漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 バトル 」 一覧

第90夜 勇者は誰か…『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』

「なんでもできる反面なんにもできないのが勇者って人種さ…/だが…勇者にも一つだけほかの奴には真似できない最強の武器がある…」「えっ!? な…なにそれ!?」「決まってんだろ/勇者の武器は/“勇気”だよ!」


DRAGON QUEST―ダイの大冒険― 12 (ジャンプコミックスDIGITAL)

『DRAGON QUEST –ダイの大冒険-』堀井雄二 監修、三条陸 原作、稲田浩司 作画、集英社『週刊少年ジャンプ』掲載(1988年12月[読切掲載]~1996年11月)

 かつて勇者は魔王を討ち、世界に平和が訪れた。魔王に従っていたモンスター達も邪気を失い、南海の孤島、デルムリン島で穏やかな日々を送っていた。
 少年ダイは島でただ一人の人間。赤ん坊の頃、島に流れ着いたところを島の長老格ブラスに拾われ、育てられた。
 異変は突然に訪れる。魔王ハドラーは復活し、世界は再び危機に陥った。島にやって来た自称「勇者の家庭教師」アバンに手解きを受け、勇者の道を歩み出すダイ。兄弟子の魔法使いポップと共に世界へと漕ぎ出していく。
 それは、幾多もの戦いと出会いと別れ、そして自らに備わった未知の力の意味を知る旅の始まりだった。

王道の人間賛歌
 自分がファミコンの類に接するようになったのは比較的遅く、小学校卒業の間際くらいだった。それ以前から本作は連載されており、その頃の自分はまだドラクエを知らなかったにも関わらず、友人宅などで少しずつ読んでいた。
 ドラクエの世界観を用いて創作されたオーソドックスな(『魔方陣グルグル』(第28夜)などのような変格でない)漫画作品としては、他に藤原カムイの『ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章』シリーズが有名だが、このジャンルに先鞭を付けた(『ロトの紋章』は本作の2年後に開始)という意味でも、自分は本作を推したい。
 既に多くの作品で言及したところだが、人間ではない存在が登場する作品では、逆に人間の素晴らしさが描かれている。本作も同様で、魔王を筆頭とするモンスターに対する人間の強さ、貴さが高水準な画力と演出で語られている。端役的なキャラクターにもそうしたエピソードがあり、作者が思い入れを持って仕事をしたということが垣間見れる。
 しかし、物語は手放しで人間を賛美してはいない。作者は、モンスターへの恐怖によって人間が陥ってしまう、醜い部分もきっちりと描いてみせる。そうした醜さを描いた上で、それでも人の素晴らしさを訴える姿勢は、既に古典的ですらある。が、“勇者を描く”というテーマも相まって、まさしく王道的な魅力を湛えた作風として結実していると云えよう。

勇者ポップと英雄ダイ
 さて、そのような人間賛歌の作品という前提に立つと、既に多くの人が指摘しているように、本作の真の主人公は魔法使いのポップなのだと思う。それなりの出自がある仲間たちに対し、彼はただの武器屋の息子である。そんな彼が、臆病な性根を克服し仲間のために戦い強くなっていく様は、本作の主たる読者である少年たちを、いたく勇気付けるだろう。冒頭に掲げた名台詞のように「勇者の武器は勇気」で、仲間を鼓舞し奮い立たせるのがその役割であるのなら、ポップこそ勇者なのだ。
 ポップが勇者であるのなら、ダイは何者なのか。人を超えた力を宿し、それゆえ疎まれることすらあり、それでも人間を愛す彼はきっと、ギリシア悲劇が云うところの「英雄」なのではないだろうか。終盤、ポップとダイがそれぞれ直面し、乗り越えていかなければならない“壁”は、彼らが勇者や英雄となるための通過儀礼という見方もできよう。
 あまり小難しく書くと二の足を踏まれる読者も多いと思うが、心配は無用である。ポップもダイも、それぞれ自分の言葉で素朴に葛藤し、語ってくれる。単に大団円なだけでない、読者に力を与えてくれる終章となっている。胸のすく大冒険に、仲間たちと旅立たれたい。

*書誌情報*
☆通常版…新書判(17.4 x 11.4cm)、全37巻。絶版。

☆文庫版…文庫判(15 x 10.4cm)、全22巻。電子書籍化済み。

広告

広告
thumbnail

第84夜 彼岸と此岸の境を越えた喧嘩三昧の果てに…『幽☆遊☆白書』

「ちょっともの足りねーだけさ/要するにないものねだりってヤツだな/どっちに居たところで足りねーものはあっからな」 『幽☆遊☆白書』冨樫義博 作、集英社『週刊少年ジャンプ』掲載(1990年51号11月~1994年7月)  中2の浦飯幽助(うらめし・ゆうすけ)は超強い……

thumbnail

第80夜 目指せ最強…『陣内流柔術武闘伝 真島クンすっとばす!!』

「世界最強の格闘家(オトコ)の夢はどうした――!?」 『陣内流柔術武闘伝 真島クンすっとばす!!』にわのまこと 作、集英社『週刊少年ジャンプ』掲載(1995年2月~1998年1月月)  戦国時代に発祥し、仙台藩御留流(せんだいはんおとめりゅう;門外不出はもちろん、……

thumbnail

第75夜 魔曲とギャグは希望の別名…『ハーメルンのバイオリン弾き』

「“馬鹿”は/苦しさの/裏返しのようだな」 『ハーメルンのバイオリン弾き』渡辺道明 作エニックス『月刊少年ガンガン』掲載(1991年4月~2001年2月)  強大な魔族に人々が脅え暮らす時代。辺境の勇者ハーメルは魔王が住む北の都、ハーメルンを目指して旅をしていた。……

thumbnail

第70夜 シリーズ屈指の異色作に宿る勇気の力…『ジョジョの奇妙な冒険Part4 ダイヤモンドは砕けない』

「この人は35年間 この町のおまわりをしてきた/出世はしなかったけど 毎日この町を守るのがこの人の仕事だった/今さっきもアンジェロの仕業と思われるニュースをきいたとき/この人は『町を守っている男』の目になった/……/おれが この町とおふくろを守りますよ/この人の代わりに……/どん……

thumbnail

第69夜 人が挑む神との闘い、奇跡の前世代譚…『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話』

「何かに命を張って生きることは/約束に似てるな/誰と交わしたわけじゃない/自分の中の約束」 『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話』車田正美 原作、手代木史織 作、秋田書店『週刊少年チャンピオン』掲載(2006年8月~2011年4月)  18世紀の……

thumbnail

第66夜 裏世界に咲き誇る、逸脱者たちの毒花…『職業・殺し屋。』

「ああ…なんて卑しい仕事なんだ…」 『職業・殺し屋。』西川秀明 作、白泉社『ヤングアニマル嵐』→『ヤングアニマル』掲載(2001年8月~2010年1月)  インターネットの奥底に存在するアングラサイト「職業・殺し屋。」。そこでは、依頼者が提示した金額から値段を下げ……

thumbnail

第61夜 真摯に生きる生物の姿は時としてスプラッタだ…『寄生獣』

「…………この前/人間のまねをして…………/鏡の前で大声で笑ってみた……/なかなか気分がよかったぞ……」 『寄生獣』岩明均 作、講談社『モーニングTHE OPEN』→『月刊アフタヌーン』掲載(1989年8月~1994年12月)  地球上の誰かがふと思った。「生物(……

thumbnail

第59夜 真の自由を問いかける、古代の拳闘…『拳闘暗黒伝セスタス』

「アップライトのベタ足/右拳は槍/左拳は盾/古代拳闘には体重(ウエイト)制も回戦(ラウンド)制も存在しない/採点(ポイント)制の判定など概念さえ無かった/時間無制限・完全(K・O)決着が唯一の掟(ルール)だ」 『拳闘暗黒伝セスタス』技来静也 作、白泉社『ヤングアニマ……

thumbnail

第49夜 愛のため正義のため、少年達は神々に挑む…『聖闘士星矢』

「いくぞ!!/地上の愛と正義のために!!/命と魂のすべてをそそぎ込んで!!/今こそ燃えろ黄金の小宇宙よ!!/この暗黒の世界に…/一条の光明を!!」 『聖闘士星矢』車田正美 作、集英社『週刊少年ジャンプ』→『Vジャンプ』(完結編のみ)掲載(1985年12月~1990年……

広告

広告