漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 日別アーカイブ:2018年05月03日 」 一覧

【一会】『進撃の巨人 24』……あの時、君が思っていたのは

進撃の巨人(24) (講談社コミックス)

 巨人化する力を持つ“ユミルの民”を擁するエルディア人と、その力を軍事的に利用してきたマーレ、彼らが勢力を維持するために壊滅を狙うパラディ島壁内のエルディア人。そんな構図を成す“物語を規定していた「壁」の外側”から、これまでの戦いが再記述されている『進撃の巨人』。昨年12月刊行の24巻について書きたいと思います。

 前巻で戦いから帰還したエルディア人戦士隊のライナーやジーク、ガビたち戦士候補生ですが、短い休息を経て、早くも再度の召集が。彼らが本部に集まっていくところから物語は始まります。
 前巻では何も考えていなさそうに見えたガビですが、ライナーの従姉妹でもある彼女は、ライナーに対して思うところがある様子。相変わらず、彼女に対するファルコの気持ちは一方通行気味のようではありますが。
 本部に戻ったエルディア人戦士隊の面々は、珍しくマーレ人抜きの場で打ち合わせに臨みます。
 通常兵器の発展は巨人を凌駕しつつあり、巨人の戦力に依存しているマーレは相対的に弱体化していくことになる。このままいけば、エルディア人を敵視する各国は一気にその生存権を脅かすだろう。戦士長ジークはそう云います。
 彼が提示する解決策は、従来通りパラディ島の攻略による「始祖の巨人」奪還と資源確保。その前振りとして、パラディ島の脅威を強調して世界に印象付けることが必要と考えているようです。
 このパラディ島の脅威を説明する語り手を引き受けてくれる者として、ジークが挙げた一族の名は、タイバー家。「戦槌の巨人」の力を有し、100年前の巨人大戦では最初にフリッツ王に反旗を翻した貴族です。
 そのタイバー家が、各国要人や記者を招いた場でパラディ島制圧を宣言するという「祭事」を、レベリオ収容区で行うとのこと。その運営や警備が、エルディア人戦士隊が従事する次の作戦ということになるでしょう。マーレ人が居ない場で打ち合わせを行ったのは、戦士隊の中に思想的に問題がある者がいないかを確認するため。もっとも、その意図はエルディア人側にも筒抜けだったようですが。

(さらに…)

広告

広告

広告

広告