漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 日別アーカイブ:2017年06月17日 」 一覧

【一会】『コトノバドライブ 4(完)』……その5分間は、きっと誰にでも

コトノバドライブ(4) (アフタヌーンKC)

 海の見える土地で、店長と2人で営む小さなスパゲティ屋「ランプ」で働くすーちゃん。ふとした瞬間に彼女が垣間見る、ちょっと不思議で怖くもあり、それでいて有り難さも漂う不思議な時空間と不思議な出会いを描いた『コトノバドライブ』が、3月刊行の4巻で完結となりました。
 作中は夏の盛りから冬を経て早春にかけてのエピソードですが、初夏の宵に読んでもなかなか乙なもの。心に残ったことを書いていこうと思います。

 上に書いた通り、今巻の季節としては夏の後半くらいからまだ寒さが残る頃くらいまで。描かれるエピソードたちは、死者を思わせる者との話、土地神や動物神っぽいものとの話、もっと曖昧な“かみさま”を思わせる話、自分の過去と自らが交錯する話、個々の意識に“見えているもの”についての話など、分類の仕方で色々な云い方ができると思います。
 例によって印象に残ったものを挙げていきます――と思ったのですが、今巻はほとんど全話が印象に残るものでした。最終巻ですし、ここは全話について思ったことを語ろうと思います。

(さらに…)

広告

広告

広告

広告