漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 日別アーカイブ:2018年05月13日 」 一覧

【一会】『進撃の巨人 25』……その信念の意味と価値

進撃の巨人(25) (講談社コミックス)

 巨人化する能力を有するエルディア人の一種族“ユミルの民”、彼らの力を軍事利用してきた軍事国家マーレ、その両方がそれぞれの思惑から殲滅を願うパラディ島の“壁”の中に逃れたエルディア人たち。当初の“人類VS巨人”という構図から大きくかけ離れた世界の実態が明らかとなりつつある『進撃の巨人』の、25巻が4月に刊行されました。前巻までに引き続き、語りたいと思います。

 ちなみに、24巻のときに書き忘れてしまいましたが、前巻と今巻の限定版付録はオリジナルアニメーションDVD「Wall Sina, Goodbye」(24巻に前半、今巻に後半が付いています)。スピンオフ作品『小説 進撃の巨人 LOST GIRLS』の1編を原作とした(元を辿ればアニメ版DVDの特典付録だったビジュアルノベルらしいです)、アニ・レオンハートの憲兵団時代のエピソードをハードボイルドタッチで描いた作品です。なお、26巻ではミカサのお話も同様の限定版付録DVDになるようです。

 さて、前巻終盤、地下室で衝撃の再会を果たした、ライナーとクルーガーと名乗っていた片足の男――エレン・イェーガー。狼狽するライナーと対照的に、エレンは落ち着いたものです。タイバー家当主・ヴィリーによる「舞台」の開演が迫る中、ファルコを同席させ、エレンが主導権を握るままに対話が始まります。
 同刻、地上では、ヴィリーが緊張の面持ちで本番を待っていました。これから彼は、パラディ島(エレンたち壁内人類)打倒に向けて壁外の人類を結束させるべく、「舞台」に立ちます。そんな彼に声をかけてきたのは東方からの来客、アズマビト家の女性・キヨミ。前巻で戦士候補生のウドを庇ってくれたのは彼女でしょう。ちょっと意味ありげな表情を残して客席に消えていきました。一方、客席では、ライナーの母、アニの父たちも集う中、エルディア戦士隊は「マガト隊長が呼んでいる」との言付けを聞かされます。

(さらに…)

広告

広告

広告

広告