【一会】『せっかち伯爵と時間どろぼう 2』……ネタと時間移動の振幅 | 漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*



【一会】『せっかち伯爵と時間どろぼう 2』……ネタと時間移動の振幅

      2014/08/03

せっかち伯爵と時間どろぼう(2) (少年マガジンコミックス)

 最近、当ブログへやってくる方の検索ワードでとみに増えている『せっかち伯爵と時間どろぼう』の2巻が刊行となりました。
 「※ギャグ漫画です。」という帯が逆に意味深に思えたりもしますが、2巻の内容としてはその通りかと思います。この漫画に限らず、1巻は物語の導入として、どうしても作品の前提とか根幹に関する部分を描かなくてはならないので若干ノリが異なるということはあると思います。ということは、今回もやはり、今巻のような雰囲気で最終話周辺までいく、ということでしょうか? まあ、そんな予測ばかりでも不毛ですね。内容がばれない範囲で、今回目についたネタを列挙致しましょう。
 まず単純に「巧いなー」と思ったのが「七つの○○○○(バレバレですが敢えて伏せ字)」「アロマ線香とヒーリングCD」「食品型・打撃型」。次に切れ味がよかった下ネタ系として「顔で/手錠で隠せばいい」「女子は激太り男子は激やせ/男女とも腱鞘炎」。勉強になったのが「明治の改暦」。思わず「大丈夫?」と心配になったのが「上兄さん」「ゴーストライター」「フリー節句」(のエピソードでの描き込み方)、ってところでしょうか。奥歯に物が挟まった感じの書き方でいまいち伝わらず恐縮です…。

 ところでこの漫画では、作者のお家芸とも云える下ネタとか時事ネタの列挙という側面と、せっかち伯爵ことサンジェルマン伯爵に代表される「上人類」による時間移動による諸々を描くという側面があると思います。たいてい両者は融合しているものの、エピソードごとにその比率はまちまちで、たとえば今巻の1話目と2話目ではテイストがかなり異なっていたり。
 やはり前2作『かってに改蔵』『さよなら絶望先生』』(100夜100漫第36夜)のように、最後に壮大な仕掛けが明かされることを期待してしまいますが、恐らくそれはまだ先のことのはず。時が来るまでは、この時計仕掛けの狂騒の日々をリラックスして楽しめたらいいと思います。
 そんなわけで、主人公(?)時只卓(ときただ・すぐる)の妹、歩(あゆむ)の登場、コテカの人が小手川君としてまさかの準レギュラー化、乾燥させるとヤバい麻姫(あさひめ)こと贋地谷(がんじや)しほれなど、新たな演者を舞台上に迎えつつ、せっかちな伯爵と時間どろぼうたちのユルい日々は続きます。。

 - 一画一会, 随意散漫 , , , , , ,

 

広告

広告


広告

広告


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

 

  関連しそうな記述