漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

第160夜 少女の帰還を導くのは、凄惨な楽園の幻視…『クーの世界

      2014/03/25

「今日もまた/クーの世界で目覚めるんだろうなあ/どうせ夢がつづくなら/ずっとクーの村で暮らしたいなあ/家捜しの旅なんて無駄だよって/夢の中の私に言ってあげられたら……」


クーの世界

『クーの世界』小田ひで次 作、講談社『月刊アフタヌーン』掲載(1999年11月~2000年11月)

 まもなく中学生になる少女、林麗寧(はやし・れねい)は2歳の時に父を亡くし、最愛の兄も亡くしてまだ半年あまり。鬱屈とした気持ちを抱えて過ごしていた。そのためか、浮世離れした幼馴染の雨森亮太(あまもり・りょうた)に対しても、ついぶっきらぼうな態度になってしまう。
 そして、いよいよ入学式を明日にひかえた夜、麗寧は、異様な夢をみる。そこは、見たこともない不思議な生き物ばかりの牧歌的な世界。そして、死んだ兄に瓜二つのクーと、亮太にそっくりのキョムが暮らす世界だった。
 しかも、その翌夜も、その夢の“続き”をみたことに驚く麗寧。この「つづき夢」の中で、自分の家を捜すべく、麗寧はクーとキョムとで旅に出ることになる。
 不思議な道連れを加えながら旅は続き、麗寧はこれが夢なのか否か判然としなくなっていく。クーの世界とは何なのか。兄と幼馴染にそっくりな2人の意味は? 謎を孕みながら、中学へ通う世界とクーの世界は絡まりあい、生と死、過去と現在、自らの光と影が麗寧に去来する−−。

穏やかなる悪夢
 今更だが、主人公が異世界に行ってしまう物語が大好きである(具体例としては『彼方から』(第111夜)の時に書いたので興味のある方は参照されたい)。なぜ好きか、と問われると返答に困るが、小学4年生くらいまで友達とファンタジックな児童文学のような“剣と魔法の世界”を舞台にしたごっこ遊びを楽しんでいたことから、もともと夢見がちなのだろうと思う。
 この漫画で描かれる異世界は、小学生だった自分が拙い想像力で思い描いていた(それはつまり、児童文学的な)異世界と、一見よく似ている。文明レベルが中世ヨーロッパくらいで、見たことがあるようでない家畜がいて、1日に1歩しか歩かない巨大な生き物や、厠の中の土中に埋まって「時が過ぎるのを待っている」と嘯く賢者(?)がいる世界だ。
 だがしかし、そう一筋縄ではいかない。明るく平穏なばかりではないのは児童文学で示される世界だって同じだが、女性の巨人が、戦いで乳房や腕を切断されて息絶えていく場面や、処刑として男がなます切りになるところなどは、ちょっとお目にかかれないのではないだろうか。本作の異世界で展開されるのは、そうした陰惨さを含んだ世界なのだ。
 ここに自分は、つげ義春『紅い花』(第86夜)や、菅原そうた『みんなのトニオちゃん』(第57夜)や、もっと遡ればルイス・キャロルが知人の少女のために創出した『不思議の国のアリス』に散見されるような、心地よい夢がいつ悪夢に転じるとも知れない不穏な印象を受ける。これはしかし、この漫画のマイナス要因とはならない。スケッチのように書き込まれた不穏な異世界を、素朴な可愛らしさをもった少女が旅するという、その不安を疑似体験できるのも、また一つの魅力だからである。

並行する世界のあいだで
 その一方で、この漫画の異世界は、“異世界もの”の範疇から逸脱していると云わざるを得ない。主人公が異世界に転移し、そこでの通過儀礼を経て元の世界に帰還することが“異世界もの”の黄金パターンだとすれば、そこでは元の世界と異世界との境目は明確で、それゆえに相互を往還することは困難なはずだ。
 ところがこの漫画の異世界は、そうした通過儀礼の場としての役割など果たそうとしない。異世界へのアクセス方法が「つづき夢」である以上、麗寧の目が覚めれば彼女は現実世界に帰ってくる。そして学校や家族のことなどで懊悩する日々を送るのだから。更には、現実世界に異世界の住人がやってきて麗寧を驚かせたりもする。2つの世界の垣根は随分と低いのだ。
 だが、むしろこの“異世界と現実の並行”こそが、この漫画の狙いだったのではないだろうか。自分にはそう思われる。
 クーの世界という異世界が、麗寧の夢なのか、死後の世界なのか、あるいはもっと他の何かなのかを論じることは興味深い。しかし、それが何であっても、麗寧の心にショックを与える場であり、ひいては彼女の現実にも大きな影響を与えていることに変わりはない。この構図は、続編である『夢の空地』においても同様である。
 2つの世界を見聞し、その狭間であがくこと。それが麗寧に与えられた通過儀礼と云えないだろうか。

*書誌情報*
☆通常版…B6判(18 x 12.8cm)、全2巻。電子書籍化済。
☆新装版…B6判(18.2 x 13.2cm)、全1巻。新装版あとがきを収録。

 - 100夜100漫 , , , , , ,

広告

広告

広告

広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連しそうな記述