漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫-3ページ

漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*



【探訪】ルーブルNo.9 漫画、9番目の芸術…美の殿堂に捧ぐ16作

IMGP4913 7月22日から9月25日まで、六本木の森アーツセンターギャラリーで「ルーブルNo.9 漫画、9番目の芸術」という特別展が行われている。コミケ後になってしまったが、観に行って来たので書き留めたいと思う。
 同展の詳細については、以下のサイトからどうぞ。
ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~ | Manga-9Art

会場まで
 会場となる森アーツセンターギャラリーは、いっとき話題になった六本木ヒルズ内にある。最寄駅は各線の六本木駅である。
 六本木まで電車で行くには幾つかの経路があるが、自分は都営大江戸線を用いた。まずはそちらからのアクセスを書こう。
IMGP4858 大江戸線六本木駅からは、3番出口が便利である。

(さらに…)



広告

広告
thumbnail

【一会】『ダンジョン飯 3』……水棲系食材の宝庫で思う、迷宮の環境学

 コンピューターRPGの古典『ウィザードリィ』(wikipedia)を思わせる「狂乱の魔術師」によるダンジョンを舞台に、生息しているモンスターを捕食するという『ダンジョンマスター』(wikipedia)っぽい要素を組み込み、モンスター料理を味わいながらの探索行を描く独特な……

thumbnail

【一会】『進撃の巨人 20』……今、まさに死力を尽くす時

 前巻の予告通りの発刊となった『進撃の巨人』20巻。さっそく読んで思ったことなど書いていきたいと思います。  ちなみに、今巻の限定版付録は文章によるサイドストーリーを収録した小冊子。スマホ・タブレット向けサイトに掲載されたものの再録のようですが、「著者 諌山創」とありま……

thumbnail

【一会】『魔法陣グルグル2 6』……恋模様と引きこもり女神様と“龍”の波紋

 ファンタジーだけど“たわし”や“さすまた”が登場し、メルヘンだけど“おっさん”の登場&活躍率が異様に高い、RPG的冒険漫画の続編『魔方陣グルグル2』。先月下旬に6巻の発刊となりました。読んで思ったことを書き留めたいと思います。  前巻で「勇者様」ことニケが魔王にさ……

thumbnail

【探訪】コミケ90三日目…大混雑と熱気の最終日

 2016/08/14  漫事探訪

 今年の夏コミ最終日となった今日も参加してきたので、写真と文章で振り返りたい。  C90三日目の今日の、主なジャンルは以下の通り。  TYPE-MOON、ギャルゲー、創作・アニメ・ゲーム(男性向)、漫研、創作(少年・少女)、同人ソフト、歴史・創作(文芸・小説)、評論・……

thumbnail

【探訪】コミケ90二日目…割とスムーズに、回って撮って寄り道も

 2016/08/13  漫事探訪

 今日も行ってきたので、写真と文章で記録を残そう。  C90二日目の今日の、主なジャンルは以下の通り。  艦これ、刀剣乱舞、東方Project、スクウェア・エニックス、その他ゲーム系、音楽、スポーツ、芸能、特撮・SF・ファンタジー ほか  ちなみに初日、三日目の記事……

thumbnail

【探訪】コミケ90一日目…割と涼しめ、と思いきや――

 2016/08/12  漫事探訪

 例によってコミケに行ってきたので、記録を残そうと思う。  C90初日の今日の主なジャンルは以下の通り。  FC(ジャンプ系、ガンガン系、TIGER&BUNNY、ガンダム、アニメ、その他)、創作(JUNE/BL、少女)、オリジナル雑貨 ほか  ちなみに二日目、三日目……

thumbnail

【一会】『猫瞽女―ネコゴゼ― 3』……その過去に、戦慄と涙

 戦後まもなくソ連に占領され、共産主義が台頭したパラレルな日本を舞台に、擬人化された猫たちによる遊侠活劇を描いた『猫瞽女―ネコゴゼ―』。盲目の女芸能者・瞽女(ごぜ)にして三味線に仕込んだ暗殺剣の達人でもある夜梅(ようめ)と、ロシア正教に由来すると思われる“機密”により対象……

thumbnail

【探訪】羽海野チカの世界展 ~ハチミツとライオンと~…“ふわふわ”と“勝負”のナイスマッチ

 2016/08/10  漫事探訪

 8月4日から17日まで、池袋西武で「羽海野チカの世界展 ~ハチミツとライオンと~」が催されている。先日うかがってきたので、場内は撮影不可のため内容的な写真はないが、周辺の写真と簡単な感想を書き留めたいと思う。  同展の詳細については、以下のサイトからどうぞ。 羽海野チカの世……

thumbnail

【一会】『双亡亭壊すべし 1』……何を憎み、何ゆえ破壊を願うのか

 『うしおととら』(100夜100漫第64夜)『からくりサーカス』(第27夜)『月光条例』(一画一会第26巻以降)など、藤田和日郎先生の作品には多く言及してきましたが、先月、新たな連載作品の1巻が刊行されました。ひと月ばかり遅くなりましたが、読んで思ったことを述べようと思……



広告

広告