漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 日別アーカイブ:2017年09月08日 」 一覧

【一会】『七つの大罪 26』……彼が心を棄てた理由

七つの大罪(26) (講談社コミックス)

 様々な種族から成る騎士団〈七つの大罪〉と、魔神王に従う〈十戒〉。両者の戦いを描きつつ、背景には各種族の思惑が描かれた”円卓の騎士”的バトルファンタジー漫画『七つの大罪』。引き続き周回遅れ気味(既に27巻も刊行済み)ですが、5月刊行の26巻について書きたいと思います。
 今巻の限定版は特製ノート2冊&下敷きでした。学校の制服なコスプレをしたメリオダスたちがあしらわれたノートは、メモ帳として使ったらなかなかいいかも。ただ、そうすると下敷きは、なかなか使い所がないような気も。。

 それはそうと本編です。引き続き、〈怠惰の罪(グリズリー・シン)〉キングと〈嫉妬の罪(サーペント・シン)〉ディアンヌの試練が続きます。3000年前の世界に精神だけ飛ばされ、それぞれ妖精王グロキシニアと巨人王ドロールの肉体に入ってしまった2人。いま2人の眼前で繰り広げられているのは、3000年前の〈四大天使〉と〈十戒〉の戦いです。
 劣勢となった〈十戒〉の「純潔」のデリエリと「沈黙」のモンスピートは、奥の手と思われる“破壊の権化”「インデュラ」への変身を遂げて襲いかかってきます。
 これを止めたのは、現在のエリザベスと瓜二つの、3000年前のエリザベスでした。そして、独善的なリュドシエルとは反対に、命あるもの全てを救おうとする彼女に心動かされたのは、3000年前のメリオダスだけではなかったようです。
 エリザベスと彼女に協力する者たちの活躍により、「インデュラ」化した〈十戒〉の2体は無力化。「インデュラ」化は不可逆的な変化と思われましたが、それもエリザベスの力で元通りになったようです。デリエリの主観で云えば、3000年前のエリザベスにだまされたということになり、このまま現在のエリザベスと対峙する(23巻)まで、彼女の中でエリザベスに対する恨みはつのっていくということかと思います。

(さらに…)

広告

広告

広告

広告