漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 大人 」 一覧

【一会】『月影ベイベ 6』……大人の強さ、大人の弱さ

月影ベイベ 6 (フラワーコミックスアルファ)

 富山県八尾の伝統舞踊“おわら”を遠景に、“おわら”の踊り手である高校生の佐伯光(さえき・ひかる)と峰岸蛍子(みねぎし・ほたるこ)、光の伯父である佐伯円(――・まどか)の三角関係を中心とした人間模様を描く『月影べイベ』も、先月6巻の発刊となりました。実際の富山市八尾町での「おわら 風の盆」は9月の初旬に行われたようですが、作中での季節はまだ夏。本番に向けての練習がありつつ、物語は紡がれていきます。

 今巻は、大きく3つのパートに分かれていると云えそうです。以下、順に触れます。
 1つ目は、“おわら”の練習を通じての蛍子と、今巻の表紙を飾っている千夏、鳴美の関係です。高校生“おわら”の指導者的立場にある千夏と、蛍子たちと同年代の鳴美は4巻から登場しており、鳴美が蛍子に反感を抱いている様子が描かれていましたが、演技発表会や円たちの過去篇があってそのままになっていました。
 今巻の前半で、どうにか彼女たちの関係にも一件落着が訪れ、ほっと一息ですが、鳴美の心情は想像できていたものの、千夏さんの抱える“とある事情”は意外でした。だからこそ、高校生たちに悔いのないよう踊ってもらいたいということなのでしょう。“おわら”の踊り手の引退が25歳なら、高校生たちが17歳としても、あと8回くらいしか風の盆で踊れないということですし。
 それと、仲間外れにされた蛍子の背中を押したお婆ちゃんの言葉もまた、心に沁みました。自分も子どもの頃、何かで落ち込んでいた折に伯母に「胸張れ」と励まされた記憶がありますが、確信に満ちた励ましを受けると、何とも心強い気持ちになりますね。
 「言いそびれてこじらせたら/後からじゃ/どうにもならんこともあんがよ」とは、きっと娘(繭子)を悲しく喪ったことから出た言葉だと思いますが、辛い記憶を抱えながら、それを孫には繰り返させまいとするところに、大人の強さを感じます。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

【一会】『孤独のグルメ 2』……18年ぶり。無邪気さと、変わらぬ自由さ

 個人で輸入雑貨を商う井之頭五郎(いのがしら・ごろう)が、主に都内の街で見知らぬ飲食店に入り、そこでの食事や湧き起こってくる想念を淡々と描き流す食事漫画『孤独のグルメ』(100夜100漫第63夜)。その第2巻が、実に18年の歳月を経て刊行されました。1996年までの連載で……

thumbnail

【一会】『黒博物館 ゴーストアンドレディ 上下』……意思を貫く戦いと、絶望を望んで希望を成すということ

 「100夜100漫」カテゴリにしようか迷いましたが、シリーズとしては続きがありそうなので「一会」にて書くことにします。藤田和日郎先生の新刊(といっても刊行からだいぶ経ってしまいましたが)『黒博物館 ゴーストアンドレディ』です。 あらすじ  大英帝国で捜査されたす……

thumbnail

【一会】『3×3EYESサザンアイズ幻獣の森の遭難者 1』……それぞれの12年と、失敗を嘆くモノローグ

 今から12年ほど前、人類世界は滅亡の危機に瀕していました。それを幾人かの人物がどうにか阻止し、その後も色々とトラブルがありながらも何とか今日までやってきているというのが実情です。  もちろんこれは、この漫画の大本にあたる『3×3EYES(サザンアイズ)』(100夜10……

thumbnail

【一会】『アルテ 3』……難仕事の顛末は、よく寝、よく食べ、よく鼻血

 ここでは初めて言及する漫画ですが、第3巻が先日発刊されたので触れたいと思います。  盛期から後期ルネサンスへと移りつつある16世紀初頭のフィレンツェを舞台に、貴族の少女でありながら“自分自身の力で生きる道”を目指し、偏屈な画家のおしかけ弟子となったアルテ。そんな彼……

thumbnail

【一会】『蟲師 外譚集』……近く遠く、たゆたう話が五つ

 2度目のアニメ化もおおむね好評だった『蟲師』。漆原友紀先生による、虫のような植物のような原初的な生命のかたちをもった蟲と、人の営みを描いた漫画です。  この漫画に関連した作品集が先ごろ(4月下旬)出版されました。その名も『蟲師 外譚集』。漆原先生ではなく、『蟲師』の世……

thumbnail

【一会】『少女ファイト 12』……成長、決意、暗躍、そして本番開始

 前巻の予告では今夏とのことでしたが、かなり早めの刊行となりました『少女ファイト』12巻。今巻も恒例の特装版があり、特製パスケースが付いてきます。ちなみに通常版の表紙は黒曜谷高校の現コーチ由良木政子の高校時代、特装版は朱雀高校のキャプテン寺沼理香(てらぬま・りか)と今……

thumbnail

【一会】『白暮のクロニクル 5』……研修のち悪意不在の罪、ときどきラブコメ

 吸血嗜好と長命性を持った“オキナガ”がいる世界を舞台に、厚生労働省夜間衛生管理課(通称やえいかん)の新人、伏木あかり(ふせぎ・――)と、古参の“オキナガ”雪村魁(ゆきむら・かい)を中心に描かれる、ファンタジック社会派公務員ミステリ(?)なこの漫画、予告通り4月末の5巻刊……

thumbnail

【一会】『月影ベイベ 5』……“何てことのない”悲劇と、大人の素直さ

 北陸新幹線が開通し、「取材がだいぶ楽になりそう」との作者コメントが記された、富山県八尾を舞台とした伝統舞踊“おわら”の物語、その5巻が過日刊行となりました。  1巻以来語られてきた、佐伯光(さえき・ひかる)と峰岸蛍子(みねぎし・ほたるこ)、光の叔父である佐伯円(――・……

thumbnail

第201夜 槌音が背を押す、それぞれの決意…『誰がために鋼は鳴る

「ケンちゃんさんの打つ音は/とてもキレイです/私 あの音を聞くと/がんばれるって思えるんです」「  そっか……」 『誰がために鋼は鳴る』天乃タカ 作、エンターブレイン『Fellows!』掲載(2009年2月~2010年6月)  神戸の北西、山裾に広がる三木市は打刃……

広告

広告