漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 仕事 」 一覧

第196夜 世界を憂う躁状態に、笑って唖然…『エクセル・サーガ

「出たな権力の手先!」「……いいけどよ」「ええと!/とりあえず名を名乗れっ」「個人情報は答えられないわ/市役所の方から来た者よ」「ほんに胡散臭いな/わしら」


エクセル・サーガ 1 (ヤングキングコミックス)

『エクセル・サーガ』六道神士 作、少年画報社『ヤングキング アワーズ』掲載(1996年6月~2011年7月)

 F県F市。腐敗した世界を是正すべく、世界征服…のための一国征服…を無理なく遂行するために、まずは市街征服をもくろむ秘密組織、理想推進機関アクロス の地下秘密基地はここにあった。
 といっても当初のメンバーは、遠大な理想を玄妙な言葉で表明する総帥イルパラッツォと、やたらハイテンションなだけの女性幹部兼参謀兼戦闘員兼トイレ掃除のエクセルの2人だけ。組織増強のために新たに選出される女子構成員ハイアットとエルガーラの2人も、かたや異様に病弱、かたや思考が口に出過ぎと秘密組織としてはやや不安な人員だ。
 それでも自称“ナンバー2”の自負のもと、活動費獲得(バイト)や生活費捻出(バイト)に潜伏任務と、エクセルの奮闘(というか空回り?)は続く。それはもう、緊急食糧として確保された白犬メンチが心労で自暴自棄になるほどに。
 一方、政財界に顔が利く謎の実力者、蒲腐(かばぷ)博士は、アクロスの暗躍を何となく察知、市役所内に市街環境安全保障局を設立する。普通の地方公務員と思って新規採用に応募した渡辺通(わたなべ・とおる)、岩田紀國(いわた・のりくに)、住吉大丸(すみよし・だいまる)、松屋美咲(まつや・みさき)の4人は、自分たちの仕事が「正義の戦隊」だと聞いて大困惑(一部しない人もいるけど)。が、既に秘密を知った彼らには拒否権はなく。オーバーテクノロジーによる武装や、天才科学者だが女児をこよなく愛する四王寺五条(しおうじ・ごじょう)の手によるアンドロイド六本松(ろっぽんまつ)を受け入れつつ、職務に臨むのだった。
 かくして、極めて行き当たりばったりに秘密組織と正義の戦隊によるローカルな攻防が始まる。それは、イルパラッツォと蒲腐という双方の首魁をめぐる永い物語の最終章でもあるのだった――。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

第193夜 拙くのぼる、大人の階段…『やさしい子供のつくりかた

「ずっとずっと/さきのことだけど。/どっからが大人なのか/全然わかんないけど/「大人になったら」って思ってる/おれは/きっとまだ子供なんだろうな」 『やさしい子供のつくりかた』丘上あい 作、講談社『デザート』掲載(2002年6月~2005年10月)  小学6年生の……

thumbnail

【一会】『ゾンビ取りガール 2』……あれ? 「成功」してるし恰好いい…?

 1巻もよかったのですが、2巻でぴたりと軸が決まった気がするので書き留めます。  ゾンビが出る世の中、全国区では知らない人の方が多そうな東京都下(田無とか小平あたり?)を舞台に展開する、ゾンビ的事象に対処する零細企業「ゾンビバスターズ」の物語も2巻目。1巻が出たのが昨年……

thumbnail

第187夜 勤労少女たちが隠し持つ寸鉄は、人を刺すか…『かなめも

 2014/10/03  100夜100漫, ,

「このたくさんの新聞あまってるんですか?/これ押し…」「わ――――/わ――――/わ――――/わ――――!!!」「…花作るのに何部かいただいていいですか?」「いいわよ」「あれ? ひなたさんどうかしたんですか? 『かなめも』石見翔子 作、芳文社『まんがタイムきららMAX……

thumbnail

【一会】『シャーリー 2』……きっと沢山ある日々のうちの8片

 2003年に、まだ「1巻」という明記すらなく、初期作品集の趣きに近い1冊として刊行された『シャーリー』を、実は『エマ』(100夜100漫第60夜)よりも先に読んだ自分ですが、11年の時を経て2巻の刊行が成るとは想像していませんでした。もっとも『Fellows!』(のちに……

thumbnail

【一会】『銀の匙 12』……それが怖くないって凄いことだよ

 遅くなりましたが『銀の匙』12巻を読了したので書き留めておきます。  まさかのハチ(八軒)の下宿爆発からスタートの12巻。てっきり下宿を追い出されるかと思いきや、そこは大丈夫だった様子。  それはともかくとして、今巻では各人の視点がザッピングで描かれていきます。そし……

thumbnail

【一会】『まるせい 2』……真摯にエロスを追い求めるということ

 成年漫画に青春をかける、作者の経験(色々な意味で)と創作を混濁させて生み出された青年、花比野Q一朗(はなびの・キューいちろう)の物語も、無事2巻の刊行を迎えました。前巻の最終盤で大変かわいそうなことになったQ一朗ですが、どうにか持ち直して仕事(成年漫画の執筆)を進めつつ……

thumbnail

第183夜 その苦界を愛した男の、稚気と危機と機知…『じょなめけ

「癖かな……」「癖?」「俺ぁ子供の頃から茶屋で働いて/客が望むものをまず考えろとたたきこまれて育った/そういうのはもう抜けねぇよ/ずっと裏方でやってきたんだ/“板元”って稼業は世の中全部を客にした茶屋さ/だから俺はやれば最高の板元に……/日本一の裏方になる自信があるんだ」 ……

thumbnail

第181夜 人生の何気ない1コマに微笑せよ…『雲の上のキスケさん

「いつもなら目にもとめないチラシの ありふれた一行が/今夜は あたしたちの胸を打つ/“出会いがすべて”/「会えてよかったね」/他に言葉がみつからない/そんな夜」 『雲の上のキスケさん』鴨居まさね 作、集英社『ヤングユー』掲載(1997年年5月~2003年12月) ……

thumbnail

【一会】『いちえふ 福島第一原子力発電所労働記 1』……収束はしてない。だから働いてます

 GWも後半、いかがお過ごしでしょうか。  昨日は憲法記念日でしたね。だからというわけではありませんが、今日は社会派(?)なこの漫画を。  9.11にまつわる漫画はこれまでも結構な数が出版されているかと(商業誌に限らなければもっと多いでしょうね)。漠然とした放射能……

広告

広告