漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 日別アーカイブ:2017年03月19日 」 一覧

【一会】『乙嫁語り 9』……同じ方を見ている2人

乙嫁語り 9巻<乙嫁語り> (ビームコミックス(ハルタ))

 昨年暮れに出た、中央アジア諸方お嫁ストーリー『乙嫁語り』の第9巻。だいぶ遅くなりましたが、つれづれ感想などを書きたいと思います。
 前巻に続きまして物語は、手先も態度も不器用系なパリヤのエピソードです。
 アミルの実家ハルガルの襲撃により家がほぼ全壊し、以来アミル達のところへ厄介になっているパリヤ達。嫁入りの準備である「布支度」として手間ひまかけて刺繍していた布類も失ってしまい、これを再度準備しないとお嫁に行けなと焦りがつのり、ついでにちょっとお転婆なところを婚約相手のウマルに見られてしまい、絶対嫌われた! と、例のマイナス思考で鬱々しているところに、いい感じのお嬢さんカモーラと友達になり、少し救われたパリヤ――というあたりまでが、前巻の内容だったと思います。

(さらに…)

広告

広告

広告

広告