漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 随意散漫 」 一覧

【随想】扉の向こうの、もう一つの扉――活字本に繋がる漫画たち

惡の華(3) (週刊少年マガジンコミックス)悪の華 (新潮文庫)

 暑かった今年の夏も終わり、そろそろ読書の秋。ホームである『100夜100漫』から出張して、読書人の牙城『シミルボン』に自分がお邪魔するようになって、1年になりました。
 『シミルボン』は読書全般についてのレビュー&コラムのプラットホームですが、そこで自分が書いているのは、やはり「漫画と自分とその周辺」についてです。ただ主題は漫画でも、関連しそうだったり、連想したりした活字本については、ちょこちょこと言及したりもしています。まぁそれは『100夜100漫』でも同じで、世に根強い「漫画|活字」という区別を無くしたい、という密かな野望が背後にあったりするのですが。

 その野望の一環として、今回は“漫画と活字”なる切り口で考えてみたいと思います。
 直ちに思い浮かぶのは、漫画がノベライズされたり、逆に小説がコミカライズされたりという動きです。前者は例えば『ジャンプ』系の漫画を小説化し続けている集英社のJUMP j-BOOKS、後者は光瀬龍氏の小説を萩尾望都氏が漫画化した『百億の昼と千億の夜』や、宮澤賢治の原作から登場人物を猫に置き換えて漫画化した、ますむらひろし氏の『銀河鉄道の夜』などが有名でしょうか。

 あるいは、このところ目立ってきた、活字本の紹介を主眼に置いた漫画も思い浮かびます。本の世界に親しむ中学生・草子が書く感想文に揺さぶられる、玉川重機氏の『草子ブックガイド』や、図書室に集う面々のギャグタッチなやり取りに触れるうち読書欲も喚起される施川ユウキ氏の『バーナード嬢曰く。』、社会人1年生の主人公・佐倉ハナの朗読を通じた成長とともに、名作の息づかいを味わえる片山ユキヲ氏の『花もて語れ』あたりが私的に一推しな“読書案内漫画”です。

 勿論これらの漫画も素晴らしいのですが、定番かつ直球なので、今回は敢えて外します。代わりに挙げるのは、独立した物語でありながら、その伴奏として活字本が小さからぬ役割を果たしている漫画たち。読むことで活字本の入り口となり、先に活字本を知っていれば、より楽しめるような漫画たちです。

その世界を支えるもの

「黄色い本――ジャック・チボーという名の友人」と『チボー家の人々』

 いの一番にご紹介したいのは、高野文子氏の「黄色い本――ジャック・チボーという名の友人」です。1作ごとに独特なコンセプトを見せる高野氏の漫画ですが、この中篇ではフランス文学の大作、ロジェ・マルタン・デュ・ガールの『チボー家の人々』とがっぷり四つに組み合って読み耽る、地方在住の女子高生を描いています。
 といって、『チボー家の人々』を読んだ彼女が何か大きな変化を遂げる、という感じではありません。高校に通い、家事を手伝い、進路を決めて卒業していく、そんな彼女の姿が淡々と描かれています。けれども、全5巻の黄色い上製本――白水社版『チボー家の人々』は常に彼女と共にあって、その作品世界で確かに彼女は『チボー家』の中心人物であるジャックたちと交友を結び、読了とともにお別れの時を迎えます。その過程は、確かにドラマティックと云えるでしょう。
 人生の中で、1つの物語を記した本を読む時間は(仮に大長編だとしても)僅かな割合にしかならないでしょう。けれども、それは読者の世界を形作るものに他なりません。そのことを、漫画ならではの表現で示した名篇だと思います。

『惡の華』(全11巻)と『悪の華』

 『黄色い本』とはだいぶ趣が異なりますが、同じように単一の活字本の強い影響の下に描かれたという括りならば、押見修造氏の、その名もずばり『惡の華』も忘れられません。群馬県K市を舞台に、中学生の主人公・春日高男(かすが・たかお)とクラスメイトの仲村佐和(なかむら・さわ)を始めとする3人の少女たちが抱える、まさに“のたうち回る”ような思春期の閉塞感を描ききった作品と云えましょう。
 高男が傾倒するボードレールの詩集『悪の華』について、直接的な感想や解釈が示されているわけではありません。が、そこまで彼が崇拝し、縋り、やがて絶望し、それでも忘れ難い詩集『悪の華』とはどんなものなのかという興味が湧いてきます。その詩に高男が抱くイメージの具現とでも云えそうな佐和の破壊的な振る舞いもまた、関心を掻き立てる要因となることでしょう。
 主人公が高校生になって以降の後半では、一転して静かな展開が続きます。が、そこでは読書する者が抱く孤独が物語のキーになっていたりもします。読書するとはどういうことか、それを考える意味でも味わい深い漫画です。

 続きを「シミルボン」にて公開中です。以下のリンクからどうぞ。

広告

広告
thumbnail

【一会】『七つの大罪 26』……彼が心を棄てた理由

 様々な種族から成る騎士団〈七つの大罪〉と、魔神王に従う〈十戒〉。両者の戦いを描きつつ、背景には各種族の思惑が描かれた”円卓の騎士”的バトルファンタジー漫画『七つの大罪』。引き続き周回遅れ気味(既に27巻も刊行済み)ですが、5月刊行の26巻について書きたいと思います。 ……

thumbnail

【一会】『プリンセスメゾン 4』……真摯さに、祝福あれ

 26歳、年収250万円ちょっとの沼越幸(ぬまごえ・さち)のマンション購入を主軸に、色々な人物の住まいと暮らしと孤独を描いた『プリンセスメゾン』。昨秋はNHKでドラマ化などもされた本作の、第4巻が6月に刊行されました。例によっていささか遅いのですが、内容と感想を書いていき……

thumbnail

【一会】『いぬやしき 9』……束の間の平穏、そして迫る大災厄

 普通の人間だった初老男性と男子高校生が、異星人が起こしたアクシデントによって高性能のアンドロイド化。それぞれ極に振れた2人を対比し、人智を超えた能力を誇る機械となった男子高校生・獅子神皓(ししがみ・ひろ)の暴走を食い止めようとする初老男性・犬屋敷壱郎(いぬやしき・いちろ……

thumbnail

【一会】『月影ベイベ 9(完)』……一切は、楽の音と共に流れていきます

 毎年9月初頭に行われる富山市八尾の風習「おわら風の盆」までの季節を舞台に、高校生の佐伯光(さえき・ひかる)と峰岸蛍子(みねぎし・ほたるこ)を始めとした「おわら」に親しむ高校生たちと、それを見守る光の伯父にあたる佐伯円(――・まどか)を始めとした大人たちの群像も描いた……

thumbnail

【一会】『双亡亭壊すべし 4』……彼方から来たらんとするもの

 東京都豊島区に建つ、謎めいて不吉な建築物〈双亡亭〉が引き起こす奇怪な出来事と、そこに巻き込まれ、これを破壊せんとする者たちを描いた『双亡亭壊すべし』。4巻が刊行されたのは4月のことです。既に先月下旬に5巻が出ていますが、追っかけで思ったことを書いておきましょう。  〈……

thumbnail

【一会】『猫瞽女―ネコゴゼ― 4(完)』……ここぞ胸突き八丁、けじめの刻

 戦後まもなくソ連に占領され、共産主義が台頭したパラレルな1950年代の日本を舞台に、擬人化された猫たちによる遊侠活劇を描いた『猫瞽女―ネコゴゼ―』。完結巻となる4巻が、今春刊行されました。  盲目の女芸能者・瞽女(ごぜ)にして三味線に仕込んだ暗殺剣の達人でもある夜梅(……

thumbnail

【一会】『進撃の巨人 22』……覚悟の海

 “正体不明の巨人との戦い”に始まり、次第に物語の全貌が明らかになってきている『進撃の巨人』。4月の話ですが22巻が刊行されました。遅れ馳せもいいところですが、流れを追いつつ思ったことを書き留めようと思います。  前巻に引き続き、エレンの意識に混濁した父・グリシャ・……

thumbnail

【一会】『コトノバドライブ 4(完)』……その5分間は、きっと誰にでも

 海の見える土地で、店長と2人で営む小さなスパゲティ屋「ランプ」で働くすーちゃん。ふとした瞬間に彼女が垣間見る、ちょっと不思議で怖くもあり、それでいて有り難さも漂う不思議な時空間と不思議な出会いを描いた『コトノバドライブ』が、3月刊行の4巻で完結となりました。  作中は……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 25』……3000年の過去で見るものは

 伝説的騎士団〈七つの大罪〉と魔神王に従う〈十戒〉という2つのグループの戦いを中心に、物語の舞台ブリタニアをめぐって絡み合う各種族の思惑が描かれつつある『七つの大罪』。周回遅れ気味(既に次巻が出ています…)ですが、3月刊行の25巻について書きたいと思います。  今巻の限……

広告

広告