100夜100漫 | 漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 100夜100漫 」 一覧



第207夜 北の学府の、優雅な騒動は人獣共通…『動物のお医者さん

「うちの大学を受けるのか/その顔は~~/理系!/ワタシにはキミの未来が見える/キミは将来~~/獣医になる!!/このカシオミニを賭けてもいい」「……」「キミが賭けるのはこの仔犬だ」


動物のお医者さん (第1巻) (白泉社文庫)

『動物のお医者さん』佐々木倫子 作、白泉社『花とゆめ』掲載(1987年12月~1993年11月)

 H大学獣医学部の敷地を、高校から帰る近道として利用していた西根公輝(にしね・まさき、通称ハムテルまたはキミテル)と友人の二階堂昭夫(にかいどう・あきお)。ある日2人は、そこで般若のような顔をしたシベリアンハスキーの仔犬と、それを追って現れたアフリカ民族っぽい格好をした年配の男――H大獣医学部付属病院の教授・漆原信(うるしはら・まこと)と出会う。
 漆原はハムテルが獣医になると予言し、仔犬を押し付ける。しかし、西根家には既に、なぜか関西弁で近所の女ボスとして君臨する三毛猫のミケ、西根家最強の生物と呼び声の高い白色レグホンのヒヨちゃんといった動物たちが住んでいた。そこに、顔は怖いが温厚なその仔犬チョビ、更にはスナネズミたちまで引き取ることになり、ハムテルは自分で治療できた方が楽だし安上りだと判断し、H大学獣医学部に入学することに。
 かくして、ネズミ恐怖症なのになぜか獣医学部に進んでしまった二階堂、公衆衛生学講座のヘンな院生・菱沼聖子(ひしぬま・せいこ)らと共に、ハムテルは獣医学生ライフを送る。実験や実習、学内外の動物に関する行事などに加え、漆原教授の傍若無人な奇行や、家の動物たちや祖母タカによる騒動に巻き込まれる日々は、騒々しくもおっとりと優雅に過ぎていく。

(さらに…)



広告

広告
thumbnail

第206夜 それはまるで天鵞絨のような悪…『校舎のうらには天使が埋められている

「ようこそ/4年2組へ/ずぅ――――っとなかよしでいようね」 『校舎のうらには天使が埋められている』小山鹿梨子 作、講談社『別冊フレンド』掲載(2011年8月~2013年5月[本編]、同12月~2014年4月[後日譚〈触〉編])  赤ヶ瀬小学校4年2組に転校してき……

thumbnail

第205夜 ディスプレイに躍る意地と愛と魂と…『大東京トイボックス

「…それは/直さずにすめばその方が効率がいいからに決まって…」「もうやめろ/効率? プロ? まるでガキだな」「…なんだと?」「そんなのは大人じゃねえ/ただの聞き分けのいい子供だ」 『大東京トイボックス』うめ(小沢高広…企画・シナリオ・演出担当/妹尾朝子…作画・演出担……

thumbnail

第204夜 惑い彷徨ってこそ、救う世も在れ…『水使いのリンドウ

「わからないよアッシュ…/いままでも何も知らずに間違いだらけだったんだ……/自分が正しい自信は何もない…」 『水使いのリンドウ』一色登希彦 作、集英社『ジャンプSQ.19』掲載(2010年8月~2012年6月)  竜と皇族(おうぞく)の間に交わされる百年契約で成り……

thumbnail

第203夜 密やかに、たおやかに。純日本な戀の形…『藍より青し

「で でも あおいは かおるさまの側にいたい/ずっとずっと 側にいたい/…側にいたら/…ダメ?」「そんなのムリに決まってるよ/ずーっと側にいることなんて」「じゃあ あおいは かおるさまのこと ぜったいにわすれない/毎日毎日あおいの中で かおるさまのこと ずっと思ってる/だからあお……

thumbnail

第202夜 血溜まりに“真の友情”を映して…『バトル・ロワイヤル

「オレもだ……/オレもお前も少しずつ間違っていたんだ…/――だから俺とお前でだっ」「えっ!?」「オレの判断とお前の心(ハート)が一つになって……/本当の正解だっ」「………/……………ありがとう/川田」「――ったく………/お前ってヤツは涙腺の涸れねえ男だなっ」 『バト……

thumbnail

第201夜 槌音が背を押す、それぞれの決意…『誰がために鋼は鳴る

「ケンちゃんさんの打つ音は/とてもキレイです/私 あの音を聞くと/がんばれるって思えるんです」「  そっか……」 『誰がために鋼は鳴る』天乃タカ 作、エンターブレイン『Fellows!』掲載(2009年2月~2010年6月)  神戸の北西、山裾に広がる三木市は打刃……

thumbnail

第200夜 かつての罪と命の重さ、抱えてなお歩け…『鋼の錬金術師

「目に見えない大きな流れ――/それを「世界」と言うのか「宇宙」と言うのかわかんないけど/オレもアルもその大きい流れの中のほんの小さなひとつ/全の中の一/だけどその一が集まって全が存在する/この世は想像もつかない大きな法則に従って流れている/その流れを知り/分解して再構築する…/そ……

thumbnail

第199夜 決意も、後悔も、伝えなくちゃいけない…『花もて語れ

「朗読にとって大事なのは聴き手の人数じゃない。/たとえ聴き手がたったひとりでも、それは読み手にとって大切な大切なお客さんだ。/舞台は、別に本物の舞台でなくたって構わない。/聴き手は友達だっていい。家族だっていい。/本当に聴いてほしかったら、舞台は他人に用意してもらうものじゃなく、……

thumbnail

第198夜 笑いあって手を繋いで、それなのに零れる涙…『西荻夫婦

 2015/02/26  100夜100漫, ,

「明日が来なくても/まあ もう充分ってカンジかな―――」「えーッ/もう充分なの?」「うまく言えないけどね」「けっこうあっさりした境地へ/行っちゃうんですね/夫婦って」「なにわかったふうな」「恋愛じゃないからね」 『西荻夫婦』やまだないと 作、祥伝社『フィール・ヤング……



広告

広告