黎明(200夜を終えて) | 漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*



黎明(200夜を終えて)

   

 と、いうわけで、ブログタイトルと同名の看板コンテンツ「100夜100漫」は、おかげさまで200夜を数えた。開始当初想定していた第100夜に到達したのが2013年の8月半ばなので、それからだいたい1年半かかったことになる。もう少し早いかとも思っていたけれど、まあ予想通りの運びだと思う。
 相変わらず、「この漫画の総体としての魅力を、これでちゃんと伝えられているだろうか」と考え考え文章を書いているのだけど、どうだろうか。どこかの誰かに何かが伝わっていれば嬉しい。

 無論、第201夜以降も続けていくつもりではあるのだが、第1夜以降これまで続けてきた「ルール」について、若干の改定を施したいと思う。

 
 1. 同じ作者の本を扱うのは2作まで。
 2. 同じジャンルは極力続けない。
 3. 最新の作品もできるだけ取り上げる。
 4. 完結した作品を対象とする。

 このうちの1.については削除し、以下のようにしたい。

 
 1. 同じジャンルは極力続けない。
 2. 最新の作品もできるだけ取り上げる。
 3. 完結した作品を対象とする。

 既に2作紹介したが、時間経過とともに更に扱いたい漫画が出てきた、という作者が増えてきたのが主な理由である。とはいえ、まだ手つかずの作者の漫画も相応にあるし、特定の作者に偏らないよう配慮はしたい。

 また、「100夜100漫」以外のコンテンツについても引き続き更新していくつもりだ。
 特に、現状では新刊レビューが主要となっている「随意散漫」については、設置当初いくつか書いたような、複数の漫画について横断的に扱う文章もまた書いていきたいと思う。「100夜100漫」ともども、ご笑覧頂けたら幸いだ。

 訪問者の皆様、いつもありがとうございます。
 以降も漫画とその周辺について有用な記述を目指していきたいと思いますので、これからも『100夜100漫』をよろしくお願い致します。

 - 基本情報

 

広告

広告


広告

広告


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

 

  関連しそうな記述