漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

【探訪】コミケ93二日目…穏やかな中日

 コミケ93も2日目。参加して無事に帰還したので、引き続き記録を残そう。

 2日目の今日の、主なジャンルは以下の通り。
 ラブライブ!、ガンダム、ユーリ、おそ松さん、ワールドトリガー、ハイキュー!!、黒子のバスケ、血界戦線/ヘタリア、弱虫ペダル/ダイヤのA、進撃の巨人、アニメ(その他)、鉄道・旅行・メカミリ、TV・映画、芸能、特撮、音楽(洋楽・邦楽・男性アイドル)、スポーツ、創作(少女・JUNE/BL)FC(小説・少年・少女・青年・ジャンプその他)

 ちなみに一日目・三日目の記事は以下から。
【探訪】コミケ93一日目…午後から参加でちょうどの初日
【探訪】コミケ93三日目…あわやホワイト・コミケット

会場到着

 今日もまた、豊洲方面からビッグサイトへと向かった。

 昨日よりは少しは早いが、やっぱり昼過ぎになってしまった。

 自分にとっての今日のメインは創作系サークル。昨日と同じく「有明」駅で降りて直接東ホールへ向かった。

東ホール

 東棟の道路側入り口(なんというか、東1と東4の間に位置するところ)から館内に入る。時間は12時半くらいだったかと。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

【探訪】コミケ93一日目…午後から参加でちょうどの初日

 2017/12/29  漫事探訪

 2017年を締めくくるコミケの3日間がやってきた。今回も全日参加のつもりなので、1日ごとに記事に残そうと思う。  C93初日となる今日の主なジャンルは以下の通り。  TYPE-MOON、スクウェア・エニックス、艦これ、あんさんぶるスターズ!、刀剣乱舞、東方Proje……

thumbnail

【一会】『白暮のクロニクル 11(完)』……白い夕べの中で

 厚生労働省の夜間衛生管理課(通称「やえいかん」)の新人・伏木あかり(ふせぎ・――)と、夜衛管が管轄する不死人“オキナガ”である雪村魁(ゆきむら・かい)。数奇な因縁のある2人が、諸々の事件を解決しつつ、12年ごとに女性を惨殺するシリアルキラー「羊殺し」を追う幻想社会派ミス……

thumbnail

【一会】『ベルセルク 39』……桜舞う里の憩い、彼女の深層への旅

 多くの人が、その成り行きを固唾を飲んで見守るダークファンタジー、三浦健太郎氏『ベルセルク』の、39巻が刊行されたのは今夏の始めの6月末。未完の大作になるのでは、と云われることも多い本作ですが、前巻からは1年余りというハイペースの刊行となりました。相変わらず遅きに失し過ぎ……

thumbnail

【探訪】コミティア122参加記録…天候も回復、気楽に一回り

 2017/11/24  漫事探訪

 年内は最後となるコミティア122に今回も参加してきた。写真と文章で記録を残したい。  過去の記録は下のリンクからどうぞ。 【探訪】コミティア121参加記録…いつもより結構じっくりと 【探訪】コミティア120参加記録…原点を楽しむ 【探訪】コミティア119参加記録…さ……

thumbnail

【探訪】魔法陣グルグル大原画展 ~衛藤ヒロユキの世界~…奇想の引き出しの奥底

 2017/11/16  漫事探訪

 アニメに続編にと好調な、RPG的メルヘンファンタジーおやじ漫画『魔方陣グルグル』。何度も言及してきた漫画だが、先週11月10日(金)から、23日(木・祝)まで、『魔法陣グルグル大原画展 ~衛藤ヒロユキの世界~』が催されている(公式サイト)。12日の衛藤先生によるサイン会には参加……

thumbnail

【一会】『魔法陣グルグル2 8』……人間いろいろ、魔法もいろいろ

 今夏より三度アニメも放映中の、色モノ(「じゃないとは言わない」と今巻でニケ自身も云ってたりする)RPG風ファンタジー漫画、『魔法陣グルグル2』の8巻が6月下旬に刊行されました。相変わらず遅いですが、概要と思ったことなどを書き連ねたいと思います。  今巻のニケとククリ達……

thumbnail

【一会】『3×3EYES(サザンアイズ) 鬼籍の闇の契約者 1』……暗黒の“神”は何を望む

 80年代の終わりからゼロ年代はじめに連載された伝奇活劇漫画『3×3EYES』(100夜100漫第100夜)。そのラストから12年後の出来事を描いた「幻獣の森の遭難者」が昨年完結しましたが、そのさらなる続篇「鬼籍の闇の契約者」の1巻が、去る6月に刊行されました。かなり遅く……

thumbnail

【随想】扉の向こうの、もう一つの扉――活字本に繋がる漫画たち

 2017/09/10  随意散漫

 暑かった今年の夏も終わり、そろそろ読書の秋。ホームである『100夜100漫』から出張して、読書人の牙城『シミルボン』に自分がお邪魔するようになって、1年になりました。  『シミルボン』は読書全般についてのレビュー&コラムのプラットホームですが、そこで自分が書い……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 26』……彼が心を棄てた理由

 様々な種族から成る騎士団〈七つの大罪〉と、魔神王に従う〈十戒〉。両者の戦いを描きつつ、背景には各種族の思惑が描かれた”円卓の騎士”的バトルファンタジー漫画『七つの大罪』。引き続き周回遅れ気味(既に27巻も刊行済み)ですが、5月刊行の26巻について書きたいと思います。 ……

広告

広告