漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 日別アーカイブ:2018年01月21日 」 一覧

【一会】『七つの大罪 29』……動く状況、去らぬピンチ

七つの大罪(29) (講談社コミックス)

 年明けから三度アニメ化もされた『七つの大罪』。エリザベスをめぐって歩んできた、メリオダスの3000年にわたる過酷な時間が明かされ、“騎士団〈七つの大罪〉と魔神族との戦い”や“アーサー王伝説にどう繋がるか”ということに加えて、“彼と彼女の終着点”も気になることになってきました。昨年12月刊行の29巻に追いつきましたので、読んで思ったことを語りましょう。
 今巻の限定版付録はというと、年末年始の頃の刊行では恒例になった感のある月替わりカレンダー。『七つの大罪』の限定版では、このカレンダーがいちばん有効活用できているかも。

 さて、本編。劣勢に見えたエスカノールでしたが、正午きっかりに発動する“天上天下唯我独尊(ザ・ワン)”によって何とかメリオダスを無力化。しかしこれは、殆ど相打ちのようなものでした。前にも(第19巻第23巻)書きましたが、エスカノールの力とは何なのだろうと思います。ただの人間が最強クラスの魔神をも上回る、というのは希望に他なりませんが、そんなことが有り得るのでしょうか。彼の力の意味が語られる時が待たれます。
 ともあれ、マーリンが云うように状況は深刻です。メラスキュラ打倒により、キャメロットを包んでいた次元のひずみは消失したようですが、相打ちによってメリオダスとエスカノールは戦闘不能。メリオダスは闇の力で自然回復するようですが、それは再び暴走するということでもあったり。
 メリオダスを案じたエリザベスは、一緒に“完全なる立方体(パーフェクト・キューブ)”の中に入り、それをマーリンが見張っていることになります。そうすると、敵が来て即座に戦えそうなのはキング、ディアンヌ、ゴウセル、そしてバンの4人ということになります。戦力はほぼ半減と云っていいでしょう。
 しかし、立ち止まるわけにもいきません。エリザベスにかけられた呪いは、記憶を取り戻したあと3日で死に至るというもの。一行はキャメロット解放を急ぎます。

(さらに…)

広告

広告

広告

広告