田和日郎先生の作品には多く言及してきましたが、先月、新たな連載作品の1巻が刊行されました。ひと月ばかり遅くなりましたが、読んで思ったことを述べようと思……

thumbnail

【一会】『ベルセルク 38』……“白”と“光”は、似ているようで違う

 現在連載中の漫画では、最高峰のダークファンタジーに数えられる『ベルセルク』の3年ぶりとなる新刊が、先月発刊されました。いくぶん中途半端ではありますが、今巻から言及したいと思います。  長大にして未だ道半ばの物語を要約するのは困難ですが、黒い剣士ガッツと、白銀の騎士グリ……

広告

広告