漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 日別アーカイブ:2017年06月12日 」 一覧

【一会】『七つの大罪 25』……3000年の過去で見るものは

七つの大罪(25) (講談社コミックス)

 伝説的騎士団〈七つの大罪〉と魔神王に従う〈十戒〉という2つのグループの戦いを中心に、物語の舞台ブリタニアをめぐって絡み合う各種族の思惑が描かれつつある『七つの大罪』。周回遅れ気味(既に次巻が出ています…)ですが、3月刊行の25巻について書きたいと思います。
 今巻の限定版は特製ウォールステッカー。思わず限定版を買いましたが、実際に貼ろうとするとちょっと躊躇われます。電灯やスマホ周りに貼ることを想定されたシールというのは、いいアイディアだと思いますが…。

 それはともかく本編の始まりは、〈嫉妬の罪(サーペント・シン)〉ディアンヌと〈怠惰の罪(グリズリー・シン)〉キングの裸の遭遇から。しばし楽しげな時間が流れますが、〈十戒〉のメンバーである「安息」のグロキシニアと「忍耐」のドロールが襲来。戦闘となります。
 先代妖精王と巨人の始祖という因縁浅からぬ相手に、2人も全力で抗しますが、桁違いの実力に早々と決着がつきます。しかし、〈十戒〉の2人が持ちかけたのは、まさかの提案でした。
 〈十戒〉となり、その瞳は漆黒に塗り潰されたものの、それは彼らなりに考えがあってのことのようです。それぞれの後裔であるディアンヌとキングに試練を与え、自分たちを超える力を持つようになって欲しい。彼らの本心はそういうことかと思えます。
 当然、試練には死の危険も伴うようですが、〈大罪〉の2人は一も二も無く承諾。グロキシニアが云うには「もう1人の友人から教わった」というドルイドの術により、2人の意識は過去へと向かいます。

(さらに…)

広告

広告

広告

広告