バトル | 漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫-5ページ

漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 バトル 」 一覧



第200夜 かつての罪と命の重さ、抱えてなお歩け…『鋼の錬金術師

「目に見えない大きな流れ――/それを「世界」と言うのか「宇宙」と言うのかわかんないけど/オレもアルもその大きい流れの中のほんの小さなひとつ/全の中の一/だけどその一が集まって全が存在する/この世は想像もつかない大きな法則に従って流れている/その流れを知り/分解して再構築する…/それが/錬金術」


鋼の錬金術師1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)

『鋼の錬金術師』荒川弘 作、スクウェア・エニックス『月刊少年ガンガン』掲載(2001年7月~2010年6月)

 万物に働きかけ、その物質構造や形状を自在に作り変える“錬金術”が普及した世界。15歳としては小柄な少年エドワード・エルリックは、1歳年下の弟アルフォンスと共に軍事国家アメストリスの諸方を旅していた。
 兄弟の姿は、異形だった。欠けた右腕と左脚を鋼の義肢“機械鎧(オートメイル)”で補うエド。文字通り「身体全て」が機械鎧のアル。それは、かつて自分たちの亡母を取り戻そうと犯した禁忌による罰を受けた姿だった。
 自分を、何より弟を、もとの身体に戻したい。そのためにエドは「軍の狗」とされる国家錬金術師となり、錬金術の力を増幅し基本法則「等価交換の法則」を無視するという秘宝「賢者の石」を求め、旅を続けるのだった。
 大佐にして「焔の錬金術師」ロイ・マスタングら軍部の人間、幼馴染で機械鎧整備士のウィンリイ・ロックベル、兄弟の錬金術の師イズミ・カーティス、国家錬金術師ばかりを狙う連続殺人犯「傷の男(スカー)」、隣国シンより不老不死の法を求めてやってきた皇族リン・ヤオとメイ・チャン――。幾人もの人物と関わり、やがて兄弟は、「賢者の石」と、その周囲にうごめく人造人間(ホムンクルス)をめぐる、おぞましくも壮大な真実に辿り着く。
 絶望に埋め尽くされていくアメストリスに生きる人々の命運は。そしてエドたち兄弟の願いは叶うのか――。

(さらに…)



広告

広告
thumbnail

【一会】『いぬやしき 3』……完全なるか、勧善懲悪

 ふとしたきっかけから超強力な戦闘能力を有する改造人間(というよりほぼロボット?)となってしまった初老男性の犬屋敷壱郎(いぬやしき・いちろう)と男子高校生の獅子神晧(ししがみ・ひろ)。そんな2人それぞれの「生きてる感じ」を味わうための行動を対比して描く、奥浩哉先生の『いぬ……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 13』……覚醒はヒロインの証

 予定通り2か月おいての新刊刊行となりました『七つの大罪』。はやいもので13巻となりました。ちなみに今回の限定版は〈7つの大罪〉メンバーの手配書の似顔絵をあしらったメタルマグネット7つやシールとなっています。  13という数は7と同様、キリスト教的に“いわくつき”の……

thumbnail

【一会】『アップルシードα 1』……ヘタった世界、の2人、の交錯と乖離

 刊行から2週間ほど空きましたが、ようやく読めたので書きます。  『攻殻機動隊』と並ぶ士郎正宗の代表作で、未完で凍結されている『アップルシード』のリブート(新たに一から語られ直し)版を、『茄子』(100夜100漫第1夜)の黒田硫黄が描くという離れ業な漫画の第1巻です。原……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 12』……絶大なり、漆黒の力

 アニメの人気が盛り上がっていますが、漫画本編の物語も一つのクライマックスと思われる『七つの大罪』、前巻から2か月おいての刊行。ちなみに限定版には、全キャラ誕生日付き2015年日めくりカレンダーが付いています。  今巻は、バンとメリオダスによる“大罪”同士の闘いに始……

thumbnail

【一会】『進撃の巨人 15』……それは誰が為の“選択”か

 考えてみたら、作品そのものについて言及するのは初めてです、『進撃の巨人』。  人類を脅かす強大な巨人が闊歩する“壁”の外と、母を殺され全ての巨人を駆逐せんと怒りに燃えるエレン・イェーガー、その幼馴染で卓越した戦闘能力を有すミカサ・アッカーマン、同じく幼馴染で体力的には……

thumbnail

第190夜 海を渡った会津者たちの夢の果て…『White Tiger〜白虎隊西部開拓譚〜

「黄金を夢見た者も/故国で行き場をなくした者も/覚悟して海を渡りここに行きついた/ここで生きていくほかないのだ/異国で生きるとはそういう事だ」 『White Tiger〜白虎隊西部開拓譚〜』夏目義徳 作、集英社『グランドジャンプ』→「GRAND JUMP WEB」掲……

thumbnail

【一会】『いぬやしき 2』……孤独と恍惚を抱え、戦う機能をイメージする

 刊行からはや1か月弱ということで、かなり出遅れた感がしますが、一くさり語ります。  会社でも家庭でも肩身の狭い、歳よりもかなり老けて見られる犬屋敷壱郎(いぬやしき・いちろう)58歳が、ふとしたアクシデントによって、自分の記憶や意識を保ったまま強力な武装を持ったアンドロ……

thumbnail

【一会】『ドリフターズ 4』……“武士”は、それと認めた相手の首をしか欲しがらない

 遅くなりましたが書きます。歴史上の英雄・豪傑たちがファンタジー世界で一堂に会し、地域も時代も越えて共闘あるいは対決するという、男子なら誰もが一度は妄想したことがあるだろうストーリーを、作者の前作(100夜100漫第39夜)同様の洋画チックな台詞回し&一線を超えたマッドネ……

thumbnail

【一会】『魔法陣グルグル2 3』……最古にして最も有名な友達

 2巻から8か月を経ての刊行となった、メルヘンチックとオヤジチックの共存が相変わらずカオスな魅力の『グルグル2』。前作『魔方陣グルグル』の新装版も出揃ったので、『2』から入った読者も安心といったところでしょうか。  サビーナ王国での惨劇(笑)から人々を救うため、そして魔……



広告

広告