漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 仕事 」 一覧

第199夜 決意も、後悔も、伝えなくちゃいけない…『花もて語れ

「朗読にとって大事なのは聴き手の人数じゃない。/たとえ聴き手がたったひとりでも、それは読み手にとって大切な大切なお客さんだ。/舞台は、別に本物の舞台でなくたって構わない。/聴き手は友達だっていい。家族だっていい。/本当に聴いてほしかったら、舞台は他人に用意してもらうものじゃなく、自分自身でつかみとろうとするものなんだ。」


花もて語れ 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

『花もて語れ』片山ユキヲ 作、朗読協力・朗読原案 東百道、小学館『月刊!スピリッツ』→『週刊ビッグコミックスピリッツ』掲載(2010年1月~2014年7月)

 両親と死別し、地方で暮らす伯母に引き取られた佐倉ハナ(さくら・――)。小学1年生の彼女は、もともとの引っ込み思案のうえ周囲との言葉の違いもあって、友達と遊ぶよりも雲を見ながら空想するのが好きな女の子だった。
 ある日ハナは、しぶしぶ教育実習にやってきた折口柊二(おりぐち・しゅうじ)と出会う。柊二に才能を見いだされたハナは、学芸会のナレーション役をこなすため、朗読の手ほどきを受けることに。それは空想の世界に半ば逃げ込んでいたハナに、自分を見つめ現実へと向き合う力を与えるものでもあった。
 それから10数年。22歳になったハナは就職先のムーンリバーコーヒーで働くため、上京する。
 その性格ゆえに、会社の新人研修でも失敗続きで落ち込むハナ。しかし、ふとしたきっかけで藤色きなり(ふじいろ・――)の主催する朗読教室を訪れたことから再び朗読に触れ、それは引きこもりだった佐左木満里子(ささき・まりこ)という知己を得ることへと繋がっていく。
 宮沢賢治の「やまなし」、芥川龍之介の「トロッコ」、新見南吉の「ごん狐」、太宰治の「黄金風景」、坂口安吾の「風博士」――。劇団員の山吹(やまぶき)、病院事務の若竹(わかたけ)、夜の商売人アカネ、謎の多い朽葉(くちば)といった朗読教室の受講生たち、会社の先輩、同じ小学校だった谷村直樹(たにむら・なおき)、そして再会した柊二。多くの人の助力を得てハナの朗読は続いていく。
 それは、かつて家族を喪い、恋心と友情に惑うハナの、精一杯の気持ちを伝えることを意味していた。全身全霊をもって語るハナの言葉に、想いの花は咲いていく。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

【一会】『いちえふ 福島第一原子力発電所労働記 2』……高線量、重要現場に冴える職人技

 昨年5月発刊の1巻から、8か月ちょっと空いて2巻の刊行となりました、『いちえふ 福島第一原子力発電所労働記』。作者の竜田先生が現地に働きに行く期間があるので、これくらいの刊行ペースになるのは当然といえば当然でしょう。  原発作業の様子が入り組んだ時系列で語られ……

thumbnail

第196夜 世界を憂う躁状態に、笑って唖然…『エクセル・サーガ

「出たな権力の手先!」「……いいけどよ」「ええと!/とりあえず名を名乗れっ」「個人情報は答えられないわ/市役所の方から来た者よ」「ほんに胡散臭いな/わしら」 『エクセル・サーガ』六道神士 作、少年画報社『ヤングキング アワーズ』掲載(1996年6月~2011年7月)……

thumbnail

第193夜 拙くのぼる、大人の階段…『やさしい子供のつくりかた

「ずっとずっと/さきのことだけど。/どっからが大人なのか/全然わかんないけど/「大人になったら」って思ってる/おれは/きっとまだ子供なんだろうな」 『やさしい子供のつくりかた』丘上あい 作、講談社『デザート』掲載(2002年6月~2005年10月)  小学6年生の……

thumbnail

【一会】『ゾンビ取りガール 2』……あれ? 「成功」してるし恰好いい…?

 1巻もよかったのですが、2巻でぴたりと軸が決まった気がするので書き留めます。  ゾンビが出る世の中、全国区では知らない人の方が多そうな東京都下(田無とか小平あたり?)を舞台に展開する、ゾンビ的事象に対処する零細企業「ゾンビバスターズ」の物語も2巻目。1巻が出たのが昨年……

thumbnail

第187夜 勤労少女たちが隠し持つ寸鉄は、人を刺すか…『かなめも

 2014/10/03  100夜100漫, ,

「このたくさんの新聞あまってるんですか?/これ押し…」「わ――――/わ――――/わ――――/わ――――!!!」「…花作るのに何部かいただいていいですか?」「いいわよ」「あれ? ひなたさんどうかしたんですか? 『かなめも』石見翔子 作、芳文社『まんがタイムきららMAX……

thumbnail

【一会】『シャーリー 2』……きっと沢山ある日々のうちの8片

 2003年に、まだ「1巻」という明記すらなく、初期作品集の趣きに近い1冊として刊行された『シャーリー』を、実は『エマ』(100夜100漫第60夜)よりも先に読んだ自分ですが、11年の時を経て2巻の刊行が成るとは想像していませんでした。もっとも『Fellows!』(のちに……

thumbnail

【一会】『銀の匙 12』……それが怖くないって凄いことだよ

 遅くなりましたが『銀の匙』12巻を読了したので書き留めておきます。  まさかのハチ(八軒)の下宿爆発からスタートの12巻。てっきり下宿を追い出されるかと思いきや、そこは大丈夫だった様子。  それはともかくとして、今巻では各人の視点がザッピングで描かれていきます。そし……

thumbnail

【一会】『まるせい 2』……真摯にエロスを追い求めるということ

 成年漫画に青春をかける、作者の経験(色々な意味で)と創作を混濁させて生み出された青年、花比野Q一朗(はなびの・キューいちろう)の物語も、無事2巻の刊行を迎えました。前巻の最終盤で大変かわいそうなことになったQ一朗ですが、どうにか持ち直して仕事(成年漫画の執筆)を進めつつ……

thumbnail

第183夜 その苦界を愛した男の、稚気と危機と機知…『じょなめけ

「癖かな……」「癖?」「俺ぁ子供の頃から茶屋で働いて/客が望むものをまず考えろとたたきこまれて育った/そういうのはもう抜けねぇよ/ずっと裏方でやってきたんだ/“板元”って稼業は世の中全部を客にした茶屋さ/だから俺はやれば最高の板元に……/日本一の裏方になる自信があるんだ」 ……

広告

広告